映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

クローサー

2010-12-02 17:29:23 | ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
監督 マイク・ニコルズ
キャスト ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン、マイケル・ヘイリー
2004年 アメリカ
ジャンル:ドラマ、ロマンス

【あらすじ】
小説家志望の記者ダンとニューヨークでストリッパーをしていたアリスが同棲を始める。ダンは、著書用の写真を撮ってくれたフォトグラファーのアンナが気になり始め、彼女の名を語ってネットのチャットで医師のラリーを挑発。待ち合わせ場所に来たラリーのまえに、偶然にも本物のアンナが現れ、ふたりは結ばれる。その後、4人の関係はさらにもつれていくのだった。

【感想】
久しぶりの胸くそ悪い映画。「馬鹿じゃないのか」と本気で思いました。出演者は自己に酔っているのではないか?でなければこんな作品に出演しないでしょう。

男女4人の恋愛物語だが早い話、乱交です。出演者の会話や行動全てにおいて意味不明。はっきり言って気分が悪い。ホラー映画よりも恐ろしくなった。

人(異性)に対する心理状況が些細なことでコロコロ変わりすぎ。現実的にあり得ないレベル。離婚大国アメリカとはいえ現実離れしている。豪華キャストを起用してコロコロ情勢が変わる恋愛模様を描くことの狙いが何であるのかはわからないこともないが、思い切り馬鹿にしたくなる。

普通に考えて「別れる前にやらせろ」って会話は爆笑ものだと思うのだが、これをお洒落に感じるんですかね。女性が書いている映画レビューを軽蔑しながら読んでいました。

穴友達同志は仲は悪くないというのは事実だと思う。この部分の描写だけは共感しました。

お薦め度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆

クローサー [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調剤へのポイント、法的規定... | トップ | 見逃した大化け株 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL