ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“大魔道師の弟子” 「稲生の孤独な旅」

2017-05-16 12:07:35 | ユタと愉快な仲間たちシリーズ
[4月9日14:30.天候:曇 JR掛川駅前]

 稲生を乗せたシルバーのベンツEクラスが掛川駅前に止まる。

 藤谷:「ほいっと。ここでいいな?」
 稲生:「班長、ありがとうございます」
 藤谷:「本当は東京まで乗せてやりてぇところだけど、こちとら御講バックレて来てるもんだからな、取りあえずサトーを法論でボコッておかないとな」
 稲生:「そうかぁ……。顕正会の大会って、いつも宗門の御講に合わせてやってますもんね」
 藤谷:「だから奴らも学会員には警戒していても、法華講員には油断してたってわけさ。その代わり、俺の班だけ御住職様が特別に水曜講をやってくださることになった」
 稲生:「そうでしたか。(水曜講って、法道院みたい)」
 藤谷:「だからこそ、サトーの野郎を引っ張ってこないとな」
 稲生:「何で佐藤部長なんですか?確か銀座のウインズで、コテンパンにしたはずじゃ?」
 藤谷:「あー、それなんだがな……」

 藤谷は高そうなセカンドバッグを取り出した。
 本業は土建会社の役員なのだが、重厚な雰囲気のベンツといい、黒スーツといい、強面といい、どう見てもヤクザ屋さんです。本当に、ありがとうございました。

 藤谷:「さっきサトーに渡した馬券、別のレースのヤツだったw」
 稲生:「ええっ!?」
 藤谷:「さすがにこれはマズいだろ。だから法論も兼ねて、ちゃんとしたヤツに交換してやんねーとな」
 稲生:「はあ……」

 稲生は助手席のドアを開けた。
 左ハンドルなので、通常なら運転席になっているところが助手席である。

 稲生:「それじゃ班長、お世話になりました」
 藤谷:「おう。気をつけて帰れよ」
 稲生:「お金は後でイリーナ先生に言って、利子付けてお返しします」
 藤谷:「そいつは楽しみだ。来月、支部登山あるからな?できれば来いよ。魔法使いになったって、別に退転する必要は無いんだから」
 稲生:「はい!」

 藤谷は稲生が駅構内に入って行くのを見届けてから車を出した。
 そして、煙草に火を点ける。

 藤谷「どこかの修羅河童と違って、本当に雨やら雪やら降らせる人達だからなぁ……」

[同日15:00.天候:曇 JR掛川駅・新幹線ホーム]

 稲生は藤谷から借りた金を元に新幹線のキップを買い、それで新幹線の上りホームに上がった。

〔新幹線をご利用くださいまして、ありがとうございます。まもなく4番線に、15時5分発、“こだま”658号、東京行きが入線致します。安全柵の内側まで、お下がりください。この電車は、各駅に止まります。グリーン車は8号車、9号車、10号車。自由席は1号車から7号車と、13号車から15号車です。……〕

 本線の向こう側から眩いヘッドライトを灯して、700系車両がやってきた。
 通過線から副線のホームへ入って来る。
 稲生は最後尾の1号車の所で待っていた。
 この時点ではまだ時速70キロほどで入線してくるものだから、結構な勢いだ。
 ホームに入線している間に車上信号が30(時速30キロ以下に落とせ)に変わり、そこで運転士が何らかの操作(自動ブレーキは掛かっているので、それとは別に何か手動操作)をしないと、自動で非常ブレーキが掛かるようになっているので安全だという話を思い出した。
 もちろん、この列車の運転士はちゃんとその操作をしたようで、列車は定位置にちゃんと停車した。

〔かけがわ、掛川です。ご乗車、ありがとうございました〕
〔「通過列車待ち合わせの為、4分停車致します。発車までしばらくお待ちください」〕

 稲生が降りてくる乗客を待ち、乗り込んでいる間にもう通過列車が轟音を立てて通過していった。
 適当に空いている席に座った。
 恐らく次の静岡駅辺りで、もう少し空くだろう。
 藤谷の車で移動中、稲生は藤谷から電話を借りた。
 あの旧校舎から脱出した後も、稲生は身一つ手ぶらの状態であったからだ。
 藤谷の普通のスマホでは他の魔道師への連絡が一切できない為(魔道師側から魔法で掛けることは可能)、まずは『協力者』の所へ連絡した。
 『協力者』なら普通の人間だし、書いて字の如く、魔道師に便宜を協力する者だからである。
 稲生がまず思いついたのは、江東区のワンスターホテル。
 そこに掛けてみたら、オーナーが出た。
 聞いてみると、エレーナはまだ魔界から帰っていないという。
 そこで事情を話すと、オーナーからエレーナに連絡してみてくれるとのことだった。
 オーナーからだったら、エレーナが魔界にいても連絡できるようになっているのである。
 そしてついでに1泊するよう勧められたが、稲生が今は金欠状態であると話すと、笑ってツケ払いでいいとのこと。
 これもまたイリーナに報告しなければならないと思った稲生だった。

 稲生:(疲れた、腹減った……)

