ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“Gynoid Multitype Cindy” 「舞台は海上へ」

2017-03-06 17:00:40 | アンドロイドマスターシリーズ
[2月5日05:30.天候:曇 廃ペンション本館地下階]

 捕らわれているエミリーと萌を発見した敷島とシンディ。
 だがそこへ、中ボスを張るロボットが現れた。
 上半身は何度も見た黒いロボットなのだが、下半身を小型の戦車に改造された物だった。
 上半身右腕のマシンガンと、戦車部分の砲塔から繰り出すグレネードでもって総攻撃を仕掛けて来る。

 シンディ:「社長!私1人じゃ勝算が低いです!」
 敷島:「任せろ。それならこうだ」

 敷島は途中で拾ったRデコイのスイッチを入れて転がした。
 ピコーンピコーンというアラームと、玉虫色に点滅する光が発生する。
 意外にもこの戦車ロボットは、Rデコイに引き寄せられることは無かった。

 敷島:「くそっ!世の中そんなに甘くないか!……しからば!」

 敷島は今度は適当にデコイを置いた。

 敷島:「こっちだ!ポンコツ!」

 敷島が大きく手を振ると、ロボットが銃口を敷島に向けた。
 と、同時に全速力で敷島は照準から離れる。

 ロボット:「!?……!?」

 ロボットは敷島の不規則な動きに翻弄される。
 敷島は次々とロボットの周りにデコイを置いた。

 ロボット:「……!!」
 敷島:「いけっ、シンディ!集中砲火だ!」
 シンディ:「了解です!」

 デコイが地雷代わりに危険なものだとロボットは認識している。
 ありとあらゆる進路上にそれを仕掛けられたことで、ロボットは安全な進路を再検索しなければならず、そのせいで動きが止まった。
 シンディは吹き抜け2階部分から狙撃用のライフルを構えて照準を合わせ……。

 ロボット:「!!!」

 その頭部に狙撃した。
 人間ならば頭が無くなるほどの衝撃であるのだが、ロボットはその辺頑丈なのか、無くなることは無い。
 だが、強い衝撃にピヨッた。
 そこをシンディはもう1発撃つ。
 なかなか壊れない。
 だが、効いてはいる。
 シンディがライフル弾をリロードしている間、敷島はデコイのスイッチを入れ、キャタピラーの下に転がした。

 敷島:「鬼はー外!福はー内!……みすぎ〜さと!幕の〜内!」

 デコイが爆発したことで、キャタピラーはメチャクチャに壊れ、戦車ロボットは完全に自走力を失った。
 そして戦車内に搭載している弾薬に引火して……。

 シンディ:「社長!爆発します!私の後ろに隠れてください!」
 敷島:「おう!」

 敷島はシンディの後ろに隠れた。
 自爆する戦車ロボット。

 敷島:「どんなもんだい!」
 シンディ:「さすがです、社長」
 敷島:「いやいや。やっぱり狙撃はお前の専売だな」
 シンディ:「フェンスを破壊して姉さん達を救出します」
 敷島:「頼むぞ」

 シンディはフェンスを引き剥がした。

 敷島:「バッテリーと発電機だ。これでエミリーを再起動できるぞ」

 敷島は発電機を起動させると、そこから電源ケーブルを繋いでエミリーに接続した。
 萌にあってはバッテリーで十分。

 シンディ:「姉さん、姉さん、しっかりして!」
 萌:「う……ボクは何を……?」
 エミリー:「シンディか……。異常は直ったのか?」
 シンディ:「ええ、今はね」
 敷島:「それで、アリスはどこ行った?あとはアリスを見つけて、ここから脱出するだけだぞ」
 エミリー:「シンディ、アリス博士の居場所を検索して。GPSで分かるでしょ」
 シンディ:「そ、そうだった。……この近くよ」
 敷島:「どこだ?」
 シンディ:「あっちだわ」

 シンディが指さした所は、あの戦車ロボットが突入してきたドアだった。

 敷島:「よし!あそこだな!」

 敷島達はドアの向こうへ向かった。
 薄暗い廊下が続いていて、その先に上に登る階段がある。
 どうやら、地上に出られるようだ。
 そして、その突き当りにまたドアがあるが鍵が掛かっていた。

 エミリー:「はぁーっ!」
 シンディ:「うりゃっ!」

 鉄扉であったのだが、マルチタイプ姉妹の拳とハイキックで破った。

 敷島:「こ、これは……!?」

 外は海になっていた。
 断崖絶壁に向かっている。

 萌:「ねぇ、あの船!」

 その断崖絶壁を背にして進む一隻の船があった。
 見たところ、そこそこ大きな貨物船である。

 敷島:「マジか!」
 エミリー:「社長、私に掴まってください!すぐに追います!」
 敷島:「頼むぞ!国外にでも逃亡するつもりだろうが、そうは行くか!」

 敷島はエミリーにおぶさると、エミリーは敷島を背負って超小型ジェットエンジンを吹かした。
 シンディも同じように飛ぶ。

 敷島:「あの船にテロリスト達が乗っているんだ、きっと。見つからないようにしろよ」
 エミリー:「もちろんです」
 シンディ:「姉さん、船尾なら誰もいないわ。取りあえず、船尾甲板に降りましょう」
 エミリー:「了解だ」

 敷島達は貨物船の船尾甲板に降り立った。
 昨夜まで猛吹雪だったのだから、海もまだ時化ている。
 にも関わらず、あきらかに船は安全性を度外視した速度で進んでいた。

 敷島:「アリスを助けて、この船を止めるぞ。この際、どっちが先でもいい」
 シンディ:「それなら、手分けした方がいいんじゃないでしょうか?私は船橋(ブリッジ)に行って、この船を止めます」
 敷島:「大丈夫か?明らかにそこにテロリスト達がいるぞ?」
 シンディ:「人間のテロリストなら大丈夫ですよ」
 敷島:「そうか。それじゃ、エミリーは俺と一緒に来い。……あ、いや!やっぱりダメだ!エミリー、お前が船橋へ行け」
 エミリー:「分かりました」
 シンディ:「社長?」
 敷島:「マスターのアリスを検索して捜せるのはお前だけだろうが」
 シンディ:「そうでした」
 萌:「ボクはどうしたら?」
 敷島:「途中で、鍵が掛かってる所があるかもしれないな。萌も俺達と一緒に来てくれ。アリスは恐らく、この船のどこかに監禁されているはずだ」
 萌:「分かりました」

 エミリーは船内に入る為のハッチを開けた。

 エミリー:「……誰もいないようです」
 敷島:「よし、行くぞ。途中でテロ・ロボットを見つけたら、遠慮なく壊していい。人間のテロリストは、取りあえず再起不能程度のケガでいい」
 シンディ:「分かりました」

 エミリーは船橋に行く為、階段を登り、敷島達は船倉へ向かう為、階段を下に降りた。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | “Gynoid Multit... »

コメントを投稿

アンドロイドマスターシリーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。