Like a dream

不動産全般に関すること、猫のこと、日々の感想など。

赤城高原SAというサンクチュアリ

2016-05-28 08:21:24 | もはや愛(神)


全部食べたいところを、大人なのでググッと抑えて、

厳選した2つをオーダー。
大人ですから。

りんごジュースソフトクリーム

モカラテミックス

登山温泉ときていますので、ソフトクリームが食べたくてたまらない、そんなタイミングです。

モカラテミックスはGODでした。
甘すぎずでさっぱりするし、状態もフローズンのようにシャッリシャリ。
120点ですよ。

一方りんごジュースソフトクリームは、甘すぎて、シャリシャリなのにさっぱりしない、味だけの問題ではなく、後味が意外とさっぱりしないんです。たぶんネクタージュースにありがちなトロミがさっぱり感を失わせてるんだと思います。
うーん40点(^_^;)

モカラテミックスはヤバいっすよ。
皆様もこちら方面に訪れた際は是非!

この記事をはてなブックマークに追加

一番不要なインフォメーション

2016-05-27 16:32:28 | ハッキリ言うと
〜関越走行中〜
『東松山・テヘラン・ラスベガス』



同緯度の街ということなんでしょうが…




全く要らんインフォメーションだ

この記事をはてなブックマークに追加

谷川岳攻略戦 3

2016-05-27 16:11:36 | 修行・訓練
無思考にて一歩一歩登っていきます。
※登山のコツ(^_^;)



登ってきた稜線を見下ろします。THE・西黒尾根ですよ。

もうほとんど溶けてはいますが、一部に雪渓ありでした。

かれこれ1時間以上、虫(ハエ?)を引き連れた登山です。頭の周りに数十匹飛んでます。
手にも着くので、その都度叩き落とします。



最後の岩稜帯を登り切って、笹原に突入です。
もう頂上はすぐそこです。
傾斜もようやく緩やかになって、体も楽になりました。



谷川岳肩ノ小屋の道標も、トマの耳の山頂標識もハッキリと視界に入ってきました。



雪渓を横切ります。



ハエが飛び回ってるでしょ(笑)?
オッサンとハエがブレーメンの音楽隊のように御一行として歩いています。
0800天神尾根道との分岐に到着。

肩ノ小屋の道標からわずか0.1kmでトマの耳です。

まずは0805トマの耳を攻略しました。

天神尾根道方面。



オキの耳に向かいます。

少しアップダウンはありますが、距離は数百米しかないので、気が楽です。





0815とうとうオキの耳に着きました。駐車場からは2時間45分登りっぱなしでした(^_^;)
目標でもあった山なので、もっと感動したり達成感を味わえるのかなと思っていましたが、実際はまとわりつくハエ(虫?)がすご過ぎて、頂上での時間を満喫出来ず、サッと下山する感じになってしまいました。
そのくらいまとわりつくハエがすごかったんです
(>人<;)



晴れ間もある曇りのため、眺望には何ら問題なく、素晴らしい景色でした。









谷川連峰主脈。



一ノ倉岳、茂倉岳縦走方面。

この日初めて座りましたが、ハエのせいで数分で退散です(^_^;)
0820下山開始です。

植物が綺麗。高山の雰囲気です。

まずはトマの耳まで戻ります。

0830トマの耳巻道を通過。



この西黒尾根をまた戻るわけですね。

下り始めで2人のラフな外国人と遭遇し、ベラベラ話しかけられます(^_^;)

その外国人が連れてたワンコ。
こんな標高(約1,900m)でワンコと会えるなんて不思議な雰囲気です。



グングン下ります。

グンググーンと下ります。

下ってて思うのが、やはりここは大変なコースですな。

樹林帯を足早に下り、そしてとうとう登山口が見えてきました。時刻は1007です。

記念に西黒尾根登山口を撮影。

1015下山完了です。
登り2時間45分、下り1時間55分、山頂休憩5分の総計4時間45分という山行でした。


総評です。
日本三大急登に数えられる西黒尾根からの谷川岳は数年前から目標にしていた山でした。
しかし、急登はまだしも、危険な鎖場や岩場など、果たして自分の体力と技術で登れるのかなと必要以上に構えてしまい、また私の休日にこの山の天気が安定しないことも続き、なかなか機会がなかったのです。
そして出来ればオート事業部のみんなと達成したいと思っていたので、みんなの仕上がりが揃うこともなかなか訪れずタイミングが合わないという感じでした。
今年は私個人はそこそこ仕上がったので、この流れで、構えず気楽に、わざとザックも20lのノースフェイスシングルショットにして、ごく軽装でサッと行って来ました(笑)
本文中に全て書きましたが、最初の樹林帯は奥多摩の山々の方が急登でキツイと思うくらいの印象でしたので、谷川岳恐るるに足らずと早合点してしまい、ペースをグングン上げて、ラクダの背くらいでかなりバテてしまいました。
更に疲れているのに、後続の登山者との距離感を気にしてしまい、なんか自分のペースがおかしくなってしまいました。
これも経験ですね。
やはり登山はウサギとカメの話で言うとカメにならなければダメなんです。
もともとの性格が調子こきのウサギなんで、より一層自分を抑えながら、他人のペースは気にせずに黙々と登って行かないとイケナイのです。
まさに人生そのものですね(笑)
そして鎖場や岩場は、危険度に関しては本当に大したことありません。少し気を付ければ老若男女問わず頑張れるレベルだと思います。
(※無雪期、晴天時に限る。)
ただし岩場の急登なので、時には腿を胸や顎位まで高く上げてよじ登る感じで、それが延々と続くので体力的には全く楽ではありません。アスレチックと言うより、完全に軍事教練です(^_^;)

後はいくら厳しいと言っても距離は4km程度しかありません。
日々のトレーニングを数ヶ月こなすことが前提で、それこそマイペースで黙々と進めば何とかはなるんです。
それはキツイコースですが、やるとやらないでは今後の人生にも大きく違ってくるような経験値になります。
いい経験になりました。
体力がある人達は更に、主脈や一ノ倉岳方面に縦走して、よりハードな日帰り山行をしていますね。
私はこれにて精神的には一段落ついてしまいそうですが、せっかくここまで仕上げたので、次の目標を決めて、今の体力を維持して頑張りたいです。

この記事をはてなブックマークに追加

谷川岳攻略戦 2

2016-05-26 23:23:40 | 修行・訓練
実は樹林帯を抜ければ、後は楽しい岩登りみたいなイメージでいて、樹林帯を抜ける後半にだいぶペースを上げてしまいました。

天神尾根道が綺麗に見えます。

写真をよくみると分かりますが、この辺りから、小バエ?虫が顔や頭の周りを30匹くらい飛び回り、頂上までずっとついてくるという、ものすごく不快な思いをしました(^_^;)
時期的に仕方ないのかな…。もうウザいなんてもんじゃないですよ。
俺は歩く汚物か(笑)?!

実際は私が描いていた楽しい岩登りで頂上にではなく、樹林帯に続く苦しい急登第二幕でした(>人<;)
イメージで言うと、行者小屋からの赤岳って感じです。要はキツイっちゅうことです(^_^;)

クピポッ!

待ってろよ、谷川岳。

こっちはどこの山方面でしょうかね。





鎖場は他の人がブログで書いてあるのはオーバーです。
鎖を使わなくても全く余裕ですし、すごく危険に思える箇所は皆無かと思いましたが。

ホント大したことないレベルです。
山のブログでの注意喚起とかコースタイムって、女性や50代、60代も含めた中のインフォメーションが多いですよね。
そのせいで、こっちが構えすぎちゃうことが良くあります。
例えば、八丁峠からの両神山や、秩父の二子山など、実際行ってみると拍子抜けしてしまうというか。



スタートから1時間半、0700にラクダの背に到着。谷川岳が目の前ですが、目に見えるようになってから遠い百名山に認定です(^_^;)
全然迫れません(^_^;)

もうこの辺からはまさかの足に来てましたね。
完全に樹林帯でペースを上げすぎて失敗しました。
いまだペース配分を誤る未熟者です。
ここまでバテてしまう更なる要因には、稜線歩きで視界が良好なので、遠く後ろに続く2人の登山者が見えてしまい、ペースがガクッと落ちた自分ではありますが、その2人の登山者(特に1人が早い)のペースに乱されて、疲れているのに自分にムチを打ってしまい、余計に疲れのドツボにハマっていきました。
余裕だと思われた前半の登りと打って変わり、後半の登りは苦行そのものでした。

あと、この山、蛇が多すぎ。15回は蛇を見ました。
写真では見えるかなぁ?


西黒尾根ガレ沢の頭。







もう近いことは近いので、今一度ペースを確保し、苦しいながらも歩を進めて行きます。



ホントキツイ(笑)
完全な岩登りです。

つづく

この記事をはてなブックマークに追加

仏岩温泉 『鈴森の湯』

2016-05-26 20:24:26 | 旅行・お出かけ

谷川岳攻略戦後に立ち寄る日帰り温泉を探して走っていましたが、いつもの趣旨により鄙びてそうな所に誘導されまして…
しかし実際に着いてみると、日帰り温泉、食事、イワナ釣り、キャンプみたいな感じで、温泉はついで(客寄せ)程度で期待出来ないのかなという雰囲気でした。

敷地内に入ると、なんか期待出来そうな感じになり、

650円で入った館内はものすごく清潔で綺麗でした。



露天風呂、120点でした(o^^o)
かなり広い、目の前が川(眺望良し)、ぬるめで長時間入っていられる、人がいない!

そして内湯も、120点(笑)

源泉掛け流し、加温なし(*^^*)

サッと汗を流す程度の入浴で、帰路を急ぐ(ウメとアンズに会いたい)のが登山後の私の定番ですが、あまりに温泉の雰囲気が良すぎて、ついつい長湯して予定よりのんびりしちゃいました(^_^;)

ついでにシャンプー、リンス、ボディソープがSHISEIDOので、ホテルでよく使っているものでした。

谷川岳に行った後は、この温泉が絶対的にオススメです!!

この記事をはてなブックマークに追加