ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“Gynoid Multitype Cindy” 「マークの呆気ない最期」

2017-03-06 19:05:20 | アンドロイドマスターシリーズ
[2月5日06:00.天候:曇 東北地方太平沖上空]

 ヘリパイロット:「レーダー捕捉しました。どうやら件の連中は船舶で逃亡を図っているようです」
 ???:「分かりました。恐らく向こうは戦闘用ロボットなどを配備している可能性が十分に考えられるので、接近には十分注意してください」
 ヘリパイロット:「了解」

 東北地方太平洋沖を北に進むヘリコプターの編隊。
 見たところ、民間のヘリコプターのようであるが、しかしパイロットを含めて搭乗者全員が特殊部隊の戦闘員のような姿をしており、よく分からない。
 このヘリコプター達の正体は一体……?

[同日同時刻 天候:曇 北海道日高地方沖海上]

 敷島:「どこへ行くんだか知らないが、何としてでもアリスを助けるぞ」
 シンディ:「はいっ!」
 黒いロボット:「グオオオオッ!」
 シンディ:「邪魔だ、コラぁっ!!」

 シンディ、手持ちのマシンガンで黒いロボットの頭部を破壊する。

 船底に行くに従って、敵の数が増えて来る。
 やはり、アリスの所に辿り着けられないようにする為か。

 敷島:「……なワケ無いな」
 シンディ:「えっ?」
 敷島:「仮にもアリスはマークの娘だ。こんな船倉部分に押し込むかね?」
 シンディ:「ということは?」
 敷島:「こういう貨物船にも、例えば同乗する荷主の部屋だとか、オーナーズルームとかがあるだろう。そういう、客室的な所にいるんじゃないか?」
 シンディ:「そうかもしれませんね。改めて確認しますと……上昇してる?」
 敷島:「上昇?……エレベーターか!」
 シンディ:「そうですね。最初は下の階にいたのですが、エレベーターか何かで上がっておられます」
 敷島:「よし、俺達も追うぞ。きっとそこに、大ボスであるマークもいるだろう」

 敷島達は途中でそのエレベーターを見つけた。
 貨物船のエレベーターらしく、高層ビルの貨物用エレベーターのような大型の無機質なエレベーターである。
 それが2階で止まっていた。

 敷島:「2階だな。ここは何階だ?」
 シンディ:「S2とありますね。恐らく、B2と同じ意味でしょう」
 萌:「ポチッとな」

 萌は飛びながらお尻で上のボタンを押した。
 エレベーターが下りてくる。

 敷島:「結構、動きが遅いな」
 シンディ:「油圧式の鈍重な貨物用だからでしょうね」
 敷島:「アルカディアビルの貨物エレベーターは、乗用エレベーター並みに速いのにねぇ……」

 ところがそのエレベーター、敷島達のいるS2を飛び越え、更にその下のS3フロアまで行ってしまった。

 敷島:「!?」
 シンディ:「誰か、下まで降りたようですね」
 敷島:「アリスか?」
 シンディ:「いえ。アリス様は上のフロアにいらっしゃるようです」
 敷島:「と、いうことは……」

 エレベーターが再び上がって来て、やっとS2フロアに止まる。
 そして、ガラガラガラと大きな開扉音を立ててエレベーターのドアが開いた。
 そこから出て来たのは……。

 マーク:「そんなに娘が欲しいか。ストーカー共め」
 敷島:「サイボーグ親父から奪われそうになっている人間の尊厳ってヤツを守りに来ただけだよ」
 マーク:「死ね」

 マークは口を大きく開けると、そこからグレネード弾を発射した。

 敷島:「もはや人間じゃねぇ!」
 シンディ:「社長、攻撃してもよろしいですか?」
 敷島:「大いに許可する!」
 マーク:「シンディよ。俺はお前の主人の父親だぞ?それに銃を向ける気か?」
 シンディ:「あうぅ……」
 敷島:「シンディ、惑わされるな!少なくとも、お前のオーナー登録はアリスだけのはずだぞ!」
 シンディ:「そうでした」
 マーク:「やはり、お前もポンコツロボットの1つだったか」
 敷島:「人間のポンコツにそんなこと言われたかぁ無いだろうよ!」
 マーク:「何だと!?」
 敷島:「おっと!人間を辞めたんだったな!だったらもうポンコツどころか、ゴミだな、ゴミ!」
 マーク:「貴様ぁぁぁぁぁッ!!」
 敷島:「人権ってのは、生粋の人間にしか保障されてないんだ!半分でも辞めたら保障は一切ナシだ!」

