住環境企画事務所リビングパートナー 日記

普段着の生活から住む環境づくりまで・・・
リビングパートナーの日記です

眼と住まい整備を通して見えること

2017年05月18日 | 福祉・医療と住まい
先日から続きで
建物経年メンテナンスや
プチリフォームをしてきた
とある方の現場が終わりました


昨年住宅診断させていただいた
ご縁に始まり、ご意向で
メンテナンス等相談で引き続き
細く長くお付き合いに
なりそうな方のケースです


そのご家族には、
眼の持病と付き合いながら
生活している方が、そして
その方が住まいに一番居る方


居間の窓から差し込む日光が
レースカーテンしていても
日常生活に支障あるご事情


南側に面する居間周りの窓は
「多くの方が望む明るい部屋」
でなく、
「窓に細工せずサングラスを
したような明るさの部屋」
が切実なご意向です


実施した策は・・・
建築的手段とすれば
業界人ならよくある方法


しかし住む方の目的は特別。
なぜそうするかの話し合いの
積み重ねから至った手段



細かい部分に置いて
工事する職人や他人様に
してみれば「おや?」と思う事



カタチでなく環境を作るとは
こうゆう違いがあります😄



是非皆さんも
住む事情を踏まえた「環境」
を大切に出来た住まいで
暮らす安心感や喜びを
手に入れて欲しいと願いますし、



私はこの視点を活かせる
仕事が出来ていることに
やりがいや張り合いを
感じています😄
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月17日(水)のつぶやき | トップ | 5月18日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む