Little Bird News

鳥の医学情報、日々の雑感など、気が向くままに・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水道水から検出された放射線について

2011-03-23 17:05:32 | 鳥の医学情報(その他)
電話が鳴り止みません・・・

「鳥に水道水を与えて良いか?」というお問い合わせがあまりに多く、
診療と入院管理がおぼつかない状態となってきましたので、
緊急にアップさせていただきます。


現在の放射線レベルでは、成鳥に対する健康被害はないと私は判断しています。

飲料水からの被爆で考えなければならないなのは、放射線の総量です。

現在の濃度であれば、
健康な成人がある程度の期間摂取しても問題にならない総量にしかならないと発表されています。

鳥は体が小さいので、心配されるかもしれませんが、その分、飲む量も少ないのです。

ということは、鳥が”極端に放射線に弱くない限り”人と同様に考えて良いわけです。

そして、鳥の細胞(DNA)が、放射能に弱い!という話を私は聞いたことがありません。

というわけでして、今のところ心配はいらないと思います。

雛に関しては、人同様、”万が一”の可能性があるので、
水道水を控えた方が良いかもしれません。

ペットボトルの水を使う際、みなさん軟水or硬水を気にされますが、
どちらでもかまいません。

ミネラル制限を言い渡されている場合だけは、軟水をお使いください。

みなさな、くれぐれもパニックにならず、落ち着いた対応をよろしくお願いいたします。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (31)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診療時間のお知らせ 【3/19... | トップ | 水道水の放射性物質について »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情報広げますね! (きなことはなの飼い主)
2011-03-23 18:47:35
ちょうど知りたいなぁと思っていたところ、ブログに掲載されていたから助かりました!

このこじま先生ブログを不安に思っている方々に広げておきますねー

葉っぱについても水同様心配はいらないですかね?
ありがとうございます (kallen)
2011-03-23 18:53:39
いつもお世話になります。コザクラ(13)&サザナミ(2)がいつもお世話になります。

お水、気になっていたのでコメントありがとうございます。

もうすこし落ち着いたらまた順次健康診断に伺いますのでよろしくおねがいします。

誤字脱字すいません^^; (小嶋篤史)
2011-03-23 19:08:54
急いでアップしたのでわかりにくい文章ですいません。
情報を集めて、また状況が変わりましたら随時、アップして行く予定です。

葉っぱも現状では問題ないですよ。
心配でしたら外部への”付着”なんで、洗い流してもらえればと思います。
ありがとうございます。 (ぱふぇの飼い主)
2011-03-23 19:47:05
先生のコメント見て安心しました。
ただ、水をガブガブ飲むゴシキセイガイさんには、
備蓄しているミネラルウォーターを提供しようと
思います。
ぱふぇの飼い主様 (小嶋篤史)
2011-03-23 20:26:43
そうですね。
そんな感じで臨機応変に!!
Unknown (Unknown)
2011-03-23 20:46:36
いつもお世話になっています☆

きっと心配している方もたくさんいるかと思いますので転載させていただきますね。

先生もお忙しいと思いますが
体調を崩さないよう気をつけてくださいね。

また診察のさいはお願い致します☆
了解b (小嶋篤史)
2011-03-23 20:55:32
古い情報が一人歩きしないように、
日付をつけるか、リンクでおねがいしまーす。
Unknown (メイキー)
2011-03-23 21:45:58
とても知りたかった情報です。
ありがとうございます。
同じように感じてる方が多いと思うので、自分のブログにリンクさせていただきました。

Unknown (nanobuko)
2011-03-24 00:07:09
お世話になってます。抵抗力とか免疫力が関係しているのかと思うのですが、マメちゃんの薬を溶かす用を含め、老鳥(文鳥)も大丈夫でしょうか。
ありがとうございます! (ゴシキ)
2011-03-24 00:17:14
とても情報助かりました。鳥仲間にも広めます。
気になっていたので.. (雪丸のママちゃん)
2011-03-24 00:51:54
こんばんは。
おじいが大変お世話になっています。

当家は多摩川水系で半分は井戸水のため
まあ大丈夫かな..と思ったものの、大変気になっておりました。
タイムリ-な情報提供、ありがとうございました。
情報アップありがとうございます (バナナのママ)
2011-03-24 01:33:31
繁殖期には、うちのバナナ(桜文鳥)が毎度お世話になっております。

ニュースで東京23区域の水道水の報道確認後、ついにきたか………と、貧血起こしそうになりましたが、先生のblog拝見して安心出来ました。

もう少し気温が暖かくなったら、また、お腹に爆弾抱えたバナナと他の文鳥達の健康診断で伺いたいと思いますので、その際にはよろしくお願いします。

地震等の影響で大変だと思いますが、先生もどうか体調崩さないようにご自愛下さいね。
みなみなさま (小嶋篤史)
2011-03-24 01:55:23
いまのところ、水道水中の放射性物質は数日で落ち着くのではないかとの見解が優性のようですね。

このままパニックも起こらず、状況が好転してくれることを祈ります。

どうしても、鳥は小さく弱い生き物というイメージが強いのですが、
少なくとも被爆に関しては『ホ乳類より強い』と知られていますので、人に害がないうちは静観して良いと思います。
鳥はとってもすごい生き物なのです!

nanobukoさん
もし放射性物質が問題となるとすれば”成長期”の雛です。
お薬への影響や、免疫低下、高齢鳥に対しては現状、考慮しなくても良いレベルだと思いますよ。
有難う御座います (ちぃちゃんの家族)
2011-03-24 02:27:48
正直動物に水道水を上げて良いのか物凄く悩んでたので少し不安が取れました!

鳥さんが大丈夫と分かりホッとしております。
小動物で、ジャンガリアンハムスターも大丈夫と考えて良いでしょうか?
鳥とハムスター両方いるので心配も中々尽きません。

先生もお忙しいと思いますが、お身体お大事にして下さい。
ありがとうございます (きよ)
2011-03-24 08:06:17
先生ありがとう(:_;)
お水が買えなくて、どうしようってワタワタしていた所でした
先生のblogに何か書いてあるかもって…
来て良かったです(泣)
心配している鳥友にも日付と一緒に教えます


うちも予約変更して頂いたので来月に健診に伺います


入院中の鳥さん達、余震で不安かな…
早く落ち着きたいのは人間と一緒だよね
お大事にね
元気になってお家帰ろうね。

先生 blog書いて頂いてありがとうございました!
ぉ水の情報ありがとうございます!!!!! (ヒOイちゃん)
2011-03-24 09:58:24
今電話で問い合わせてしまいました
すみません

これからは先にこのブログを確認!!!!!します

小鳥さんの身体は小さいっので 飲み水も気になります。。。影響ないとしって安心しました!!!!!

市販のペットボトルの水ではなく水道水あげます!!!!!

余震が落ち着いたら
ヒOイちゃんの初めての健康診断に行きたいと思っています

院長先生☆頑張ってくださぃねっ☆.。.*・゜
ありがとうございました! (サフランの飼い主)
2011-03-24 11:11:17
いちばん知りたかったことがひとつの記事に集約されていました、さすがです!
コザクラ(1歳)に飲ませるのに、水道水と硬水とどっちがましか…と、悩んでいたところでした。

自宅から距離があることと、いつも患者さんであふれているので遠慮もあり、ふだん健康診断は近くの病院で済ませていますが、いざというときには(もちろんないほうがよいのですが)お伺いします。そのときはよろしくお願いいたします。
みなさまコメントありがとうございます。 (小嶋篤史)
2011-03-24 12:11:32
なかなか時間がとれないので
取り急ぎ、質問だけでも回答させていただきますね。
ハムも今のところ同様と考えて良いと思いますよー
Unknown (ねずみ飼い)
2011-03-24 12:53:17
住んでいる市町村でも放射性物質の検出量が
違うようで、私の住んでいる川崎市の水道局
が3/22計測、3/23に掲載したデータでは全く
問題の無いレベルでした。取水場所や井戸水の
混合具合でも変わってくるようですので、
水道局のHPを見てみるのもいいかもしれません。
ちなみに東京都水道局はアクセスエラーに
なりましたが(^^;)
貴重な情報をありがとうございます! (puppe929)
2011-03-24 14:27:59
今回の報道で、人間の赤ちゃんはもちろんですが、
うちの大切なオカメや、他の鳥さん、動物たち、
今後、水が入手できなくなったらどうしたらいいのか、と
心配で心配でどうにかなりそうでした。。

信頼できる、先生からの貴重な情報、本当にありがたく思います。

心配されてる方が多いと思いますので、
古い情報が一人歩きしないようにリンク&日付け付きの上で、
転載させて頂きますね。

ありがとうございます!

