みんなちがって、みんないい。一人ひとりの宝物を見つけながら。
星槎教育研究所ブログ★相談員の部屋
What's New 星槎教育研究所
2015.05.22 今年度のプログラムを紹介しています
2015.04.01 ベアーズについてはこちら
2015.04.01 詳細は、星槎教育研究所の公式Webサイトをご覧ください





『デイコース』のプログラムは、先日お伝えさせてもらったように、様々な要因から登校渋り・不登校になっている子たちが利用しています。しかし、フリースクールのような少し緩い環境下であれば、自分らしさを発揮したり、自分なりの学びで吸収したりできる子たちも多く、彼らの個性を尊重しながら「居場所」となるように努めています。


今回も、体験学習の一つである「実験(&調理)」について紹介します

先日、「カメレオン焼きそば」にチャレンジしてみました

最初、紫キャベツを見た時点で、「何これ!」「こんなの入れるの?気持ち悪いよ」と非難殺到(笑)
実際に切ってみて、水で煮出してみると“紫色の水”が出たことに若干興味が惹かれていき、どんどん夢中になっていきました


そこに中華めんを投入し、そこでの変化を見ると“エメラルドグルーン”のような青みがかった麺にどんどん変身していきます


それを観察したところ、やはり「何これ!」という反応はありつつも、今度は「すげ~!」とより興味を惹くような様子になりました


更に、レモン汁を入れて、“ピンク”のように赤みがつく麺も楽しみ、、最後はウスターソースを入れて、“ふつう”の焼きそばに戻ってもいます

そこで、解説!
ここでは、ある色素がアルカリ性・酸性によって色を変えているのです
それは、「アントシアニンという色素」で、紫キャベツや玉ねぎ、ブドウの皮に含まれています
中華めんは“アルカリ性”なので「アントシアニン」は青色がかっていき、レモン汁は“酸性”なので「アントシアニン」は赤色がかっていきました

授業の最後に、子どもから一言!
「けど、カメレオンって自分がいる環境に擬態するために色を変えるんでしょ。だから、カメレオンではないじゃん」・・・と正論(汗)
とは言え、ちゃんと趣旨も分かって、その変化も楽しんでくれたわけで・・・結果オーライです!
たまに子どもたちから出る正論や大人な意見には、聞いているスタッフも感心させられます



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 実験の授業にて 調理の授業にて »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。