LiveInPeace☆9+25

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

[24日25日閉会中審査]さらに深まる疑惑と安倍首相のウソ(4)公務員倫理規定違反、大臣規範違反の安倍首相は辞職するしかない

2017-07-27 | 安倍政権

 本シリーズ(3)の最後でも「国家公務員が権力関係のある人と食事してはいけない。総理は国家戦略特区諮問会議の議長だ。申請している人と何回も食事はするわ、ゴルフはするわ。これは大問題ですよ」(大串衆院議員)と引用したように、国家戦略特区諮問会議の議長である安倍首相と、利害関係者=申請者である加計孝太郎氏とゴルフをし、食事をおごってもらうことは、明確に「国家公務員倫理規定」違反、「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」違反である。

 安倍首相が突然、加計氏が獣医学部申請をしているのを知ったのが2017年1月20日と言い出したのは、両者の会食・ゴルフが「倫理規定」違反になる可能性を認識したからではないか。安倍首相は、閣議決定された従来の答弁さえ修正した。明らかな虚偽答弁だ。虚偽答弁をしてまで1月20日にこだわるのは、利害関係者との会食・ゴルフは完全にアウトだからだ。

国家公務員倫理規定 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12SE101.html

(倫理行動規準)

第一条 
二   職員は、常に公私の別を明らかにし、いやしくもその職務や地位を自らや自らの属する組織のための私的利益のために用いてはならないこと。
三   職員は、法律により与えられた権限の行使に当たっては、当該権限の行使の対象となる者からの贈与等を受けること等の国民の疑惑や不信を招くような行為をしてはならないこと。

(禁止行為)

第三条  職員は、次に掲げる行為を行ってはならない。
六  利害関係者から供応接待を受けること。
七  利害関係者と共に遊技又はゴルフをすること。
八   利害関係者と共に旅行(公務のための旅行を除く。)をすること。

国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範
http://www.cas.go.jp/jp/siryou/kihan.pdf
(6)関係業者との接触等
倫理の保持に万全を期するため、
① 関係業者との接触に当たっては、供応接待を受けること、職務に関連して贈物や便宜供与を受けること等であって国民の疑惑を招くような行為をしてはならない。

 安倍首相は「利害関係者とは知らなかった」と押し通すことで免罪されようとしているのだろう。しかし安倍首相が知っていたかどうかは関係ない。加計孝太郎氏が利害関係者であったかどうかである。利害関係者とともにゴルフを頻繁にしたという事実である。
 
  内閣総理大臣による国家公務員倫理規定違反、国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範違反。それを塗り隠すための虚偽答弁。
 安倍首相は辞職するしかない。

(ハンマー)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [24日25日閉会中審査]さら... | トップ | 《速報》無償化裁判完全勝訴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。