gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「医師の団結に向けた具体的方策」を答申-日医委員会(医療介護CBニュース)

2010-03-18 19:48:57 | 日記
 日本医師会の内田健夫常任理事は3月17日の定例記者会見で、日医の医師の団結を目指す委員会が唐澤祥人会長に「医師の団結に向けた具体的方策」を答申したことを明らかにした。答申では、日医のあり方について、多くの勤務医などには「日医は開業医の団体」など「永年、日医が真剣に取り組んでこなかったために生まれた誤解もある」と指摘。「正すべきところは正し、反省すべきところは反省するという積極的な対応がいま求められている」としている。

 答申は、▽委員会における意見聴取報告▽日医のあり方について▽日医、医師会の改革のための具体策-など5項目で構成。

 「日医のあり方」では、「勤務医師と開業医師があたかも利益の反する対立軸にあるという議論がなされるために、何とはなしにお互いが反発しているのではないだろうか」とし、科学者として冷静に事実を把握して議論を進める必要性を指摘。また、「勤務医師と開業医師の対立を煽って喜ぶのは誰かということもしっかり認識しなければならない」としている。
 さらに、実際の地域医療の現場では緊密な連携が取られ、「対立する存在ではないことがわかる」として、明確に地域医療連携の実態を提示し、誤解を解消する継続的な努力が必要としている。

 改革のための具体策では、▽会費徴収区分の問題▽医師会の代議員制、会長・役員選挙について▽日医の会務運営について▽医療安全調査委員会設置問題▽医政活動のあり方-など7項目について列挙。
 会費徴収区分問題については、現在、日医の会費に含まれている「医師賠償責任保険料」を分離し、会費とは別に保険料を徴収する方向での検討の必要性を指摘。医療の専門家集団として、同じ条件でより多くの医師が参加できるような会費のあり方と、入会の意義を示すことが、すべての医師の結集を促す方策との考えを示している。
 代議員制、会長・役員選挙については、代議員による会長選挙は「会員によく見えない」という意見もあることを指摘し、会長候補者の方針やプロフィールをウェブ上で広報するなど、多くの会員にオープンにしていくことの大切さなどが示された。


【関連記事】
医師の集団指導時の託児室併設を要望-日医
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説
長妻厚労相名で日医に提言求める文書
地域医療再生計画「医師会の参加が大事」-厚労省有識者会議が初会合
日医代議員制のあり方で意見噴出

仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)
出先機関の仕事も「仕分け」=原口総務相(時事通信)
普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
将来の増税に含み=任期中の消費税上げは否定-首相(時事通信)
<連立政権>社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離党の鳩山邦夫氏「自分が政... | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プロより上手いんじゃね? (ばぶるまん)
2010-08-07 23:36:00

おしゃぶり好きのお姉ちゃんにチ■ポ買ってもらったぁぁぁ!!!!

早速プェラしてもらったんだが、口の中で舌がヌルヌル絡みつくのやべぇな!!
吸い出すみたいにザメソ飲まれて、軽く昇天しかけたぜ!笑

てかこれだけで6万も貰ったんだが、ホントにいいのかよ?(^^;)
http://j2knjrl.mugi.zozozoi.net/
ボッキン止まんねぇwww (ぱんぱんぢぃ)
2010-08-24 17:23:13

うっひょっひょぉぉぉっ!!ヽ(・∀・)ノ

ヴァイヴ攻めしてたら「チ※コ欲しいよぉ」っておねだりキターー!!
ぶち込んでやったら、そんだけでイきまくってた件wwwww

これで6マンGet。。。ウマすぐるwwwww
http://p9f2g5k.ona.g-killing.net/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。