 稲生は自分が次に何をやるべきか考えた後、座席を倒して眠りに就くことにした。
 列車の外からは、発車ベルの音が聞こえてくる。

〔4番線、“こだま”658号、東京行きが発車致します。次は、静岡に止まります。ドアが閉まります。ご注意ください。お見送りのお客様は、安全柵の内側までお下がりください〕
〔「ITVよーし!4番線、ドアが閉まります。ご注意ください」〕

 客終合図のブザーと共に車両のドアが閉まり、“こだま”658号は定時に出発した。

 稲生:(マリアさんに会いたいな……)

〔「掛川からご乗車のお客様、お待たせ致しました。本日も新幹線をご利用頂きまして、ありがとうございます。“こだま”658号、東京行きでございます。終点、東京には16時47分の到着予定です。次は、静岡に止まります。……」〕

 尚、藤谷がちゃんとサトーに馬券を渡せたかどうかは定かではない。

[月日不明 時刻不明 天候不明 場所不明]

 全く場所がどこか分からない闇の世界。
 そこで稲生は魔女達の闇を見た。
 何故だか場所は、東京中央学園の新校舎に似ていた。
 憤怒の形相をしたマリアがゾーイを殴り付け、エレーナは腕組みをして傍観、アンナもまたナイフでゾーイに切り付けるというリンチであった。

[4月9日16:47.天候:晴 JR東京駅]

 稲生:(本当は怖い人達なんだよなぁ……)
 車掌:「お客さん、お客さん」
 稲生:「……はっ!?」
 車掌:「すいませんが、もう終点ですよ」
 稲生:「えっ、あっ!?」

 車掌に起こされて周りを見渡すと、既に列車は東京駅に着いていた。

 車掌:「折り返し整備を行いますので、降りてください」
 稲生:「あっ、はい!すいません!」

 稲生は慌てて席を立った。

 稲生:「あれ!?」

 いつの間にか膝の上には“アルカディア・タイムス”日本語版が置かれていた。
 これを持って、稲生は列車から降りた。

〔18番線の電車は、17時26分発、“こだま”675号、名古屋行きです。……〕

 稲生:「はー、びっくりした……」

 稲生は冷や汗をかきながら改札口に向かった。

 稲生:(えーと、ここから総武快速で馬喰町へ行くことの、それから都営新宿線で行けるな……)
ジャンル:
小説
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “大魔道師の弟子” 「稲生の... | トップ | “大魔道師の弟子” 「稲生の... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あとがき (雲羽百三)
2017-05-16 14:54:48
 大石寺登山の際、新幹線やバスの車内で聴く“東方Project”の楽曲は格別だったんだがな。
 今ではもうそんな機会は無い。

 “卯酉東海道”なんか東海道新幹線や東名高速を移動する際にはベストアルバムだと思うし、最近リリースされた“燕石博物誌”や“旧約酒場”も良いと思う。
 これらをヴォーカルアレンジしたものなんかも同人CDとして販売されているのだが、こちらは玉石混合といった感じだ。
 私的には多少のアレンジは良いと思うが、中には原曲の面影が無くなるまでアレンジされ過ぎているものまであるので、それは頂けない。
 やはり、なるべくなら原曲寄りのアレンジに留めてもらいたいものだ。
 ……と、私の個人的な意見である。
つぶやき (雲羽百三)
2017-05-16 19:33:51
今日は区役所へ期日前投票に行って来た。
 さいたま市長選挙である。
 大宮区と浦和区の緩衝地帯、中央区(旧・与野市)在住の私としては、どちらかというと大宮派である。
 よって、誰に投票したかは【お察しください】。
 まだ開票前なので、あまりこういう所で詳しいことは話さない方がいいだろう。

 尚、ついでに乗りバスもしてみた。
 区役所最寄り駅の与野本町駅の西口には国際興業バスの乗り場があり、そこから与本05系統、白鍬循環に乗った。
 車両はいすゞのエルガ・ミオ。
 まあ、中型のノンステップバスである。
 実はこのバスが通る道は狭い箇所が多く、それで中型バスなのだろうと思っていたのだが、確か白鍬地区を通る他の路線バスには大型車もいるので、単に乗客が少ないだけなのか。
 本町西四丁目で降りると、目の前にはバーミヤンがある。
 ここはたまに特別布教区のY氏と一緒に夕食を取る所でもある。
 帰りは同じバス停から与野本町駅行きに乗った。
 そしたら、今度は大型車がやってきた。
 Y氏の車でも通ったが、この先にはとても狭い道があるのだが、そんな所をバスが通るのか。
 さいたま市の路線バスは循環路線が多いが、これは道が狭い故に終点での折り返し設備が作れないからである。
 今度の立候補者で、さいたま市の道路をもっと広くする公約を掲げる人はいなかったっけ?

 同じさいたま市民のポテンヒットさんは、どなたに投票されますか?
Unknown (ポテンヒット)
2017-05-16 20:47:33
俺の予想は
◎清水
○中森
△前島
だなw

ぜって~来ないヤツに投票したってムダだろ?前島は切るぜ。清水は本命だが危なっかしい。てなわけで中森の単勝でw
ポテンヒットさんへ (雲羽百三)
2017-05-16 22:49:15
 こんばんは。レスありがとうございます。

 やはり、そういう予想になりますか。
 実は私もそうだったんです。
 21日が楽しみですね。
 これで前島氏の大穴だったら、凄いことになりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。