TBA

(仮)

行きたいけど…

2016-10-14 | 日記
お題「美術館へは行きますか?」に参加中!

人が多いところが苦手なので。

若冲とか生で見てみたいし、

そろそろ始まる正倉院展とかも、

ほんとは行ってみたいけど。

(思い出せなくて「奈良 宝物」って検索したら出た。ネット最高)

ただで見られるとこに下手に行ったりすると、

妙な絵を高いお金で買わされたりしそうだし。


でも、絵とか美術品そのものよりも、

それがどういうふうな考えで、

どうやって作られたのか、

っていうほうに興味があるので、

実物を見なくてもだいじょうぶだったりはする。


「美の巨人たち」のD-51と新幹線の回もおもしろかったし。

功労者を招待しなかったとか、

どっかの国の地下鉄や製鉄所みたいな話が、

日本でもあったとかなさけない話。


「山男」のように日本中を走り回った武骨なD-51と、

設計は平凡だけど零戦を圧倒したF6Fと重なる感じ。


「合理的なメカニズムは美しい」ってなんかで最近見たな。

「100分de名著」の坂口安吾の回で、

そういう話があったような。





ゆうべは魚を焼いて部屋中煙かった。

換気扇のカバー換えないとなあ。

そのせいかひさしぶりに「G」が出た。

大きかった。

自分がふろに最後に入ったあと、

お湯を抜いて洗うんだけど、

洗おうとしたときに天井と壁の間にいた。

ふろに入ってる間ずっと頭の上にいたかと思うと、

ぞっとする。

なんとかやっつけたけど。

もう出てこないでほしい…




「終末のイゼッタ」も、

「フリップフラッパーズ」もおもしろい。

平野文さん出てたし、

現実世界のほうに魔法をくわえた、

「GATE」をひっくり返した感じに、

「純潔のマリア」をたしたような。

イゼッタは戦いを止めるっていうよりは、

姫さまを守ることに重きをおいてるみたいだけど。

魔法は強力だけど制限はあるのかな。




「フリップフラッパーズ」は、

まったく理解はできないけど、

おもしろくて次が気になる。

うさぎになったらカジカジしたくなるとか。

「ピュアイリュージョンといっている」ところで、

「そこに散らばった欠片を回収する」のが、

「当面の仕事」で、

「賃金は発生しないから問題ないよー」

というのが今わかってる情報。

まあ、さっぱりわからないけど。


「考える人」はふつうにあるんだな。

空き地に土管は昭和っぽいし。





ボブ・ディランとは意外。

詩人でもあるとはいえ、

音楽家を加えてしまうとどうなんだろうな。


『村上春樹がノーベル賞を受賞するべきではない理由』

っていうのがわかりやすくておもしろかった。

村上春樹が取ってしまうと、

世界中の流行作家が対象になるということになるらしい。

川端康成はどうなんだっていう気はするけど。


どっかに書いてあったけど、

次に日本人が文学賞を取るとしたら、

石牟礼道子さんなのかもね。

誰も悪者にせず、誰のことも責めないというところは、

一部の人たちのお気には召さなそうだから、

あまり推されないかもしれないけれど。
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッタ | トップ | よく寝た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。