s.r.ローカルライター

日記/雑記/ニュース/独り言/文化/地域おこし/まちづくりの提案

「書の可能性」テーマに書道展 静岡県吉田町

2017-05-12 13:39:53 | 日記

仕事や家事などに追われる生活の中で、「書」に触れてやすらぎを感じてもらう「現代書道企画展」が、静岡県吉田町神戸の北オアシスパークオアシス館エントランスホールで開かれている。5月19日まで。

年4回計画している企画展の一つで、「書の可能性」がテーマ。同町在住の小塩昌史氏(47)らプロの書家3人の作品15点が展示販売されている。ひときわ目立つ「風・光」(高橋宏氏)と書かれた作品は「吉田町の明るい光と風をイメージした」という。このほか宇宙創造時にあったといわれる大爆発を描き、「今の自分の中の『書』を宇宙に例えるとこんな感じ」(小塩氏)と記す作品などもある。想像力が膨らみ楽しい。

問い合わせは吉田町まちづくり公社(0548・33・2700)へ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カピバラの赤ちゃん公開 那... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。