映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

トランスフォーマー/リベンジ

2010-08-16 00:02:20 | ★★★☆☆☆☆☆☆☆
監督 マイケル・ベイ
キャスト シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タートゥーロ、タイリース、レイン・ウィルソン、マシュー・マースデン、ケヴィン・ダン、グレン・モーシャワー
2009年 アメリカ
ジャンル:アクション、SF、シリーズ

【あらすじ】
トランスフォーマーの生命の根源である「キューブ」を巡り、オートボットとの壮絶な死闘の末に敗北した邪悪なディセプティコン。しかし、戦いは終わっていなかった…。
あれから2年、ガールフレンドのミカエラから遠く離れて大学生活を送るサム。ある日、当時身につけていた服に残っていたキューブの破片に触れたことから、奇妙な“サイン”が見えるようになる。それは、古代ピラミッドに秘められた、ある恐るべき暗号を示していた。一方その頃、絶滅したはずのディセプティコンの生き残りが、無数の仲間を率いて世界各地に侵入を始めるのだった…。

【感想】
鑑賞していると頭が悪くなってきそうな気分にさせられる映画というのも貴重ですね。

ここまで何も残るものがない映画を堂々と製作されてしまってはマイケル・ベイはもはや前人未到の領域にたどり着いたようです。

とにかくPTAのおばさんがこれを鑑賞したら発狂するのではないかという品のなさ。画面が切り替わって犬が交尾している理由とかさっぱりわからない。そもそも登場人物やロボット達も品性の面であの犬とあまり変わらないです。そんな奴らが地球滅亡の危機を救う切り札だなんて真顔で言われても困ってしまう。ここまで馬鹿な映画だと狙って作っている確信犯なのか単に天然の馬鹿なのかが気になってしまう。前者だったら天才でしょうね。

そりゃ、そこそこの文化人と呼ばれるような人なら間違いなくラジー賞に推しますよ。これを面白いなんていった日にはそれまで積み上げてきた経験値の半分が没収されることになるでしょう。

一方で映像の進化については素直に認めるところです。一昔前のCGを多用した映画が古臭く見えてしまうようなレベルであった。ただ3Dの時代になって話題の中心がそちらにシフトしてしまっている状況であるため、あまり進化の恩恵を受けれない気がする。

別に嫌いではないんですけど、さすがにあまりに馬鹿で品がないものに対しては心情的に低得点つけるしかなくなってしまう。

お薦め度:★★★☆☆☆☆☆☆☆

トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3PLの導入事例 | トップ | 再びM&Aによる規模拡大を追及 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL