住環境企画事務所リビングパートナー 日記

普段着の生活から住む環境づくりまで・・・
リビングパートナーの日記です

住育つぶやき22 必見!見えないからこれだけの放置に繋がる

2017年04月04日 | 住育つぶやき集(まとめ)

北国ではよく在る無落雪屋根・・・

 

下からでは屋根の状態が

どうなっているのか

見えないので

分からない方が殆ど・・・

 

 

春になるとぼちぼち

トタン屋根を塗装して

メンテナンスしているお宅を

見始める中・・・

 

 

20年以上 何もせず放って

置いたために屋根が

こんな状態に・・・

ここまでくると

なかなか塗装での

メンテナンスは

勧めにくくなります

 

 

住む方いわく、

新築した業者が

無落雪屋根は塗装しなくていい

と、言われたので

安心していたらしい・・・

 

 

付き合いのある塗装業者さんと

いつも話題になるのですが

何故か無落雪屋根は塗らなくて

良いと言う住宅建築会社が少なく

ありません

 

 

それは・・・

材料がそうだから、

或いは

メンテナンスせず

屋根を葺き替える方針、

という大きくは2つの理由から

話す業者さんや建築家も多い

 

 

「材料がそうだから」という点については

その材料でも錆は上がる。いくつも経験あり。

立地環境などの影響を受ける。

材料特徴だけでメンテナンスを

住む人に情報提供するのは

専門家として不親切だと思う。

その材料がその立地環境下で

建物の一部としてどのように

経年するか・・・

それを情報提供するのが

親切で誠実だと思います。

 

「屋根を葺き替える方針」というのも

更新という選択肢ですが

それは業者側としての主眼?

商売になるから?

住んでから建物に掛けるお金は

住む側の目線で言えば

少ないほうが助かる・・・はず

 

建てた後に

どんなメンテナンスが必要で、

このような選択肢がある

これを出来るだけ

知識だけでなく

経験を踏まえて

アドバイスするのが

本来の役割であるはず

 

 

決して「きれいごと」ではありません

そのほうが仕事も信頼されるはず。

 

 

 

その他 住育つぶやき集 はこちらから

このブログ内で見る

http://blog.goo.ne.jp/livingpartner/c/414718912fedc800387b7557c7d2b472

ツイッターで見る

https://twitter.com/i/moments/822821823943294976

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自閉症と弘前城 | トップ | 住育つぶやき23 住まいと介護 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む