Go The Distance!

地球が、自然が、人が、好き
走ること(Swim, Bike, Run)が大好き
ウッドキャビンの部屋にようこそ!

ランはご褒美

2016-10-16 00:07:25 | ラン
昨晩メッセージにて、今日の午後から予定されていたランパーソナルが(お客様体調不良にて)キャンセル…とのこと
…ということで、朝はアラームをセットせず熟睡

8時間睡眠

これだけ寝ると気持ちイイ寝覚めだ

朝食食べて午前中は学生らしくお勉強
お昼前にランへ

今日は中国にてレースあり
友人知人も参戦ということで
Ironman 70.3 Hefei 応援ラン( ^o^)ノ



肉離れもようやく落ち着いてきたようだし
お試しのペース走20㎞

今年の夏は4:00/㎞すら維持出来ないくらい走れなくなってましたが
暑さのせいだろう…とか
無理してペース上げると身体に負荷がかかりすぎる…とか
いろいろ理由見つけて安心していたような感がある
その結果が珠洲でのランだろう
”ランが練習していなくても走れる”なんて甘いモノじゃない
それに、一番大事な
”ランを楽しむ”ことを忘れていたような気がする

”ランはご褒美だから”
そう言っていたランラップを取った選手の言葉にハッとさせられた
そうなんだよ
”こなす”ことばかりで、ちっとも楽しんでなかった
”ランはご褒美”
この言葉、忘れないようにしよう
そう思った8月の珠洲

とは言っても、まだ脚がどれだけ動けるか分からないので
今の状態だと夏に出来なかった4:00/㎞のペースで安定して走れれば充分と思っていました

帰りのこと(故障再発)を考えて小径車で皇居へ
動的ストレッチと軽めのアップ

1周目から全開…は難しいので、キロ4でまとめてラスト1周余力があったら、3:50/㎞で上げていくか…と思いながらスタート(0〜5㎞)



肉離れしてから最長は15㎞(先週末)までだったので、長丁場だと思いかなり抑え目で入る
…が、入りの1㎞がまさかの”3:41”
あれ?!
体感ペースと実際のペースが合っていない

でもかなり抑えて走っているのは確かなので
ここで無理して落とす必要もないだろうと今のペースを維持
結局、1周目の平坦路は3:40前後、ラストの登り2㎞が3:50前後

決して調子がイイ
…という訳ではない
昨日もしょっぱい内容ながらも、100㎞ライドと7㎞ブリックランをやっていて
そこそこ脚は疲労している状態

これで最後まで持つかどうか…分からないが
無理はしていないし、体感的にはまだまだ余裕があった

2周目(5~10㎞)
もしゾーンに入って、アドレナリン出まくっているのなら、そうそう長続きはしない
抑えて抑えて…と思いながらも、ほぼ1周目と同じペース
平坦が3:40前後、登りが3:50前後
登り+10秒というのは自分の許容範囲
行けるならそのままでもいいか

3周目(10〜15㎞)
10㎞過ぎあたりで、痛めていた右大腿部(外側広筋と腸脛靭帯)、左鼠径部に張り感あり
この時点で止めようかと思いましたが、どちらかというと10㎞までは勢いで走れちゃった感もあったので、ここからはランニングコーチとしての本領発揮
下肢(脚力)に頼った走りではなく、腹圧・殿筋をフル稼働
着地の衝撃は腹圧で最小限に、肩のライン二軸を崩さず、肩甲骨から骨盤までの力の伝導と体幹を安定させた楽に脚を出す動き
ゾーンに入っているとこうした身体の情報が頭の中にスッと入ってくる
集中して動かせている証拠だろう

少しペースは落ちたが、フォームを崩すことなく何とか3周目もまとめることが出来た

4周目(15〜20㎞)
ここで後から来て1周走り終えたYOMEが自転車でサポートに回ってくれた
切れそうな気持ちを何とか繋げることが出来た…感謝!
やや心拍も上がってきたもののペース的にはまだ大丈夫そうだ
左足にマメが出来始めたが、破れなければ走り切れるだろう



二人の言葉を思い出す
Maccaの
”Enbrace the Suck (辛さを丸ごと抱きしめる)"
尊敬するトライアスリートTさんの
”いつも苦しい。”

そう、この自分と向き合うことを避けてきたような気がする
今がその時

ラストの2㎞の登りは鬼コーチ(YOME)が後ろからガッツリプレッシャーかけてくる…ので、最後まで頑張れた…のかな



1:15:15(Ave3:45/㎞)
と肉離れ復帰後の初のペース走としては上出来かな



マメも潰れることはなくシューズが血で染まらず…ホッとしています
これからは足の裏の皮膚も強くなってもらわないとね

帰りは着替えで持ってきたこのシャツで!



このシャツの凄さを分かる人が今日の皇居に何人くらい居るのかな…
Wさんありがとうございます!



別にいじけている訳じゃないのですよ



帰りがけに美味しくガリガリ君を頂いています(YOMEの盗撮)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Konaアスリートからのお土産 | トップ | まさかの帯状疱疹 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL