映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

マクドナルド、全店でカード決済 訪日客に対応

2017-03-21 10:39:07 | weblog3

ちょっと前までマクドナルドでクレジットカード支払いするなんて光景は考えられもしなかったが、確実にそういう時代が来てるのだろう。


オリンピックをにらんでキャッシュレス化の進んだ外国人客を取り込むことが最大の目的ではあるが、一度導入してしまったらオリンピックが終わろうが簡単に辞めることはできないはずである。オリンピックというのは日本のキャッシュレス化が遅れていることを認識させるいい機会になっていると思う。




自分が今の時代をどのように考えているか?非常にざっくりしたものは以下の3つである。


・キャッシュレス化が着実に進行中。

・人口減により寡占化が起こりつつある。

・人口の構造のゆがみによる人手不足(特にブルーカラー)が一段と進行する。




もちろん他にもいくらでもあるのだが、主に上の3つについて考慮し、もっと詳しく掘り下げることで追い風になりそうな会社をピックアップする。こうやって投資に生かすことにつなげていきたい。




今を感じ取って自分なりの先見の明を持つことが本当の投資であって、ビジネスモデルの分析なんてスケールの小さなものだと思わない?そういう人は枝の部分ばかりを気にしてるのだろう。もちろん逆境でも強い企業を見つけることは大事で同時に行わないといけないわけだが。

 

 

 

 

以下、日経記事

日本マクドナルドは来店客の支払い方法を増やす。今夏から順次、全店でクレジットカードを使えるようにするほか、主要な交通系電子マネーにも対応。来年からは海外で普及している後払い方式の電子マネーも使えるようにする。ファストフード各社は支払いに時間がかかる恐れのあるクレジットカード決済などに慎重だが、マクドナルドは訪日外国人の取り込みにつながると判断した。

 クレジットカードは「ビザ」や「マスターカード」…

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物流の6割、運賃値上げ要求... | トップ | モンテローザ大量閉店 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL