ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

最近の心境 2

2016-10-18 21:06:14 | ツアーコンダクターの独り言
 “Gynoid Multitype Cindy”は一応SFになっている。
 “大魔道師の弟子”は最近、ホラー染みてきた。
 魔女という意味が悪いものであるということを地で行く魔道師が登場するようになって、あれでは確かに“魔女狩られ”るだろうと思われる。
 “私立探偵 愛原学”はミステリーのはずなのだが、こちらは完全にホラーと化している。

 結構、私は現実では起こりえないことが大好きな性分なのかもしれない。

 さて、翌日に私は紹介者と最後の面談を行うことになっている。
 もちろん、こんなことになった経緯は全て正直に話すつもりだが、紹介者にとっては厳しい内容のものになるであろう。
 私より先に罰の現証が現れたことが、何よりそれを物語っている。
 教化親としての責務を懈怠したことが、そもそもの原因であると。
 責務が果たせないのなら、最初から折伏などやるなといった内容になるだろう。
 結局、私も紹介者も誓願という名の上からのノルマの被害者だったわけである。

 本来なら面談などやらず、さくっと辞めさせてくれた方が後腐れも無くて良いのだが。
 凡夫だからしょうがないだとか、そういう言い訳は無用である。
 実際、私のような退転者を出したのだから、そんな言い訳は通用しない。
 現証を見て御覧なさい。もう既に答えは出ているだろうが。

 それにしても、法華講支部というのは顕正会よりも小回りが利かないものだ。
 もし紹介者が何らかの理由により、後輩の面倒が見れなくなった場合は他の上長がフォローによく入っていた。
 少なくとも、私が所属していた顕正会組織はそうだった。
 無論、退転者を出したらマズいからと言ってしまえばそれまでだが、でも実際仏法上でも出したらマズいのだからそれで良いのではないだろうか。
 異流儀教団でもできることが、何故正法教団でそれができないのか。
 これが不思議でしょうがなかった。
 この辺りも指摘してやろうかと思っている。
 法道院さんは黙ってても新願者が続々と入って来るから、私みたいなのが1人辞めても、痛くも痒くも無いのだろうがね。

 明日で完全にスッキリだな。

 尚、私がやりたい新しい事について、既にその為の準備は着々とできている。
 その為の組織への登録は済ませたし、あとは必要書類を全部揃えて提出すれば、晴れて始動である。

 私は人生を前に進める。
 停滞した信仰生活を捨てて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | 本日の雑感 1019 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つぶやき (雲羽百三)
2016-10-19 16:30:31
気がついた時、僕は30代。
何も変わらず、何も変わらぬ。
現世安穏というけれど、あまりに退屈。
このまま何も無く 歳を取ることが
良いことなのか 悪いことなのか

宗教は人を変える というけれど
僕は何も変わらない 変わっていない
変わらないことが 良いことなのか
悪いことなのか それは分からない

だけどボクは変わりたい
宗教に頼らず、自分自身の力で
一歩を踏み出すんだ 頼りない仏を棄てて
前に進もう 足枷を外して
先に進もう 手枷を外して

まだ見ぬ世界を 見るために

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。