映画を見ながら株式投資

今の時代に起きていることを正しく認識し、自分なりの先見の明を持つ。

ボーン・コレクター

2009-03-27 00:00:08 | ★★★★★☆☆☆☆☆
監督 フィリップ・ノイス
キャスト デンゼル・ワシントン、アンジェリーナ・ジョリー、クイーン・ラティファ、エド・オニール、ルイス・ガスマン、マイク・マッグローン
1999年 アメリカ
ジャンル:サスペンス、ミステリー

【あらすじ】
土の中に埋められていた男性の死体と、その周辺に残されていた謎の物的証拠の数々。女性警官アメリア(アンジェリーナ・ジョリー)は、現在下半身付随で寝たきり生活を送っている科学捜査のエキスパート、ライム(デンゼル・ワシントン)に、その物的証拠写真を見せ、事件の糸口をつかもうとする…。

【感想】
よくよく考えると、「それはおかしいのではないか?」と思われる点がいくつもあるのですが、主演二人の頑張りのおかげでそれなりに見れるものになっていたと思います。

ただし、普段からサスペンスを沢山見ているような方には物足りなさが残るでしょう。基本的には事故で半身不随になった刑事が、手駒の新米刑事に命令して脅迫犯罪の犯人を知的に探し出すという設定です。ある意味「羊達の沈黙」に重なるものがあるかもしれません。つまり「知的さ」をセールスポイントにしているのですが、シナリオがそれに耐えられる程練られているとは言い難かったです。表面的には知的なのですが、上辺だけのような気がしてしまう。
デンゼル・ワシントン、アンジェリーナの演技はまあまあでしたが、前述したハンデを完全に埋めるまでには至らなかった。

それから、誰が犯人なのかに期待してしまうととんでもない肩透かしを受ける可能性があります。事実、私も「誰なんだよ。お前は?」でしたから。余計な推理をしたりせずに、目の前で起こっているイベントを受身的に眺めているだけで十分、それが楽しく鑑賞する方法なのだと思います。

お薦め度:★★★★★☆☆☆☆☆

ボーン・コレクター [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテイメント

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の若手議員 | トップ | 日経新聞様 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL