LiveInPeace☆9+25

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

[加計学園問題]有るものを無かったと言い張るのか?官邸・文科省は真実を語れ!

2017-05-19 | 安倍政権

 文部科学省は5月19日、「加計学園」の獣医学部新設について「総理のご意向」などと記した文書の「調査結果」なるものを発表し、「存在確認できず」と発表した。信じがたいことである。文書には日時や参加した人物--内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計4人の実名が書かれている。実名記載の日本獣医師会顧問でもある北村元自民議員は「書かれた内容はほぼ事実」と証言している。
 この事件は、安倍首相が、旧知の友人が理事長を務める加計学園に獣医学部の新設という異例の便宜を図った権力犯罪ともいえるものだ。
 安倍首相の塚本幼稚園教育への強い支持、昭恵氏から籠池氏への100万円贈与問題や電話とメール記録、籠池氏と近畿財務局との音声テープ、森友学園と稲田氏との関係、PKO日報問題、そして今回の加計学園問題と、あるものをないと言い張り、自ら調査することはせず、事実を突きつけられれば渋々認め、決定的な証拠がなれけばしらばっくれるという対応を繰り返している。
 同じ日、反政府の世論や運動を取り締まる共謀罪法が衆院法務委員会で強行可決された。恐ろしい事だ。
 事実の徹底究明を求め、責任逃れを許さない声を上げよう。共謀罪法の強行可決に抗議しよう。

   ■安倍首相 首相官邸 FAX 03-3581-3883 メール
  
 ■松野博一文科相 FAX 03-3508-3329       info@hiro-matsuno.net


※加計学園「総理の意向」文書、文科省は「存在確認できず」と発表。個人PC調べず野党は批判
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00010008-bfj-pol
※「総理の意向」文書確認できず 文科大臣が調査発表
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170519-00000027-ann-soci
※加計学園新学部文書「書かれた内容 ほぼ事実」 実名記載の北村元自民議員が証言
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051902000119.html
※加計学園計画 新学部は「総理の意向」文書 (毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20170517/k00/00e/040/243000c
※加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html
※「新学部、首相の意向」文科省に文書 加計学園計画、民進指摘(日本経済新聞) 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H0S_X10C17A5EAF000/
※新学部しぶる文科省、対応迫る内閣府 加計学園巡る文書(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/articles/ASK5K6678K5KUUPI00X.html?iref=pc_rellink
※加計計画「できない選択肢ない」 内閣府要求の日時記録(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK5K7GR3K5KUTIL04Z.html?iref=comtop_8_01
※加計学園"総理のご意向"文書「流出」の舞台裏(東洋経済)
http://toyokeizai.net/articles/-/172277
※【報ステ】加計学園めぐり『総理のご意向』文書(テレビ朝日)
https://www.asahi.co.jp/webnews/ann_g_000100992.html

(ハンマー)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月18日(木) 19:0... | トップ | ここがアブナイ!!共謀罪(13... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。