映画を見ながら株式投資

人よりも先に気がついて、それをじっくり育てて、最後に開花させるまで面倒みる一貫体制。基本この繰り返し。

イオンがスマホ決済 全国8000店、年明けにも

2016-10-17 08:27:32 | weblog3

日経記事より


------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

イオンは来年1月にもスマートフォン(スマホ)で買い物の代金を支払えるサービスを始める。スマホにクレジットカードと連動したアプリを導入し、レジでかざすだけで決済する仕組み。グループ内の全国8000店で利用できる。米アップルの「アップルペイ」などIT(情報技術)企業が先行する形でスマホ決済市場は広がってきたが、小売り大手の参入で普及に弾みがつきそうだ。

 傘下のイオンクレジットサービスが開発したアプリ「イオンウォレット」を使う。まずクレジットカードの請求額やイオン銀行の口座の残高確認、店舗で使えるクーポンの配信に対応。年明けにスマホ決済を利用できるようにする。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 
Apple Payが2017年からFelicaに対応するという話が出ていたので予想はされていたが、確定とみていいだろう。
 

イオンFSは他のグループ企業とは異なり、新サービス導入に対するスピード感はあると思う。競合他社と比べても行動が速い。普通に考えてイオンカードの利用増につながると思う。スマホ決済は特にイオンカードが苦手としていたモール内での専門店での使用に効果的であると見る。年明けから開始ということで来期の業績への寄与が楽しみである。

 

こうして現金主義が根強い日本でキャッシュレス化がどんどん進み、現金を使うのが面倒くさいという感覚が定着してくれれば市場は驚くくらいに拡大する可能性を秘めている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セブン&アイ、雑貨店の撤退... | トップ | 退屈な会社 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL