ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“Gynoid Multitype Cindy” 「孝之亟の思い出」

2017-03-21 19:22:07 | アンドロイドマスターシリーズ
[1967年2月23日21:00.天候:晴 東京都台東区某所・某ヌード劇場]
(孝之亟の一人称です)

 敷島孝之亟:「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ。本日はようこそ当劇場にお越しくださいまして、真にありがとうございます。紳士の社交場、娯楽の殿堂ミュージックホール四季、本日のプログラムは錦糸町フランス座よりお招き致しましたゆりやま洋子、ゆりやま恵子の姉妹による大熱愛ショーでございます。女体の神秘、悦楽の境地をどうぞ心ゆくまでお楽しみくださいませ。尚、上演に先駆けまして、お客様方に一言ご注意を申し上げます。上演中、場内の写真撮影並びに踊り子さんのお肌、衣装などには絶対にお手を触れることのないよう、固く固くお断わり致します。それではトップバッターより、張り切って参りましょ〜!レッツゴー・ミュージック!」
 観客A:「いよーっ!」
 観客B:「待ってました!」
 観客C:「洋子ちゃーん!!」

 当時の私はある経緯により、1つの劇場を任されていた。
 私は他の業界人の見よう見まねで運営に当たっていたが、幸い運営は軌道に乗っていた。

 孝之亟:「ありがとうございました、ありがとうございました。これにて第3部は終了でございますが、続く第4部をそのままのお席でご覧頂けます。当劇場は終日入れ替え無しで、お客様方にサービス致しております。安いお値段、溢れるお色気、ミュージックホール四季、来月1日からのプログラムは、『あなたのスター、私のスター』関西ヌードの女王・鈴蘭ひかる、デイジー・ローズ、その他豪華絢爛なるゲストをお招きして、寂しがり屋の殿方を優しく慰める、その名も『スキスキ大好き!ピンクショー』、どうぞ皆様お誘い合わせの上、お越しくださいませ。ありがとうございました、ありがとうございました、ありがとうございました」

 ある日のことだった。
 全てのプログラムが終わり、私がバックヤードに引き上げていると……。

 孝之亟:「ふう……。ん?」
 デイジー:「敷島さん」
 孝之亟:「あっ、デイジー!どうした?上演は来月からじゃ?」
 デイジー:「他のミュージックバーからの帰りなの」

 デイジーは他のヌードダンサーとは一線を隔していた。
 昼はカフェなどで歌を歌い、夜はヌードダンサーとして夜の街を歩いていた。

 デイジー:「私ね、この劇場が1番好き。ここで働くのが1番安心するわ」
 孝之亟:「はっはっはーっ!またまたぁ!どうせ他でも同じこと言ってるんだろう?」
 デイジー:「そんなことないわよ。本当に、ここの専属女優として働きたいくらいなの」
 孝之亟:「専属って、うちはまだそんな専属女優を抱えられるほど大きい劇場じゃないから……」
 デイジー:「分かってる。でも絶対この劇場は大きくなれるわ。その時は私を専属女優にしてね」
 孝之亟:「分かったよ」

 無論、その時の私はただの売り込みに過ぎんと思っていた。
 似たようなことを言ってくる女優は他にもいたからだ。
 しかし私はデイジーの公演を見ているうちに、段々と他のダンサーとは光の輝き方が違うことに気づいた。

 孝之亟:「はい、拍手、拍手〜。沢山の拍手をお願い致します。拍手をすればするほど、踊り子さんがハッスル致します。はい、沢山の拍手をお願い致します。えー、それでは皆様の興奮が冷めやらぬ前に皆様お待ちかね、デイジー・ローズの眩しいダンスをご覧頂きます。小屋に高鳴るミュージック、デイジー・ローズの神をも恐れぬその艶めかしい肢体、どうぞ皆様虜になってくださいませ。それでは、おあとがよろしいようで……」

 だが、事件は起きた。
 またある日の夜のことだった。

 デイジー:「敷島さん、助けて!」
 孝之亟:「どうした、デイジー!?」
 デイジー:「私、騙された!事務所はお金に困って私を売ったの!テレビの契約と偽って、私に借金の契約書にサインを……!もうおしまいよ!」
 孝之亟:「落ち着け!2人でどこかへ逃げよう!」

 私は劇場を投げ打ってでもデイジーを守りたいと思った。
 こんな天涯孤独な男を愛してくれたのだし、私も……。

 チンピラA:「いたぞ!あそこだ!」

 しかし、見つかってしまった。

 孝之亟:「よせ!デイジーに何をする!?」
 チンピラB:「うるせぇ!この女はよ、借金のカタなんだよ、ああッ!?お前が払うとでも言うのかよっ、ああっ!?」
 チンピラC:「あきらめな!」

 バキィッ!

 孝之亟:「ぐぉっ……!!」

 チンピラの拳が顔面に迫って来たと思うと、私の意識が飛んでしまった。
 気がつくと、私は繁華街の場末のゴミ捨て場にそのまま捨てられていた。
 私は……好きになった女1人すら守れん弱虫だったのだ……。
 私はすぐに彼女の足取りを辿ろうとしたのだが……。

 某バーのマスター:「ああ、あの女?確かあの女は……どこの国だったか忘れたが、外国に売られたって話だぜ」
 孝之亟:「そんな……!うわあああああああ!!」

[2017年2月11日23:30.天候:晴 埼玉県秩父市・白久温泉 旅館客室内]
(再び三人称に戻ります)

 孝之亟:「それから何年もして、ようやくある程度の財を築いた私は、外国へデイジーの捜索に行くことができた」
 シンディ:「再会は……叶いましたか?」

 孝之亟は布団の中で首を横に振った。

 孝之亟:「残念ながら、死んでいた。病死ということじゃったが、何の病気なのか、いや、それ以前に、本当に病気だったのか、今となってはさっぱり分からん」
 シンディ:「そうですか……」
 孝之亟:「わしが芸能事務所を立ち上げたのはな、もしかしたら似たような境遇のタレントを集めていれば、いずれはデイジーの生まれ変わりにでも会えるのではないかと思ったのと、もう2度とデイジーのように、夢を食い潰される者が出ないようにという思いもあった。今ではその方が強いがな」
 シンディ:「しかし、残念ですが……」
 孝之亟:「ま、しかし世の中、そう甘くはないものじゃな。そんな時、私はボーカロイドの初音ミクの話を聞きつけた。あの孝夫がプロデューサーとして売り出しているという話を聞いてな。まさか、あそこまで人間に酷似したアイドルが造れるようになったのかと驚いた」

 そして紆余曲折を経て、孝之亟は自身にとって重大な決断をすることにした。

 孝之亟:「わしの私財全てを投げ打ってでも、もう1度デイジーに会いたい。今のロボット技術なら造れるはずじゃと……」
 シンディ:「9号機を見て、どう思われましたか?」
 孝之亟:「完璧だ。少なくとも見た感じは」
 シンディ:「私達はオーナー様のお望み通りのことをさせて頂いております。最高顧問がデイジーに、思い出の女性のように振る舞わせることも可能です。どうか、お楽しみに……」
 孝之亟:「恋の翼痛めた♪かもめのように♪ウトロの浜辺に♪旅人が来たよ♪」
 シンディ:「ミクの持ち歌、『オホーツク旅情歌』の一節ですね」
 孝之亟:「元々は……デイジーがショーパブで歌っていたものじゃよ……。わしが音楽家に頼んで、ボーカロイドの誰かに歌ってもらおうと思ってな……」
 シンディ:「申し訳ありません。私達は何でもできるマルチタイプのくせに、歌だけは歌えないのです。申し訳……ありません」
 孝之亟:「良い良い……。すまんの。年寄りの昔話に付き合わせてしまって……」
 シンディ:「いいえ……」

 シンディは起き上がると、孝之亟を膝枕にした。

 シンディ:「私は……年老いた製作者をこの手で殺してしまいました。私の生みの親を、です。最高顧問のお世話をさせて頂いていると、まるで私の製作者のお世話をしているようで……私も幸せです」
 孝之亟:「そうか。こんなわしで良かったら、これからもよろしく頼むぞ」
 シンディ:「はい……」
ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | “Gynoid Multit... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポテンヒット)
2017-03-22 22:22:57
侍ジャパンが小久保のクソ采配(山田のバントとか)のせいで負けてしまいヒマになっちまったので、今年も順位予想をしようと思う。もちろん例年どおりテキト~だ。愛称が強そうな順で並べてみたぞw

★パ
日ハム
ソフバン
楽天
ロッテ
西武
オリックス

ドラクエでは戦士はあらゆる動物系モンスターを倒せる。だから最強に違いないw

鷹と鷲はどっちが強いのかよくわかんね~が、とりあえず去年の順序でw

獅子は百獣の王とされてるから牛には勝つだろうが、空爆されたらカモメにも負けるだろうw

★セ
横浜
ヤクルト
阪神
中日
巨人
広島

星ってのは天体だよな?これって強いどころか神レベルだろw

竜と虎は互角っぽいが去年の順位で虎の勝ち。でも空爆理論でツバメの勝ちw

ジャイアント馬場vs鯉。フツ~にレスラーが勝つわw

本当にテキト~な予想に特にセはなっちまったが、どすこいの穴が埋まるとかすれば横浜優勝もあり得ると思う。バレンティン確変のヤクルトや強力外野陣の阪神も強そうだしw

菅野という必殺エースがいる巨人のBクラスは無さそうに思えるが、ただ今回のWBCで小久保が脱税手腕のごとく華麗に立証してしまった。菅野が投げると援護がねえw
ポテンヒットさんへ (雲羽百三)
2017-03-22 22:52:06
 こんばんは。

 なるほど、面白い予想です。
 是非ともいくらか賭けてみたいところですが、野球賭博は違法ですからね。やめておきましょう。
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。