リジィ子の晩ご飯 in California♪

お気楽日記のリジィ子がカリフォルニアの自宅にて、お気楽に作る晩ご飯のすべて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミートソース101。

2005-12-22 03:22:56 | パスタ
とってもとってもお久しぶり。
ちゃんと生きておりましたよぉーーー。

さて、晩ご飯のレシピ集として始めたここですが、
そうなると、重複したものを書かないとか、
取るに足らない物は書かない・・・、という事が増えて来るのは
否めないなぁー、と、実は随分前から気づいておりました。

なので、来年から、晩ご飯記録集にしようかな、と考え中。
何を食べたのか、どういう思いで食べたのか、を
記録しておくのは、なんだか体とか健康にも良さそうだし。
そこで、気になる献立のレサピも載せる事にしようかな、と
そんな風に思っております。

で、昨日はミートソーススパだったのだが、
これがねぇ、いつもはイタリア人のレサピで、
トマトソースを作って、そこへ別鍋でにんにくと炒めたひき肉を
加える、という形のミートソースを作るのが一般的だったのだが、
あの、ミートローフ101をジッと見ていて、
これでミートソースを作ったら、さぞかし美味しいだろうな、と
思い到った。で、早速実行。
名前はマーサさんのパクリだが、アイデアは私のオリジナルよん。

タマネギ、人参、セロリ、パセリ、にんにくを全部一緒に
フードプロセッサーにかけて、
それをオリーブ油で炒める。そこへ、お肉も加えてよく炒める。
お肉の色が変わったら、マッシュルームの薄切りをたっぷり加え、
油が回るまで炒めたら、赤ワインを1カップ。
トマトの水煮缶(小)を潰して加え、ケチャップも入れて、
辛しも入れて、よくよく混ぜ混ぜして煮詰める。
塩でしっかり味も整えて、こしょうも加えて、更に煮詰める。

思った通りの味に仕上がる。
もう潰れちゃったんだけど、この近くに日本人のやっている
本格洋食のお店があったのだが、
そこのミートソースの味に似ていて、
それをよく好んで食べた次男にいわせると、
「それよりも更に美味しい!レストランの味だよね」という評。

こっくりと味に深みがあって、しかし、
あんなに沢山野菜が入っているという事は微塵も感じさせない、
その舌触り。本当の本当に美味しかった。
ちょっと大人の味だと思う。

イタリア人レサピはあっさり味。
ミートソース101はこっくり味。
その日の気分でどうぞ。

所で、私はレサピと書きますが、日本の皆さんはよくレシピと
書きますよね?よく、間違ってるのでは?とご指摘を受けるのですが、
いえ、英語の発音ではどうしたってレサピと言います。
レシピとは言いません。あれは綴りをそのまんま発音してるんですねぇ。
イギリス英語ではレシピというのかな?
でも、アメリカ英語ではレサピです。
なので、私は本間千枝子さん風にレサピでこれからも行かせて頂きます。
はい~~~~~。
コメント (21)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

うどんすきとチョコレートマフィン。

2005-12-09 01:36:47 | 和食
昨日の晩ご飯はうどんすき。
段々とここノーザンカリフォルニアも寒くなって来ている。
私達が住んでいたユタと違ってここの良い所は、
そんな寒いに「そうだ!鍋にしよう!」と思い立ってすぐに
お鍋が出来る事である。

昨日のここの天気は一日中どんよりと曇っていたと思ったら、
夕方、日が暮れる頃から雨が降り出した。
気温が果たしてその雨でドロップしたのかどうかは分からないが、
心情的になんだか寒いような気がして来る。
なので、「それでは今晩は鍋やね」という事になる。

昆布で出しを取った所にカツオだしも混ぜて、
お塩と砂糖とお醤油だけで作った吸い口に、
白菜、しいたけ、ねぎ、えのきだけ、豆腐、うどんを入れて煮る。
で、煮え上がった所をすかさず頂くのである。

昨日の鍋にはタラと豚肉団子を入れた。
それが大成功!
Trader Joe'sの冷凍タラを使ったのだが、これが正解だったな。
解凍が終わった時点では、なんだか身がぽろぽろしているように感じたのに、
いざ煮て食べてみると、結構しまっていて美味しかった。
ううむ、Trader Joe'sのシーフード、侮れない旨さである。
Jumbo Shrimp(エビ)も、Uncooked、Cooked両方試したが、
値段、Whole Foodsよりも格段に安くて、格段に美味しい。
あのね、ここだけの話だけど、卵もそうよ。
私はCage Freeの卵をどちらでも試したが、
どう考えても、Trader Joe'sの卵の方がなんだか新鮮で美味しいな。
ちょっと安いような気もする。

さて、Trader Joe'sの回し者になるのはこれ位にしておいて。

豚肉団子は豚ひき肉半パウンド(約225g)に、
酒、みりん、しょうゆ、片栗粉大さじ1ずつ加え、
そこにしょうがをひとかけすり下ろしたのを加えて、更に卵黄1個分も加えて、
手で良く練り練り練り合わせたものを、
ティースプーン二つを使って上手く丸めて、
沸騰した吸い口にポトン、ポトンと落して煮た物である。
これがねぇ、本当に美味しい。
白菜なんかと相性抜群で大人も子供も大好き。
ゆずこしょうをつけて食べても美味しい。

寒の強い日に、お鍋でお試し下さいね。

さて、今日はもう1品。
チョコレートマフィンである。
昨日のトールペイントのおやつに、と思って出したのだが、
これが大好評。ちょっと一工夫する事で、
なんだかとてつもなく美味しくなったような気がするのよね。

作り方です。

材料(12個分です):
小麦粉    1と1/2
ココア    1/4カップ
砂糖     1/3カップ
ベーキングパウダー  小さじ2
卵      1個
牛乳     3/4カップ
油      1/4カップ
クリームチーズ   1/2パッケージ
ピカンナッツ(ホール)  24粒
チョコチップ 適量

1. オーブンは400F(200度強)に温めておく。マフィン型にはうすくオイルを塗っておく。クリームチーズは縦半分に切って、それぞれを6等分しておく。
2. 小麦粉、ココア、砂糖、BPをボウルに入れて、良く混ぜ合わせる。卵、牛乳、油を別の大きめのボウルに入れてよく混ぜる。そこへ、粉類を一度に入れ、なめらかになるまでよく混ぜる。
3. マフィン型の8分目までタネを入れて、その上にクリームチーズをのせる。ピカンナッツは適当に砕いてこれものせ、チョコチップものせる。
4. オーブンで20分焼く。焼けたら、すぐに型からはずし、粉砂糖を茶こしなどで振りかける。

見た目が可愛らしい上に、味もなかなか良い。
マフィン自体はほとんど甘みがないので、
焼けて、型からはずした直後にふりかけた粉砂糖が、
微量であるにもかかわらず、なかなか良い効果を生む。
温かい内も美味しいし、冷めてからも美味しいマフィンである。
長男は、学校から帰宅して残っていたこれを食べたが、
珍しく「美味しいよ、これ」とのたまっていた。
それって、「すんごく美味しい!」って事なんであるのよ。

お試し下さい。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Le Petit Robert

2005-12-05 02:46:01 | Weblog
昨日はダブルデートの日であった。

私達夫婦には仲の良いお友達がいたりなんかする。
年齢も私達夫婦と丁度同じ位。
おしゃべり好きで性質が似通っている。
で、美味しい物が死ぬ程好き。という事があったりなんかして、
月に一度、もしくは2、3ヶ月に一度の割合で、
グルメツアーと称して美味しいレストラン巡りをするのである。

昨日はその日であった。
これは大人の楽しみ、という感じでこれ程楽しい事はない。

いつもは金曜日の夕方なんぞに行ったりするのだが、
今回は土曜日のお昼に行く事になった。
目指すはLe Petit Robert。フランスパンで有名な
Bay Breadというパン屋さんがプロデュースしているレストランである。
そこでビストロ的フレンチを食べさせてくれる、というので、
4人して出かけて来たのである。

一言で言って、とっても月並みだけで美味しかったです。
食べ終わって、もう丸一日経っているのに、
まだ口の中にその余韻を感じる程に美味しかったです。

この日は週末であった為、ランチメニューはなくて、
ブランチメニュー。
私はRoasted chicken hush w/ poached eggs and red pepperほにゃららという
皿を選び、飲み物はミントティーをホットでオーダー。
ぶーはGrilled Ahi Tunaのサラダを。
友人のご主人の方は、Crab Cake。
奥さんの方はChicken salad w/ grape fruits, fuji apple and ほにゃららcheese。

私のお皿はオレンジ色のソースの上に、
丸い大きなハッシュドポテトが乗っていて、
その上に更にポーチドエッグが乗っかっているという品。
ハッシュドポテトの中にはその名にもなっているローストされたチキンが
少しと、人参、セロリ、パセリ、じゃがいもが沢山入っていた。
玉子を潰して、それらを赤ピーマンのソースと一緒に
絡めながら食べると、もう!そこは天国よ。

そこのお料理の多くは青カビ系のチーズを多く使っていて、
臭い事この上ないのだが、
だけれど、青カビチーズの美味しい食べ方を本当によく熟知していて、
どの素材と一緒に食べれば美味しいのか、
その素材と共にお皿に乗って来る訳である。
ちなみに、勇気のない私の皿は、チーズの入っていない物を
鋭い目つきで選んでオーダーしました。

ミントティーには、ほのかにシナモンの香りも漂い、
これまた美味。とても飲みやすい物でした。

デザートに私はチョコレートカスタードを所望。
ぶーはアップルとベリーのコブラーにバニラアイスクリームを添えたもの。
あちらの奥さんはアイスクリームシューを。
ご主人の方は、バナナブレッドプレディングをご所望に。
それぞれ本当に美味しくて、大満足。

チョコレートカスタードは、濃厚な味だが、
後口がさっぱりしていて、思いの外お腹の中に入ってしまう。
でも、どうしたって1/4程が入りきらず、
申し訳ないがお残ししてしまった。
ああ、今、ここにあればあれば、一気に食ってしまうのだが。
それにしても、チョコレートなビターな美味しさが、
あれ程存分に引き出されたカスタードを私は知らない。
本当に美味しかった。

お値段はちょい高めである。
お昼ご飯(ブランチだけど)で、4人で約120ドル。
夜はもっとお高くなるので、お財布が元気な時に行きたい。

もし、サンフランシスコにいらっしゃる事があれば、
ぜひ、こちらへどうぞ。
なんとなく、家庭的な雰囲気さえも味わえるお料理の数々。
しかし、とってもプロフェッショナル。
お値段は確かに良いが、支払った後に一抹の後悔も感じない、
それは太鼓判なお味である。

所で、帰りにパン屋さんにも寄って帰って来たのだが、
レストランのウエイターも良かったが、
パン屋さんの店員さんも気さくでとても良い人達ばかり。
これ、アメリカでは希有な事なので、重要である。

パンはオーガニックにこだわって、焼き加減もフランス風に
焼き色が濃い。味は濃厚に粉の香りが立ち、
大変に美味しい物だった。
デニッシュ系のパンも美味しいらしいが、高いので買わなかった。
クロワッサンが一つ2ドルするのだが、
バケットは1本1ドル75。
なんて正直なパン屋なんだ、と私は思ってしまう。
絶対にデニッシュ系のパンの方がコストは高くつくが、
ここまでそのまんまに値づけされてる店も少ないよな、と
感心してしまった。
本当の本当に美味しいパンです。
塩の味も違うよ。

お薦めだよん。

ーーーーー・ーーーーー・ーーーーー・ーーーーー・ーーーーー・


Le Petit Robert
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミネストローネ。

2005-12-03 17:52:40 | 洋食
今日の晩ご飯は、昨日のお肉肉肉から一転、
ベジタリアン的晩ご飯となった。
お野菜たっぷりで、寒かった今日にピッタリ。
身も心も温まるイタリアの具沢山スープである。
次男坊の大好物でもあるので、そんな彼の大好きなお豆も
たっぷりと入れて上げる事にする。

はっきり言って、これはとっても自己流な作り方。
レストランで食べるミネストローネはスープがクリアだが、
私の作るミネストローネは真っ赤で濃厚である。
そこに、これでもか!これでもか!と野菜が入っている。
パスタも入れるので、ボリュームたっぷりで良い感じです。

では、作り方です。

材料:
タマネギ     中1個
にんにく     2かけ
人参       2本(日本の物なら中1本)
セロリ      2本
じゃがいも    小5個
トマト      中2個
ピーマン     大1個(日本の物なら2~3個)
好きなお豆の缶  400g~450gの物を3缶
トマトの水煮缶  大きな缶を1つ
ベジタブルブロス 約950cc
チキンブロス   約300cc
スパゲッティ   100g~200g

作り方:
1. タマネギは小指第一関節まで位の角切りにする。この大きさに合わせて人参、セロリ、じゃがいも、ピーマン、トマトを適当に切っておく。にんにくはみじん切り。
2. 大きな深鍋にオリーブ油を軽く熱し、にんにくを入れてキツネ色になるまで炒める。そこへタマネギを入れてしんなりとするまで炒める。タマネギがしんなりし、透明感が出て来たら、人参とセロリを入れて炒める。次にトマトを加えて炒め、最後にピーマンも加えてサッと炒める。
3. トマトの水煮缶を缶汁共々潰しながら加え、ブロスも加える。そこへ沸騰したお湯も300cc程加えて煮立たせる。
4. 3が一煮立ちしたら、缶詰の豆をザルに空けて水気を簡単に切った物を加える。更に煮る。
5. じゃがいもが柔らかくなったら、スパゲッティを1/3の長さに折って加える。よく混ぜて、スパゲッティが柔らかくなるまで煮る。
6. スパゲッティが柔らかくなったら、味をみて、塩とこしょうで味を整えて出来上がり。トマト系料理の常で、翌日食べるともっと美味。

ただ材料を切って、どんどん炒めては、最後に煮る、という
なんとも簡単な料理である。その上、肉類は一切入らないので、
食べ終わった後に、とても体やお腹に優しい気持になる。
が、炭水化物がもうちょっと欲しかったので、
キノコのリゾットを作った。
最近、キノコのリゾット大人気!週に一度は作っている計算になる?

別にどうと言う事のない味だけど、
だけれど、とっても美味しいと思えてしまう味だった。
思った以上に具沢山で、お腹も気持ちも良い具合に一杯、幸せ気分。
深鍋一杯に作ったミネストローネ、まだお鍋に半分も残っている。
明日は更に美味しくなってるんだろうなぁ・・・。

明日がなんだか楽しみになってしまいます!
そんなミネストローネ、お試しを~~~♪
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ミートローフ101。

2005-12-03 17:27:29 | 洋食
以前にもミートローフは紹介したのに、
またまたミートローフだなんて・・・、と思ったあなた。
あらぁ、リジィ子さん、ボケちゃったのかしら?と思ったあなた。
いえいえ、ボケてませんよぉー。
今回のミートローフは前回のを遥かに凌ぐ、
めーっちゃくちゃ美味しいミートローフなんである。

このレサピにはつい1週間程前に出会ったばかり。
出会い立てホヤホヤのレサピである。
でも、このミートローフを食べたら、
前のミートローフは「あれ、なんだったんだろう?」と思ってしまう。
つくづく、世の中って美味しい物で溢れているのよねぇ。

これはかの有名なマーサ・スチュワートのレサピである。
アメリカの栗原晴美とか、栗原晴美が日本のマーサ・スチュワートとか、
諸説色々あるが、あのカリスマ主婦のお手並み拝見で、
私は正座して、頭を床にこすりつけて、
「師匠!これからもついて行きます!」と完全降伏である。
これは、インターネットから取ったレサピなんだけど、
一冊絶対に彼女の料理本を買おう!と心に誓ったのである。

作り方です。

材料:
牛ひき肉     800g(1と3/4パウンド)
豚ひき肉     350g(3/4パウンド)
(もしくは合い挽き肉を1.2キロ程)
白いパン     4枚(日本の食パンなら3枚)
タマネギ     中1個
人参       2本(日本の物なら中1本)
セロリ      2本
パセリ      1/2カップ
にんにく     2かけ
玉子       1個
ケチャップ    1/2カップ
粗塩       大さじ1弱
こしょう     小さじ2
からし      小さじ2

作り方:
1. オーブンは400F(200度)に温めておく。食パンは適当に裂いておく。タマネギは8等分する。人参、セロリは5、6センチの長さにカットしておく。
2. 食パンをフードプロセッサーに入れて細かいパン粉にする。大きめのボウルに入れておく。
3. タマネギ、人参、セロリ、にんにく、パセリをフードプロセッサーに入れ、細かいみじん切りにする。2のボウルに入れておく。
4. 3へ肉を入れて、手で粘りが出るまでよくこねる。そこへ調味料と玉子を入れてよくよくこねる。
5. よく混ざったら、パウンド型に入れて、1時間半オーブンで焼く。竹串で刺してみて、透明な汁が出るようであれば焼き上がり。

ミートローフのソースの作り方:
○ 1/4カップのケチャップにブランウンシュガーをキッチキチに大さじ2杯とからしを小さじ1加え、よく混ぜ合わせる。それを焼き上がったミートローフの天辺にまんべんなく塗る。

色々な香味野菜の風味が美味しいステキなミートローフです。
が!お肉の分量が多いので、半分位にして小さな焼き型で作るか、
もし焼き型が複数であるのなら、2本にして作るのをお薦めします。
私は中位のパウンド型2つに詰めて、2本のミートローフを作りました。
付け合わせには、マッシュドポテトなんかを添えますが、
そこは日本人家族なもんで、ご飯を炊いたので、
グリンピースの茹でた物とコーンの茹でた物に塩、こしょう少々を振り、
無塩バターをほんのちょっと落した物を付けました。
このピーとコーンというのは、とってもとてもアメリカ的。
これまた久方ぶりだったので美味しかったです。

このお料理の名前の「101」とは、なんでしょう?
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
アメリカの大学では、どんな学科にも基礎のクラスがあり、
それを「101」と呼ぶのです。
だから、このミートローフはミートローフの基本中の基本!
と、言う事になるのでしょうか。
マーサさんはこの他にも、中級クラスとか上級のミートローフの
作り方を持っているのだろうか?
と、興味は尽きません。
ああ、料理って、命名にも力を入れなあかんのね。
ロマンやらその後の事にもそそられる名でなくては・・・。

本当の本当に美味しいミートローフです。
どうぞお試し下さいな。
超お薦めでぇーーーす!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カルパッチョのソース。

2005-11-30 05:18:25 | その他
今日はサラダのドレッシングにもなるカルパッチョ・ソースのご紹介。
感謝祭のディナーの付け合わせに、アスパラガスとえびのカルパッチョソースを
作ったのだが、このソースがいつでもどこでも本当に美味しいのだ。
野菜のみならず、魚介類にもヒット。
カルパッチョを作る時に、マヨネーズやはたまた市販のソースで
済ませる人が多いが、一手間加えた手作りには絶対にかないません。

作り方も材料もとってもイージー。
お家にある物で出来てしまうのだぁー。

マヨネーズ大さじ3にわさびを小さじ1~1.5とお醤油小さじ1を加えて、
小さな泡立器などでよくよくよくよく混ぜ合わせておきます。
で、レモン汁を1/4個分から半個分を加えて、更にまぜまぜ。
好みでこしょうを挽いてもよろしいでしょうが、
私はソース自体はこのまんまで使います。

わさびが結構入りますが、ほとんど辛味はありません。
が、わさび特有のツーンとした香りは立っています。
これがレモンの酸味と相まって、魚介類の臭みを完全シャットアウト。
とても美味しいのです。

私はこれを茹でたえびとアボガドとで和えてサラダにしたりもします。
茹でたブロッコリーと薄切りにしたスィート・オニオン、ツナで
和えてもうんと美味しいです。
温野菜や魚介類なら何にでも合うのが素晴らしい!!!
ホタテ貝柱の薄切りにも大丈夫。
マグロにも大丈夫。
鶏肉にも大丈夫。

あなたの感性で色々ためして、独自のサラダを作ってみて下さい。
お試しあれいぃぃぃ~~~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七面鳥の丸焼き。

2005-11-28 01:43:07 | 洋食
ほっほー。
なんと何日ぶりかの更新になります。
長かったなぁー、私の忙しい日々。

さて、その間には、ご存知のように大お料理大会がありぃ~の、
感謝祭がありぃ~の、うちの次男坊のお誕生日がありぃ~ので、
てんてこ舞いだったような気がします。
が、人間、勢いとコミットメントでなんとかなるのよねぇー。
ふと、そんな風に、すでに懐古状態に入っている私です。

で、今日の晩ご飯レサピは七面鳥の丸焼きです。
でも、これ、七面鳥でなくっても全然構いません。
鶏の丸焼きでも大丈夫。
日本にいらっしゃる皆さんには、鶏の方がはるかに現実的でしょう。
経済的だし、オーブンのサイズにもピッタリの筈。
オーブンも小さいし、でもでもどうしたって七面鳥が食べたいのよー!と
おっしゃるそこのあなた!あなたにはデパートの地下食品売り場へ
出向いてもらいましょう。そこにはフランス産の
小さな小さな七面鳥が売ってる事もあります。
それを使えば、日本の小さなオーブンでも七面鳥の丸焼きを
楽しめると思います。実際に私も使った事があるし。
ですが、それってのは私が日本に住んでいた今から考えると
丁度9年前の事でやんす。
だから、もしかしたら、もうフランスからその七面鳥は
入って来ていないかもしれません。悪しからず。

さて、七面鳥。実を言うと、私はあまり好きではない。
パサパサしている上に、焼き立ては美味しいが、
レフトオーバーになると途端にマズくなるからだ。
だが、この時期の御馳走に!と言う事で、
私はごくごく小さめの10パウンド前後(約4.5キロ前後)の
物を焼く様にしている。
そうすると、客人をお招きしてたらふく頂いていも十分な量だし、
その上、残るのは僅かとなってしまうからだ。
そうなると、サンドウィッチにして食べて終わり・・・とか、
ターキーラザニアなる物を作って終わり、となってくれる。

ターキーでもチキンでも肝心なのはスタッフィングである。
近頃は、鶏類のお腹の中にスタッフィングが詰まると、
焼け具合が悪くなって毒素が出る、と言って、
スタッフィングはドレッシングと名前を変えて、
オーブン焼きの料理にしてしまう人の方が多いらしい。
が、やっぱり古き良き時代の如くに、クラシカルにお腹と首に
詰めて焼いた方が格段に美味しいと思うのは私だけだろうか。
お互いの味がお互いに作用し合って、
旨味が増すように思うのだけどなぁ・・・。

なので、私はお腹の中にしっかりスタッフィングを詰めます。

では、前置きが長くなったけど、作り方です。

材料:
七面鳥(もしくは鶏)     丸ごと1匹
塩、こしょう         たっぷり
オリーブ油          ちょいたっぷり
タマネギ           半個
セロリ            1/2本
食パンを1cm角に切った物   6カップ
ベーコンか豚ひき肉      200g
くるみの刻んだ物       1/2カップ
シェリー酒(又は白ワイン)  大さじ2
ベジタブルかチキンブロス   1/2カップ
玉子             1個
セージ            少々

作り方:
1. 七面鳥及び鶏肉は水道水を注ぎながらお腹の中、首の中、外側を丁寧に洗う。その後、ペーパータオルで丁寧に水分を拭き取っておく。水分が拭えたら塩、こしょうをたっぷり刷り込んでおく。
2. 次にスタッフィングを用意する。
タマネギ、セロリは1cmより小さめの角切りにする。角切にされているパンはオーブンでカリカリにトーストしておく。
3. ソテーパンにオリーブ油をひいて、タマネギ、セロリを炒める。そこへカリカリになったパンを加えてよく炒め、シェリー酒も加えて一炒めしたら大きめのボウルに取っておく。
4. 3と同じフライパンでベーコン、若しくは豚ひき肉を強火で焦げ目がつく位によく炒める。3のボウルにこれも入れておく。次にくるみも加えて混ぜ合わせておく。
5. 小鍋にブロスを入れ熱くする。それを4のボウルに注ぐ。この時に、様子を見ながら、ビシャビシャにならないように注意する。そのまま冷ましておく。
6. 5が冷めたら、溶き卵、セージを加えて良く混ぜる。これをお肉のお腹と首にゆるく詰める。全部入らない場合もあるので、注意する。無理には入れないように。詰めたら、中身が飛び出ないように楊枝で留めるか、針と糸で塗っておく。
7. お肉の回り全体に丁寧にオリーブ油をぬりこめたら、お肉の胸が上に来るようにセットして、350度(180度位)のオーブンで450gにつき25分を目安に焼く。このお肉をセットした時に、足を留めるものがついていなかったら、凧糸などで両足をしっかりとしばってやるか、もしくはステンレスの串などで両足をきちんと留めておくと良い。胸を押してみて、柔らかくなっていたら焼き上がり。焼き上がりが分かりにくかったら、モモ肉の所をちょっと裂いてみると良い。血液っぽいのがなくなって、しっかりと火が通っていたら焼き上がりである。
8. 次にグレイビーを作る。お肉をオーブンラックからはずして、大きなお皿に移したら、そこに溜まっているジュースを丁寧に鍋に移す。しばらく置くと、上に油膜が張るので、それを丁寧に取っておく。オーブンラックにはお湯を注ぎ、お肉の焼けこげ等を丁寧にこそぎ取る。それをジュースの入っている鍋に注ぎ、塩、こしょう、シェリー酒で味を整え、軽く沸騰させる。コーンスターチ等でとろみを付ける。味にコクが足りない、と思ったら、ブイヨンを加えても良い。
9. お肉は食べる直前に切り分けると御馳走感が増す。付け合わせのマッシュドポテトなどと一緒にグレイビーをかけて頂く。

いつ食べても良いものだとは思うけれど、
どうでしょうか、クリスマスにこういう大作料理をお作りになられては。
お酒をお飲みになる方は、やっぱり白ワインなんでしょうかね?
私達はもっぱら、スパークリングピンクレモネードで頂きましたけど。
後はジャワティー・・・とかね。

明日は付け合わせによろしいお皿を幾つか紹介します。
これで、あなたもクリスマス大王になれるかもしれん!?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

関西風お好み焼き。

2005-11-12 01:30:30 | 和食
ここ数日、更新していなかったが、なんだかかんだと作って食べていたよ。
で、一昨日の晩はお好み焼きだった。
関西風お好み焼きのレサピは、きっとここに載っていない筈。
ならば、どうして昨日の内にアップしなかったのか?
それはね、現実逃避をしていたから。フフフ。
もう一つのお気楽日記の方も更新しませんでしたから。
完全なる現実逃避です。

だが、気を取り直して、お好み焼きのレサピをアップよ。
あ。忘れる前に昨日の晩は、用事で隣町まで行かねばならず、
みんなでIN-N-OUTのハンバーガーを食べて来ました。
ここのハンバーガー、半端なく旨い!で、安い!
カリフォルニアとネバダとアリゾナ(にはあったかな?)にしか
ないハンバーガーチェーンなので、
カリフォルニアとかラスベガスに行く人は必ず食べてみてね。
本当に美味しいよ。

さて、ハンバーガーの話はさておき。
お好み焼きの話です。

ご存知の様に・・・と言うか、これをお読みの皆さんは、
もう夢に見る位に私が関西人である事はご承知だと思うが、
その関西人の三大命とも言える食物の今日はお話です。

関西人の三大命的食物とは、
もちろん、たこ焼き、お好み焼き、けつねうどんの3つであるが、
私が思うに、この3つを滞り無く、美しく、美味しく作れるようになったら、
初めてお嫁に安心して行けるのではないか、と。ね。
で、関西人でなくっても、この3つが作れるのであれば、
そこの独身のあなた!あなたはいつでも大阪へ嫁に行ける。
そうして、生涯を吉本の巣窟のようなカオスで
楽しく過ごせるのだよ!(過ごしたくありません、という呟きが聞こえたような)

そんな呟きは無視して。と。
今日はその内の一つ、関西風お好み焼きの極意をお教えしよう。

とは言え、何の難しい事もありゃしない。
ただ、粉をだし汁で溶いて作るだけ。
難しいのは、そのだし汁と粉の配合なんである。
その秘密を教えてあげよう!後は、美味しく作るコツもね。

お好み焼きの一人分をまず考えよう。
この分量でお好み焼きは、大きめなので2枚位。
小さいので3枚位できる。
その配合とは、粉100gにだし汁160ccである。
そこへ粉やまいもを1/4袋入れる。
素人は、「関西風」と言いながらやまいもをアホ程入れるが、
絶対にやめて欲しい!!!と強く訴える。
やまいもはほんの少しで良いのだ。
たっぷり入れ過ぎると、べちゃべちゃして美味しくないお好み焼きが
出来てしまう。それを美味しいとか言って食べてるそこの人!
それはお好み焼きとは断じて言わん!

さて、うちは6人家族なので、お好み焼きのタネを、
この配合の5倍用意する。
やまいもは小袋一つ。
キャベツは小さい玉なら二玉、普通ならば1.5個を荒みじんに切る。
ネギは白いネギはいけません。絶対に青ネギです。半束位。これも荒みじんに切る。
それぞれを別のボウルに入れておく。
その他の具材は好きな物を用意する。
ただ、豚玉を作る時の豚肉は必ずバラ肉が良い。
エビやイカを用意する時には、火の通りやすい大きさに切っておく。
焼きそばは袋に穴を開けて、電子レンジで20秒チン。
これで、ほぐれやすくなる。
それも、別々のボウルやら皿に準備しておく。
その他に用意するのは、天かすと玉子たっぷり。

具はその他に、チーズとかお餅とかコーンとか・・・。
なんでも一応、自分が美味しそうやな、と思うもの大丈夫。
色々試してみると良いと思います。

そうして、ホットプレートを食卓の上に出して、
私はお好み焼き屋のおばちゃんに変身するのだ。
順次、注文を取って、次々にたねと野菜と具、玉子、天かすを混ぜては
たったか焼いて行く。
豚玉。エビ玉。ミックス玉。モダン焼き。

焼き方は、野菜、具等が混ざったタネを丸く流したら、
1cmから1.5cmの厚さになるよう形を整えて、
鉄板についている方がキツネ色になるまでジッと我慢する。
で、キツネ色になったら、豚肉、焼きそばを乗せる。
豚肉の場合は、のせたらすぐにひっくり返しても大丈夫。
焼きそばの場合は、少々(1、2分)時間を置いてからひっくり返す。
焼きそばをのせた時の方が火の通りが悪いので、
ひっくり返した後も、豚肉の時よりもじっくり焼いてあげてね。
エビやイカの場合は、タネの中に混ぜ込んでしまって良い。
注意事項は、とにかく鉄板にお好み焼きのタネを流したら、
ひっくり返したりする時以外は触らない。
決して、押えつけたりなんぞしてはいけない。
じっくり、ふんわりと火を通すのである。

私は直径15cm位に小さく焼いて、色々な味が沢山
楽しめるようにする。その方が大人も子供も楽しいように思う。
必ず、最後に余るのはタネと豚肉である。
そこで登場が「とんぺい焼き」である。
タネをクレープ状に薄く楕円に伸ばし、
そこへあらかじめちょいと火を通しておいた豚肉をのせる。
その横で玉子を割って、同じ位の大きさに広げたら、
豚肉クレープの方を玉子の上へ乗っける。
それで出来上がり。大人も子供も大好きなとんぺい焼きである。

ネギも余ったら、ネギ焼きである。
ネギ焼きをお好み焼きの要領で作ろうとする人がいるが、
そんな事したらあきません。ネギが焦げて苦くなり、美味しくない。
それに、それはネギ焼きではない。
お好み焼きのネギ版である。ま、いかさまお好み焼きとでも言おうか。
ネギ焼きもとんぺい焼きと一緒。
同じ様に薄く小麦粉を伸ばしたら、すぐにネギをのせて散らす。
で、玉子の上へ上手に乗っけてあげるのだ。

お好み焼きはお好み焼きソースで頂くのが良いが、
私がお薦めのお好み焼きソースはイカリのお好み焼きソースである。
おたふくのお好み焼きソースは甘ったるくて飽きが来るが、
イカリのはピリリとしまった部分があり、
私はこちらの方がかなり美味しいと思ってしまう。
ま、でも好みなので、なんでも自分のお好きなソースでよろしいか、とも
思います。昔なんか、そんなんないから、
家でお好み焼きと言えば、普通のとんかつソースやったりしたもんね。

これであなたもお好み焼きの専門家。
絶対にお好み焼きの粉なんか使って、メーカーを儲けさせたらあかんよ。
普通の粉とだし汁さえあったら、あんなもん出来るんやからね。
それに、鍋料理と同じ位会話も弾んで、楽しい食卓になるよ。
試してみてねぇ~。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

希望もちょっぴり入った絶望。

2005-11-09 01:48:05 | パスタ
昨日は「絶望」という名のパスタ・ソースを作って食べた。
「絶望」。面白い名前だが、実に野菜だけのパスタ・ソースなのである。
だが、前々日のローストチキンとじゃがいもがどちらも少しずつ残っていたので、
それも「それー!!!」と加えてしまったから、
希望的観測もあり得る絶望になってしまった。
これ、ルール違反です。(笑)

初めてこのパスタを食べたのは、東京は世田谷のイタリアンレストランで、であった。
そこの「絶望」は、見事に野菜オンリーで、
しかし、見事に旨味とこくに溢れたとてお美味しいソースだった。
店の雰囲気も、がちゃがちゃとうるさく、いかにもイタリアンという感じで、
私は大いに気に入っていた。
芸能人でそのお店を好きな人も多く、ドラマの撮影でもよく使われていたし、
時々は色々な有名人にも会ったりした。
が、食い意地の張っている私は、そんな人間観察なんぞしている暇なく、
イワシのパン粉焼きやら豆腐のイタリアンサラダなんかを、
もごもごとハーブティー片手に食べる事に忙しかったな。

あれから、もう何年もあの店には行っていないし、
多分、これから先も行く事ないでしょうが、でも、あの味は忘れられません。
「絶望」です。
が、あの味、私にはとてもじゃないが出せないので、
それなりに「なんちゃって絶望」にトライ!
思いの外美味しく出来上がり、
「こりゃ、本当にチキンはいらなんだな」と思ったりしました。
前日に作って置いて、翌日食べると更に美味しいに違いない!と踏みました。

