goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

実用的に使えないとダメだと思う。

2016年11月05日 | オートバイ

今日はエンジンかかるかなぁ・・・ではダメだと思う!


ある程度のコツが必要な程度だったら許容範囲かもしれないけど。(僕的にはアウトだけどね)







ちょっち買い物に行こうと思っても、気構えなくても走り出せて帰ってこられるべきだ。







先日、HS1(カミサン)とHX90(僕)で、小鹿野町のライディングレッスンに参加した。


参加車の中で一番旧いのが、HS1で次がHX90。


三番目とは20年以上の隔たりがあったのも事実。


でも、低速走行を続けても文句も言わず、急制動でも普通に止まれる。


もちろん、後を走る参加者さんには、多少ケムイ思いはさせたと思うけど・・・(多少ね)





言いたいことは・・・


キチンと整備すれば大丈夫だということ!





確かにHS1は、1969年くらいのモデルだけど、1969年って人類が月を往復できる年代だよ!


しかも、ヤマハさんが一生懸命に設計して世に出した車両なんだから!


整備を怠れば、最新モデルでの不調になるだろう。


言い換えれば、キチンと整備してやれば、40年程度の差は問題にならないということ。





なんで、こんなことを書いたかと言うと、最近立て続けに問合せをいただいたから。


みなさん、腫れ物に触るようなイメージをお持ちのよう?


せめて2~30キロ程度を無事に走れたら満足みたい。


いや、もっと元気に走らせてあげましょう!


確かに部品の入手は困難だけど、普通に走らせていれば壊れません!


って言うか、普通に走らせて壊れないように仕上げましょう!





オイルを切らしたら壊れます!


1969年の空冷エンジンだけでなく、1990年の水冷エンジンでも壊れます!


ワイヤーに注油しなければ操作は渋くなります!


最新モデルでも同じです!


もちろん加工精度や材質の差で、耐久性に差が出ることは事実です。


でも、無理(無茶)な走りをしなければ、普通に乗れるような耐久性はあるはずです。





「旧いオートバイは壊れるから」   < これは間違い!


「整備してないオートバイは壊れるから」   < これが正解!





ちょっち偉そうなことを書いたけど、誤解している方が多いようなので・・・




ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のGR80白1(11月05日) | トップ | 業務連絡(11月6日の営業) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (naoi-HS90)
2016-11-06 06:13:36
一時期三ヶ月ほどHS90を放置してました。ある日、走らせようと思ったらクラッチが張り付き大変な思いをしました。荒療治でクラッチ張り付きを直して(軽い衝撃と共に治った)以来、置く時はクラッチレバーをグリップと紐で結んで切れている状態にしています。やはり機械モノは使ってあげないといけませんのでバンバン乗るようにしています。お陰でゴキゲンもよくしています。ただ雨が予想される日には乗らないようにしています。また水を使った洗車はしません。ウエスで拭くだけです。

そういえばgoroさんのHS-1のクラッチとスロットルは驚くほど軽いのには参りました。
Unknown (三日月)
2016-11-06 06:48:35
goroさんの仰る通りですね。
整備された物は一日300㎞走行でも全く問題を感じません。ただ最初は不安があったのも事実です。これは乗って整備を繰り返すなかで払拭されました。
現に乗っている私たちが元気に走る姿を見せ、発信する事で、まだ乗ったことのない方に訴える事ができる様な気がします。
オートバイは走らないと! (goro)
2016-11-06 14:28:08
偉そうなこと書いてしまい、すみませんでした。
でも・・・
基本は「走ること」
その次は「元気に走ること」
そして「走り続けられること」
ですね。(また偉そうに書いてますが)
元気に走り回っているところを、発信するは重要ですね。

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事