 敷島は言いながら、階段をS3フロアまで駆け下りた。

 シンディ:「社長、どこへ行く気ですか!?」
 敷島:「あんな狭い所よりも、船倉の広い所がいいだろう!」
 シンディ:「なるほど!」
 マーク:「どこへ行こうが、逃げられんぞ!」

 敷島はガスボンベを転がすと、マークがその近くまで来たところで、手持ちのハンドガンを発砲した。
 ガスボンベが爆発してマークの体を焼き尽くす。

 マーク:「おいおい、何をしてくれるんだ、この野郎」
 敷島:「うっ、マジか……」

 火に包まれているはずなのに、マークが鉄パイプを持って近づいてくる。

 シンディ:「くっ!」

 シンディはライフルでマークを狙撃した。

 マーク:「今、何かしたか?」
 敷島:「マジか!」

 敷島はもう1つのガスボンベを爆発させた。
 というか、これで辺りが火に包まれ始める。

 敷島:「やべっ、今度は俺達が火に包まれる!」

 敷島達は急いで船倉から飛び出した。
 案の定、防火シャッターが半分ほどの位置まで閉まっていた。
 間に荷物があったせいで閉まり切らなかったのだ。

 敷島:「おいおい、違法だぞ、これは。まあ、おかげで閉じ込められずに済んだけど……」

 シンディがシャッターをこじ開けた。
 その間に敷島達がすり抜けていく。

 マーク:「船上パーティーの会場はここだぞ。どこに行くつもりだ?」
 敷島:「無論、アリスの所へ」

 敷島はありったけのデコイをポイポイ投げ込んだ。

 敷島:「シンディ、シャッターを閉めろ!」
 シンディ:「はいっ!」

 シンディが手を話すと、シャッターがガッシャーンと勢いよく閉まった。

 敷島:「急いで離れるぞ!」

 エレベーターの所まで来た時、シャッターの向こうで大きな爆発音が響いた。

 敷島:「しつこいオヤジだが、あれで死んでくれるといいんだがな」

 エレベーターを呼び寄せ、それに乗り込む。

 敷島:「2階だな」

 敷島が2階のボタンを押してドアを閉めると、ガッコーンという音がしてドアが閉まった。
 そしてエレベーターが上昇を開始する。
 エレベーターが1階を越えて、2階へ行こうとした時、エレベーターに衝撃が走った。

 敷島:「な、何事だ!?」
 シンディ:「故障したみたいですね」

 シンディはエレベーターのドアをこじ開けた。
 すると、エレベーターはちょうど1階と2階の間に止まっていた。
 敷島はシンディに抱えられて、2階へ這い上がった。

 敷島:「アリス!アリス!どこだ!?」
 シンディ:「マスター!……あっちです!」
 敷島:「よし!」

 敷島達はアリスがいると思われる場所に向かった。

 萌:「まだ船は止まってないみたいです。エミリーは大丈夫なのかなぁ?」
 シンディ:「さっきのエレベーター故障って、姉さんが何かやったのかしらね」
 敷島:「とにかく、先にまずはアリスを助けに行くぞ!」
ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | “Gynoid Multit... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つぶやき (雲羽百三)
2017-03-07 13:15:00
大江戸温泉物語“仙台コロナの湯”にいるのだが、ケンショーグリーンによく似たオヤジがフツーにマッサージチェアに座っていた。
恐らく普段はどこにでもいるフツーのオッサンなんだろうが、どうしてポテンヒットさんはあんなムッツリスケベオヤジのキャラ付けにしたのだろうか?
つぶやき 2 (雲羽百三)
2017-03-07 19:14:55
 本日の私の動向。

 自宅→地下鉄薬師堂駅→(仙台市地下鉄東西線)→荒井駅→仙台市営バス16系統(鶴巻循環)→鶴巻バス停→コロナワールド仙台(大江戸温泉物語)・入浴&昼食→鶴巻バス停→ミヤコーバス(荒井駅行き)→荒井駅→(地下鉄東西線)→大町西公園駅→菓匠三全本店→キュア国分町(サウナ・入浴)→交通局・大学病院前バス停→(仙台市営バス411系統)→薬師堂駅前→自宅

 かなりのハードコースでした。
 いや、明日は祖母の一周忌、明後日の午後にはもう帰京しなきゃいけないんでね。
 キュア国分町もなかなかいい所なんだけど、いかんせん男性専用なもんで、リア充になっている敷島や稲生勇太に行かせる機会が無いという……(-_-;)
 一旦終了した“私立探偵 愛原学”が復活したら、愛原に行かせるかw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。