LiveInPeace☆9+25

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

トランプ政権によるシリア空爆について(その4)シリア和平協議に逆行

2017-04-20 | 日々のニュース

 第2に、シリア「内戦」はもともと、米欧諸国と湾岸王政、トルコなどが直接的な軍事力を行使したり、軍事要員や諜報要員を派兵し、世界中からのイスラム原理主義武装勢力をかき集め、アサド政権を打倒するための侵略戦争という性格を持っていました。ISを攻撃するかに見せて実はシリア内のはん政府勢力を援助しアサド打倒の侵略を続けてきたのです。シリアは国家崩壊寸前に陥りました。
 ところが今年に入り、アレッポをシリア政府軍が攻略し、和平と国家再建への展望が出てきました。シリア戦争勃発以来初めての出来事で、何年にも渡り膨大な犠牲者を出してきた戦争が終結に向かい始めていたのです。今回の米の攻撃は、アサド政権が主要都市と要衝を解放し、アサド政権主導で和平と国家再建への動きがようやく具体化し始めていたその矢先です。アサド大統領が化学兵器を使う合理的な理由は全くありません。自らの和平と国家再建の努力を水泡に帰すものでしかありません。
 逆に、米欧と反動王政諸国にとっては、ロシアの介入によってアサド政権が優位に立った局面を再び戦争状態に戻すチャンス、アサド打倒のチャンスと見たのです。

(ハンマー)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ政権によるシリア空... | トップ | トランプ政権によるシリア空... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。