ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“Gynoid Multitype Cindy” 「フランケンの最期」

2016-10-16 22:54:42 | 脳内妄想SFツアー
[10月9日16:15.天候:曇 栃木県南部某所]

 シンディはフランケンを新幹線の外に連れ出すと、そこで格闘した。
 しかしフランケンとて、最新技術を持って製造されていたロボット。
 パワーもマルチタイプ並みに設定されているせいか、シンディが簡単に押しているということは無かった。

 シンディ:「でやぁーっ!!」

 これが近接戦の得意なエミリーなら、組み付けば倒せたかもしれない。
 だが、そこまで得意ではない(どちらかというと、遠くから狙撃するのが得意)シンディには不利な所もあった。
 そこで彼女は超小型ジェットエンジンを吹かして、フランケンを空高くへ舞い上げた。
 “鉄腕アトム”のアトムはスイスイ空を飛んでいるが(それでも飛び立った当初はコントロールがおぼつかない描写もあった)、実際には飛行時間はとても短く、航続距離も短いという、非常に使い勝手の悪い代物になっていた。
 また、どうしても重量がある為に、自重を軽くできないという欠点もあった。
 もし相手が図体がデカくなく、素早さがウリのロイドだったら、シンディは負けていたかもしれない。
 いかにも未来的な超小型ジェットエンジンであるが、実際は足枷のようなものだったのである。

 しかし今はそのエンジンを最大限に活用し、フランケンを上空へ舞い上げると、今度は地面に叩き付けた。
 フランケンが荒れ地に叩き付けられたのを確認したシンディは、その近くへ着陸する。

 シンディ:「ん?!」

 フランケンが落ちた地面には大きな穴が開いていたが、そこに鉄屑と化したフランケンの姿は無かった。
 むしろ足跡が続いている。

 シンディ:「驚いたね。本当に私達(マルチタイプ)並みに頑丈なんだ。そこだけはマネしたんだね」

 と、そこへ、敷島から無線通信が入った。

 敷島:「シンディ、ヤツの足跡を追え!取り逃がしたKR団のメンバーも、きっとフランケンの行動を制御していたわけだから、合流するはずだ!」
 シンディ:「了解!」

 シンディはフランケンの物と思われる足跡を追った。
 それは小高い丘の上に続いていて、その上には廃屋のような建物があった。

 シンディ:「あの中にいるのか……」

 シンディはまだ燃料が残っていることを確認すると、再びジェットエンジンを起動させて、丘の上の廃屋へと飛んだ。

 元は何かの監視小屋だったと思われる廃屋の中には、案の定、フランケンとヤスがいた。

 ヤス:「オイラのフランケンがーっ!壊れちまったよーっ!!」

 ヤスは稼働を停止したフランケンの体を前に、orzの体勢になって大泣きしていた。
 そこへシンディが入って来る。
 シンディは右手をマシンガンに変形させていた。
 その銃口をヤスに向ける。

 シンディ:「そのまま動くな!」
 ヤス:「ヒイッ!?」
 シンディ:「あんたがKR団のメンバー?」
 ヤス:「け、KR団!?何だそりゃ!?俺、KR団なんかじゃねぇよォ!」
 シンディ:「…………」

 ヤスの慌てた否定ぶりを、シンディはスキャンしてみた。
 つまり、ウソ発見器である。
 マルチタイプには、そんなものまで搭載されているのだ。

 ヤス:「本当だって!俺は確かに金庫破りとか宝石ドロとかはやったけど、KR団の団員じゃねぇよォ!信じてくれよォ!」
 シンディ:「……どうやら本当のようね。でもそのフランケンはあなたのなんでしょう?」
 ヤス:「お、俺は世話を頼まれただけだよォ!何もかもボスが悪いんだよォ!」
 シンディ:「あんたのボスがKR団のメンバーかもしれないね。分かったわ」
 ヤス:「な、なあ!俺はサツにでも何でも行くから、フランケンを直してくれよォ!こいつ、意外にいいヤツなんだよ!」
 シンディ:「命令はちゃんと聞いていたってわけか。どうせこいつのメモリーだの行動履歴だのは警察に洗いざらい調べられるだろうから、動ける程度にまでは修理されるさ」

 シンディはそう言って、今度はアリスにフランケン発見の報告を行った。

 シンディ:「……はい、シンディです。フランケンを発見しました。場所は私のGPSを参照願います。現在、稼働停止中。私との戦いにより、バッテリーや駆動部等が大きく損傷したのが原因と思われます。……はい。ここにはKR団のメンバーはおりませんで、恐らくはその下請けギャング団のメンバーかと思われます」

 小さな犯罪者集団に力を与える代わりに、そこから報酬を上納させる方式をKR団は取っていた。

 栃木県南部が場所である為、埼玉県にも近い。
 DCJはわざわざヘリコプターを飛ばしてくれて、アリスやその他技術者を派遣してきた。

 シンディ:「マスター!」
 アリス:「フランケンはどこ!?」
 シンディ:「こっちです!」

 シンディが案内すると、アリスらDCJの技術者達はフランケンの姿を確認した。

 アリス:「なるほど。確かに、フランケン・シュタインの怪物みたいなヤツね」
 技術者A:「駆動部の修理は最低限に。再び暴れ出さないようにな」
 技術者B:「……了解」

 DCJの技術者達がフランケンの修理に取り掛かっている間、ヤスは固唾を飲んでその様子を見ていた。
 だが、そこでふと気づく。

 ヤス:「そうだ、ボス!」
 シンディ:「ん?」
 ヤス:「フランケンが失敗したら、ボス達が駆け付けてくることになってるんだ!すっかり忘れてた!」
 シンディ:「すると何だい?それってつまり、フランケンが損傷でもしたら、そういう信号が出るってことなのかい?」
 ヤス:「よ、よくは知らねぇけど……」
 アリス:「いや、本当みたい。何か、変な信号が出てる」
 技術者A:「早く切るんだ!その話が本当なら、KR団が駆け付けてくるぞ!」

 だが、遅かったようだ。
 ドカドカと銃器を装備したギャング団が、シンディ達に銃口を向けた。

 ボス:「フランケンがしくじったそうじゃねぇか、あー?この責任、ちゃんと取るんだろうなぁ?え?ヤスよ」
 ヤス:「お、親分……勘弁してくだせぇ……!」
 ボス:「それと、オメェか?俺達の仕事を邪魔してくれたターミネーチャンとやらは……」
 シンディ:「ええ、そうよ。あなたがKR団の生き残りね?」
 ボス:「あいにくと違う。俺達は単なる金集め主義のグループに過ぎねぇ。だが、KR団のことは知ってるぜ。フランケンをくれたヤツが正にそうなんだろう」
 ヤス:「お、親分!?俺とフランケンは偶然出会ったんじゃねぇで?」
 ボス:「偶然出会った形にしておけば、後腐れも無ェだろうなんて意味不明なことを言っていた。だが、どうやら本当のようだ。悪いがオメェらは生かしちゃおけねぇ。やれっ!」

 ボスを除くギャング団がシンディ達に発砲する。

 シンディ:「くっ!」

 シンディはアリス達の防御を優先した。
 シンディの体に銃弾が何発も当たり、人間なら絶対に死んだだろうが、彼女には全く効いていない。

 シンディはマシンガンの実弾をわざと捨てると、今度は模擬弾を装填した。
 それでギャング団に発砲する。

 シンディ:「!!!」

 模擬弾なので殺傷能力は無いが、まさか本当に発砲してくるとは思わなかった上、実弾を撃って来たと勘違いしたギャング団達は怯んだ。
 その隙にシンディが彼らの動きを封じるべく、スタンガンの如く左手から放つ電流で気絶させたりした。
 たが、そんなことしているうちに……。

 アリス:「し、シンディ……!」
 シンディ:「マスター!?」

 シンディの攻撃を掻い潜ったボスが、アリスの頭に銃口を向けていた。

 ボス:「意味が分かるか?美人ロボットさんよ」
 シンディ:「くっ……!」
 ボス:「ご主人様を助けたくば、ここから出て舌を噛め。できなかったら、ご主人様の頭は潰れたトマトになるだろう。10数える!」

 舌を噛み切るということは、マルチタイプに搭載された自爆装置の起動を意味する。
 いきなり形勢逆転のピンチに陥ったシンディ達だった。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | “Gynoid Multit... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。