LiveInPeace☆9+25

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

教科書採択: 愛媛県教委及び井関委員長に抗議を!

2009-07-26 | 教育・「つくる会」系教科書
大阪の会の伊賀です。

扶桑社版を採択している愛媛の市民からの要請を転載します。

********************************

愛媛県教委及び井関委員長に抗議を! 

教科書採択を議題とする教育委員会が開かれず、
教育委員全員での審議を全く行われていない段階で、

7月定例会(7.10)後、井関委員長は、
「『新しい歴史教科書をつくる会』主導の扶桑社か自由社
のどちらかになるとの見通しを示した」
(愛媛新聞、09.7.11)

この井関委員長の発言は、

1,憲法第31条が要請する「適正手続き」に違反し、
2,採択における「適正手続き」に著しく反し、
3,文科省通知の指導、助言に著しく反し、

違憲・違法です。

しかも、その発言は、教育委員会委員長という地位と職権を乱用し、
『「つくる会」がベスト』と違法な政治介入した加戸愛媛県知事が、
井関委員長を委員として任命した目的を実行するための
政治的発言(違法な政治介入)です。

「えひめ教科書裁判を支える会」では、
同発言の撤回・謝罪と委員の辞職、
公正・適正な採択を行うように21日に
抗議及び要求書を提出しました。

ぜひ、抗議をお願いします。

抗議先
*---------------------- *** ----------------------*

〒 790-8570
愛媛県松山市一番町4-4-2  愛媛県教育委員会
 採択に関する担当(免許学事係)
電話 089-912-2941 (義務教育課)
FAX 089-934-8684
メール gimukyouiku@pref.ehime.jp

*---------------------- *** ----------------------*
抗議例文

井関和彦教育委員長様
愛媛県教育委員会様

井関和彦委員長は、
教科書採択を議題(議案)とする教育委員会が開かれず、
教育委員全員での審議を全く行われていない段階で、
『「つくる会」が編纂した扶桑社か自由社のどちらかになるとの見通し」を示しまし
た。

この発言は、
公正かつ適切な採択手続きに著しく反し、違憲・違法です。
よって、

1、井関和彦教育委員長に対し、同発言の撤回と謝罪をもとめ、
  合わせて、委員長の辞任を求めます。

2,愛媛県教育委員会に対し、適切な教科書の選定を行い、
  公正かつ適正な採択を実施するように求めます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回 「公共の福祉」によ... | トップ | 第6回 「悪法も法なり」は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。