映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

パナソニック、90人超懲戒処分 海外で接待2千回以上

2016-11-05 08:05:09 | weblog3

同じ仕事をやってたから良くわかるんだが、接待も人に言える範囲のもの(銀座の高級クラブ程度まで)と言ったらやばいやつがあるんだが、海外系の接待(特に中国)は後者であると考えていい。そっち系の接待を受けまくっていたのだろう。自分が知る範囲ではグ〇コに対する下請けの接待が相当やばいと聞いたことある。グ〇コのためにクルーザー買ってるらしいから。



自分の体験としては担当の下請け多いと週2,3回はどこかに連れていかれて年末とか悲惨であった。周りからはうらやましいとか冷やかされたりしたことあったけど、あの生活何年も続けてたら間違いなく体壊すから、喜んで代わってやるよと思っていた。担当してた人みんな体重が増えていたし、体調悪そうなのばかりである。



ちなみに初めて連れていかれた店は今でも覚えているのだが、六本木にあるサンバカーニバルの店でその光景に度肝を抜かれた。二度目に連れていかれたのが六本木で王様ゲームやってる店でドン引きした。(もうなくなったが、あの界隈に詳しい人ならどの店か直ぐにわかるはずである)とんでもない職場に来てしまったと思ったものである。でも今考えたらあんなものはほんの序の口であった。若い時からこういう王様気分になるような仕事してると性格が歪む。私を見てもらえばわかるであろう。



下請け側も相手を接待しようという意図じゃなくて自分が行きたいから取引先を連れていくというしょうもない人間が結構いたりする。50代のおっさんで赤坂の韓国パブ中毒の人がいて心底嫌だった。銀座あたりにしてくれとはさすがに言えないので付き合うしかなかった。




それにしてもパナの接待禁止ってのは非常に厳しいですな。でも下請けの連中、お土産とか言って平気で金銭や金券を入れたり、自宅にお歳暮とか送ってくるところがあるから、禁止が妥当でしょうな。パナの件で接待禁止が広がる可能性があると思う。自分がいた会社は役員連中が接待受けまくってたから禁止するという発想はなさそうだが。そうなったら銀座の料亭とかクラブとか本当にやばいでしょうね。あれは向こうが金を出してくれるから行ってたけど、自分の金で行こうとは絶対に思わなかったから。確かに料理自体は旨いんだが、そこまでの金を出す価値は見いだせない。クラブにしても入るだけで数万でボトル入れて数万とかぼったくりもいいとこだろう。

 

 

 

以下、朝日新聞デジタルより

 

パナソニックが、テレビ用部品の購買(調達)を担う社員90人超に対し、降格などの懲戒処分を一斉に出していたことが4日、わかった。同社は社内規定で、調達部門の社員が取引先から接待を受けることを原則として禁じている。処分を受けた社員らは過去5年間、のべ2千回以上の接待を受けていたという。

 関係者によると、2012年ごろから16年秋にかけて、部品の調達部門の社員らが中国など海外に出張した際、同社に部品を納める複数のメーカー担当者らからのべ2千回以上、飲食などの接待を受けていたという。

 最近になって発覚し、同社が担当部署などに聞き取り調査したところ、こうした接待の事実が判明。1日付で処分に踏み切った。対象者はテレビ用部品の調達部署の70人強を中心に複数の部門にわたる。約5人が降格となったほか、30人前後が出勤停止、50人前後が譴責(けんせき)となった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロミスト・ランド | トップ | 9月のクレカ取扱高5.3%増 »
最近の画像もっと見る

weblog3」カテゴリの最新記事