映画を見ながら株式投資

人よりも先に気がついて、それをじっくり育てて、最後に開花させるまで面倒みる一貫体制。基本この繰り返し。

ベスト・キッド2

2008-12-17 00:07:11 | ★★★★★☆☆☆☆☆
監督 ジョン・G・アビルドセン
キャスト ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ、タムリン・トミタ、ユージ・オクモト、マーティン・コーヴ、B・D・ウォン
1986年 アメリカ
ジャンル:アクション、スポーツ、シリーズ

【あらすじ】
ダニエルを空手チャンピオンにのし上げたミヤギ。ところがその彼に父親が危篤との知らせが…。ミヤギとダニエルは沖縄へ急ぐ。そこで待ち受けていたのは、ミヤギの秘められた過去であった。そしてダニエルにも試練の時が訪れる…。

【感想】
突っ込むべき箇所は数えきれませんが、このシリーズはアホ臭いのが面白いのであって、映画としての完成度を求めている人は少ないはずなので、これでいいのではないでしょうか?ファンには言いにくいですが、ジャンルとしてはギャグ映画でしょ?

前回のヒロインとはあっさり破局していたり、ミヤギの師匠でもある父親が生きていたり(確かに前作にて死んだとは言っていなかったが・・)、唐突にミヤギの恋人とライバルが出てきたり(何十年間、根に持ってるんだよ・・元恋人も結婚しろよ・・・)、米軍基地の話があったり、全てを吹き飛ばすような嵐がきたり、ラストは空手ではなく単なる乱闘だったり・・・・・。

これらは全て笑って許すだけの寛大さが必要です。

また今回は話の大半が沖縄でのシーンなので、外見的に日本人ではないのはダニエルだけです。しかし、外国人が作る日本を舞台とした映画のお決まりのパターンである「撮影場所だけは日本であるが、それ以外は全く日本ではない」ものとなっております。つまり「007は二度死ぬ」と同類です。

そのため良くも悪くも独特の雰囲気を放っている作品であることだけは間違いないです。それにヒロイン役については前作よりも良かったです。
こんなことばかり書いてしまいましたが、もちろん嫌いじゃないのであしからず。

お薦め度:★★★★★☆☆☆☆☆

ベスト・キッド2 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« REITの適格担保化 | トップ | ベオウルフ/呪われし勇者   »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ベスト・キッド2』本気のB級映画の決定版! (映画をもっと楽しく![シネマポスト])
映画の評価(5点満点) ★★☆☆☆ プアーです。昨日は夜勤だったので、昼ごろのんびり起きだしてテレビをぼんやりつけると『ベスト・キッド』の文字が。しかも「2」である。さすがテレ東である。ダウナー系の映画選択として、ベストチョイスである。専業主婦がだんだん馬...