無限の可能性!日本版LLP(有限責任事業組合)の鼓動

LLPによってビジネスモデルの選択ワクが大きく広がります。そんな日本版LLPに関する情報を発信していきます!

LLP設立後、初めての銀行口座開設(メガバンク3行)

2011-11-18 20:55:46 | LLPビジネスソリューション

LLPの口座開設に対するメガバンクの対応状況をお客様に教えて頂きました。とても有用なので、是非参考にしてください。

事業内容:株式等トレーディングを行う有限責任事業組合(LLP)


◇ 三菱東京UFJ銀行

事業目的に金融商品が入っている場合、財務局の登録(金融商品取引業者のことでしょう。。。)
がないと、口座開設ムリとのこと。

◇ 三井住友銀行

法人(法人ではないが。。。)が実在している証が欲しいとのこと。税務署への開業届けコピー
を提出するように要請。
※これは難しい。。。LLPは納税義務者でないため、開業届けがないのだ...強いて提出する
 とすれば、LLPの組合員(今回は個人)が、LLPを通じて個人事業を開始したという意味での
 開業届け(個人事業者)であれば何とかなります。これで通るのだろうか??

過去、目を疑ったのが、弊社のお客様が、LLP設立登記前に、LLPの銀行口座を持ってきた
ことがありました。

 「えっ、まさか。。。」

通常、LLPでも株式会社でも、設立登記を経て、法務局で登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
を入手した後に、銀行で口座を開設するのが、当然の手順なのだが、お客様曰く、

 「そんなもの、いらなかったよ...」

個人事業を行う場合、登記は関係ないので、恐らく個人事業の口座開設と同じ取り扱いと
いう判断を行ったのか?勘違いしたのでしょう。

例として、ABCカフェというコーヒーショップを開設した東京太郎さんが、事業用の銀行口座
を開設する場合、

 XYZ銀行 大手町支店
 普通預金 01234567

 名義: ABCカフェ 代表 東京 太郎

となりますが、これと同じ感じで、

 XYZ銀行 大手町支店
 普通預金 01234567

 名義: ABC有限責任事業組合 代表 東京 太郎

という口座を開設したのでしょう。。。支店は都心ではなく少し郊外だったと思います。
このような話は後にも先にもこの1回だけでした(笑)


◇ みずほ銀行

担当者が、LLPを理解している様子で、詳細についてヒアリングがあったものの、すんなりと
LLP口座開設申請を受理してくれたとのことです。口座開設には1週間から10日程度かかる
とのこと。

支店によって対応が異なる可能性もありますが、参考にしてください。ちなみに弊社のクライアント
について、調べてみると、過半数がみずほ銀行でLLP口座を開設していました。


以上。









 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LLPの年間登記件数の推移 | トップ | 法人組合員が職務執行者を選... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

LLPビジネスソリューション」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL