日記

読書録等

誤読の名手

2017-07-18 01:57:00 | 日記
時々「誤読の名手」を自称する私だが、文学を論ずるなんていかに誤読をするかが勝負、というところがある。もちろん他人を納得させるだけのものを書かなければならないが、作者の意図からどう抜け出すかが一番大切なのである。
さてこういう話をすると思い浮かぶのはナボコフ『青白い炎』で、妄想註釈小説といっていいだろうが、実をいうと私はナボコフを読むと2ページで寝てしまうという特異体質のため、しっかり読んでいない。しっかり読んでいる人は「妄想註釈小説」なんて書かないだろう。
それはともかく、文学を語ることはある意味「妄想の註釈」を付けることと変わらないのではないだろうか。

妄想の話がしたかったのではなく、ナボコフの話がしたかったのだが、完全に道を誤ったようだ。ナボコフは書くことと読むことに非常に意識的な作家で、それはほうぼうでいわれていることなのだけど、このことはある種の隙のなさを生んでいて、だから私(誤読の名手)なんかはナボコフを論じられる人は天才だと思っている。
書くことと読むことが大好きな作家というのはドストエフスキーにも同じことがいえる。しかしドストエフスキーの場合には隙がある、というより目くらましのように様々なテーマ(?)が散りばめられているので、どんな読みをしても怒られないだろう、という余裕がこちらにも生まれる。
ナボコフの場合、少しでもずれたことを書こうものならナボコフの亡霊が現れて、「君は間違っている」と叱られそうだ。というのは完全な想像なので、本気になさらないでくださいね。

パッと開いたページから引用。

「三段論法。他人は死ぬ。しかしぼくは
 他人ではない。ゆえにぼくは死なない。」
(太字は引用元では傍点です)
ナボコフ(富士川義之訳)『青白い炎』岩波文庫

これに対する註釈も面白い。けど引用はしないでおこう。
ナボコフはキミとボク系ですよね、といったことがあるけど、今でもそう思う。そしてそういうところがドストエフスキーの初期の作品に通じると思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩の翻訳可能性について | トップ | ロシア料理 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。