先生をはじめスタッフのみなさまも、
引き続きどうぞお気をつけくださいませ。

リンクさせて頂きます (barmymama)
2011-03-24 14:36:12
オカメインコの放射線への影響を調べていてここにたどり着きました。
いつもペットボトルの水が帰るとは限りませんから、水道水がまだ使えると思うと安心です。
ありがとうございます。

私のブログにURLをリンクさせていただきます。

不都合がありましたらご連絡ください。
先生、感謝です。 (ミッチ)
2011-03-24 15:31:01
いつもお世話になります。
的確な早い情報、さすが小嶋先生です。頼りにしています。また数値に変化がありましたら情報よろしくお願いします。
私も電話した犯人の一人です。お忙しいのにご迷惑おかけし申し訳ありませんでした。
少し落ち着いて冷静に対応しなくてはと反省しています。
沢山の方がこの情報に救われたと思います。本当にありがとうございました。
リンク先からお邪魔致しました (yuki)
2011-03-24 19:08:30
ヨウムとコミドリコンゴウと暮らしている者です。
関東でも北の方に住んでおりまして、心配しておりました。
これで、一安心です。

心配されている方も多いと思いますので、ブログで広めさせて
戴きます。ありがとうございました。
大変勉強になりました (まめ)
2011-03-24 20:09:07
はじめまして。千葉でペットシッターをしている者です。
動物の飲み水について調べていたら、とあるブログからこちらへ辿り着きました。

我が家にも猫とデグーがおりますし、お客様には文鳥さんなどもいらっしゃるので、とても参考になりました。

事後報告になってしまい恐縮ですが、うちの猫が運営しているブログにてご紹介させていただいてしまいました。

もし問題があるようでしたらご一報いただければ幸いです。
誠に申し訳ございません、どうぞよろしくお願いいたします。
Unknown (文鳥飼い)
2011-03-24 22:13:45
はじめまして。

「鳥は体が小さいので、心配されるかもしれませんが、その分、飲む量も少ないのです。」
とのことですが、

小鳥さんの場合、体重あたりの代謝量が哺乳類よりも多いようなので( http://www.ne.jp/asahi/inlet/jomonjin/birds_lifespan.html )、食餌・飲水の影響が哺乳類よりも出やすいような気がするのですが、いかがでしょうか? 

すなわち、内部被曝の影響は、体重あたりの放射性物質の摂取量に依存することが多いのではないか、と。だから、人間の乳児に準じた扱いをする必要はありませんか?

一方で、放射性物質は蓄積されずに排泄されるぶんもありますから、代謝回転が速い鳥類と哺乳類でどう違って、どう影響するかは不明です。

現時点でいえるのは、体が小さいから安全ともいえないし、リスク要因を排除できない。

あとは、放射性物質の蓄積の影響は甲状腺に出やすいので、小鳥さんで見られる甲状腺腫の発生確率に有為な影響があるかどうか、これは当然のことながら長期的な評価がないからなんともいえないと思います。
こんばんは (小嶋篤史)
2011-03-25 03:22:49
みなさんコメントありがとうございます。
一個一個レスつけられなくてごめんなさい;;
はげましのお便りありがとうございます。
リンクはご自由に!
お電話いただいた方も恐縮しなくて良いですよ^^;
お電話いただかなかったらBlogにも書かなかったでしょうし。結果オーライ?

さて。あとはご意見に関しまして・・・

文鳥飼いさん こんばんは。
まずはじめに・・・
みなさんが心配している点は、「小さな生き物だから」ってところなのだと思います。
これは、「人にとって1gの毒」はほんのちょっとですが、「小鳥にとって1gの毒」はものすごく大量だ!
という観点から来た発想と思われます。あとは単純に鳥が弱いってイメージからでしょうか。
そういった心配を否定し、パニックを予防する意味での「その分、飲む量が少ない」、「鳥が放射能に弱い!と聞いたことがない」との発言と解釈いただければと思います。

厳密に言えば、一般的な小型飼い鳥の飲水量は体重の10%なので、人よりも倍くらい多い程度です(代謝率とは相関しません)。
体重の10%は50kgの人であれば5㍑ってところです。
では、成人で大量飲水をすると問題が起きるからしないように!との警告がされているかと言えば、現状ではされていません。
というのも、今回話題となっている放射性ヨウ素131は、細胞分裂が活発な“成長期”の甲状腺に集まって悪さをする可能性があるからです。
これは、「成長期の甲状腺はヨウ素の取り込みが多くなる」ということと、
「放射線の一般的な特性として分裂が活発な細胞に悪さをしやすい」ってところから来ているものと解釈しています。

それプラス、水道中の放射線の安全基準値はものすごく厳しいってことも併せて考えると、
鳥でも、雛以外はあまり気にしすぎる必要は無いだろうというのが現状の考えです。

もちろん詳細な実験が飼鳥でなされているわけではありませんから、今ある情報からの私なりの判断です。
何か追加情報がありましたらまた教えてくださいね。

あと、小鳥さんによくみられる甲状腺腫なんですが、
これは主に『ヨウ素が不足』して、甲状腺にがんばれ!って命令を出すホルモンが増え過ぎてしまうことで起きる病気なので、
今回の件とは、また別の問題と捉えてもらった方がいいと思います。
(甲状腺「腫」という名前ですが「腫瘍」ではありません)

とはいえ、細かいこと言ってしまうと、ヨードが欠乏している状態にあればヨウ素を取り込みやすくなっていますから
普段からヨウ素不足の鳥さんに長期に放射性ヨウ素を多く含んだ飲料水を与えるのは問題があるかもしれません。

と言うと、今度は慌ててヨードチンキを飲ませる方が出てきますが、
普通のヨウ素も過剰に与えると、甲状腺を悪くします!

というわけで、普段からボレー粉をあげたり、ヨウ素入りビタミン剤を適切量使用したり、ペレットを使用することが重要なのだと思います。
Unknown (文鳥飼い)
2011-03-25 05:30:59
お忙しいなか、丁寧な説明、ありがとうございます!
これで、ある程度安心して友人たちにも説明することができます。
また、勉強させてください。
重ね重ねありがとうございました。
娘が鳥用に500mlペットボトル買って来てました(^^; (三浦)
2011-03-25 11:49:43
お水に関しての記事ありがとうございましたm(__)m。
外で生きている、雨水も飲んでいるだろうスズメが3月22日の雨の後も元気そうに見えたし、気にもしてなかったです(///∇///)。

先生の記事とコメントで改めて安心♪

でも、ウチのインコ、放射能の事なんて知らないし。
気にして飲む人間より、考えてないインコ達の方が。
同じ水道水、美味しく飲めそうですよね(^^;。

普段から水道水しか飲まない三浦でした。
初めまして (セキセイインコ)
2011-03-26 03:00:37
放射能で不安に思っていたところだったので、情報大変助かります。

有難うございました。

一つ気になる事があるのですが、
ネットでお水について検索をかけると、「インコにミネラルウォーターを与えると、結石の様な物が出来るので良くない」と言うレスをよく見かけます。


私は、水道の放射能騒ぎがあってから一応ミネラルウォーターを与えているのですが、この情報をあまりによく見掛けるので少し不安に感じてます。


ミネラルウォーターは硬水・軟水問わず問題ないと、先生のブログに記載があったので大丈夫なんだと思いつつ、一応質問させて頂きました。

重複した質問をしてしまい、申し訳ありません。
こんにちは (小嶋篤史)
2011-03-26 12:28:10
三浦さん
たしかに今の放射線物質量だと、不安の方が健康被害がはるかに大きいでしょうね^^;
政府公報や専門家の意見に注意しつつも、無用に心配しすぎないことが大切でしょうね。

セキセイインコさん
回答は別記しましたのでそちらを参照くださいませ。
貴重な情報をありがとうございます (ぷぷねね)
2011-03-26 16:49:55
貴重な情報をありがとうございます
私も先生の記事をブログにアップさせていただきました

一人でも多くの飼い主さんが安心されることを願っています

これからもこまめに情報をチェックさせていただきます

先生もスタッフの皆様も大変かと思いますが
どうぞご自愛下さいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オイラの飲み水はどうするのだ? (末っ子猫のひとりごと)
ども、そるおっちゃんです。今日も朝からユラユラしてたな。  寝起きのブサ顔。