goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

オイルポンプのオーバーホール(HX90)

2016年10月14日 | オートバイ

再メッキから戻ってきた駆動シャフトを組み込むわけだが、まずは「栓」をしかるべきポジションに固定しなければならない。


何度も行ってきた作業手順なんだけど・・・


駆動シャフトの内部を洗浄して脱脂する。


「栓」を、しかるべきポジションまで押し込む。


接着剤で「栓」を固定する。







コストはかかったけど、駆動シャフトを再メッキしたのは、大正解だったかもしれない。


気持ちよく作業ができるし、なんと言っても苦労して研磨する必要がなくなったから。


と言うのも、一生懸命研磨しても、錆びた部分が元に戻るわけではないからね。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もHS1青3で買出しへ! | トップ | オイルポンプのオーバーホー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む