作り方です。

材料:
日本なす       小ぶりな物3本
タマネギ       1個
ピーマン       1個(日本の物なら2個)
ズッキーニ      小1本
椎茸         5枚
にんにく       ふたかけ
ローストチキンのほぐした物
茹でたじゃがいもを手でつぶした物
トマトの水煮缶    大きい物(800g)1缶
白ワイン       1/4カップ
ケチャップ      大さじ2
ソース        大さじ1
砂糖         小さじ1
塩、こしょう
パセリのみじん切り

作り方:
1. にんにくは潰しておく。後の野菜は全部5mm強の角切り。
2. ソテーパンにオリーブ油を大さじ3程引き、そこへにんにくを入れて、じっくり小火でにんにくがキツネ色になるまでローストする。
3. にんにくの香りが十分に立ち、色も良い具合についたら、火を中火の強に強めて、タマネギを加えて透明になるまで炒める。タマネギに火が通ったら、残りの野菜を加えてよく炒める。
4. 野菜に油が回り、一通り火が通った感じになったら、トマトの水煮缶を缶汁ごと手で潰しながら加える。白ワインも加え塩、こしょうで軽く味をつける。水気が少なくなるまでこのまま煮詰める。
5. 水気が無くなって来たら、パスタの茹で汁をお玉2杯分加えて、ケチャップ、ソース,砂糖を加え、味を見てから塩、こしょうを更に加え、水分を飛ばすような感じに煮る。
6. パスタはペンネを使用。ペンネを袋に表示してあるように茹で、茹で上がったら、大きめのボウルに移し、そこへお玉3~4杯分のソースをかけて手早くあえる。それを皿に盛り、その上へ更にソースをかける。パセリのみじん切りを振り、パルメザンをおろした物をかけて頂く。

チキンとじゃがいもは、手順の4辺りで入れたと思う。
じゃがいもはレフトオーバーがなくっても、
同じように角切りにして、最初から加えてやっても良いと思う。
うちのぶーはこのじゃがいもが味噌よ!と吠え続けていた。
その際は、ちょっとバターを大さじ半分位、仕上げ時に入れてやっても良いかも。
とにかく美味しいソースになった。

それから、野菜は他にも色々思いついた物を入れてやると良いと思う。
セロリとかキノコも数種入れるともっとステキに違いない。
キャベツなんかの葉野菜も良いと思うが、
キャベツは少々煮込んでやらないと灰汁の強い味がするので、
その点は気をつけて。後は、なんでもありのような気がする。

野菜って、きちんと料理してやると、お肉に負けない美味しさがあるし、
それに、本当に優しい旨味があるのだなぁ、と思う。
体にとってもとっても優しい「絶望」です。
お試し下さーい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水炊き。

2005-11-08 08:38:10 | 和食
これからしばらく、日曜の晩は鍋物が続くでしょう。
・・・てな訳で、昨晩も鍋物でした。
ものすっごく久しぶりに、どれ位久しぶりかと言うと、
ほぼ10年以上ぶりに鶏の水炊きをした。
ネギ、白菜、水菜をたっぷり入れて、キノコもたっぷり入れて、
豆腐もたっぷり入れて、一所懸命に野菜を食べた。

私は、なぁ~んとなく、鶏肉が苦手。
牛肉も豚肉も平気だけれど、鶏肉だけはなんか臭いなぁ~、と思ってしまうのだ。
だから、鶏肉を使った料理は、「えいやっ!」と気合いが必要。
それが理由で、水炊きも遠く遠く遠ざかっていたのだ。

で、昨日の水炊き、みんな黙々と食べたが、
しかし、やっぱりみんなもやし鍋が一番だと言う。
そうか、そうか、そうか。
来週の日曜日は実にもやし鍋なんだぜ!!!
献立にいれておいて良かったよ。

さて、水炊き、別にここにレサピは載せません。
昆布でだしを取ったら、後は骨付き鶏のぶつ切りを入れ、
灰汁を丁寧にすくった所へ野菜を入れて食べて行くだけの事だもん。
珍しくもなんともないじゃあないか。
だが、昨日のヒットは「ゆずこしょう」!

先日、友人のホームパーティにお招ばれして、
そこの牛肉のたたきに付けて食べると美味しいよ、と出されたのが
ゆずこしょうだった。話には聞いていたが、
食べたのは初めて!!!ものすっごく美味しかった!!!
あんなに美味しいもんが、この世の中にあるんかいな、と
うっとりする位に美味しい!!!

で、鶏肉の水炊きに付けても美味しいのでは???と思い至り、
近くの日系スーパーでほぼ6ドル近くするのを買って来た。

思った通り!美味しい~~~~~!

ちょっと色々と色々な物に試してみたくなってしまった。

今日のお題、「水炊き」やのうて、「ゆずこしょう」に
した方が良かったかもね。

で、私はほとんど鶏肉は食べず、
ただひたすらに野菜,野菜、野菜と邁進していたのでした。
鍋物の野菜って、本当に美味しいと思う。
思えるようになった。

ああ。私も大人になったなぁ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加