goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

今日のRD125丸タンク青2(4月21日)

2017年04月21日 | オートバイ

どうしても確認しておきたいことがあった。







インナーチューブは、再メッキする方向で見積を作成しているんだけど、錆びの状態が・・・


あまり深い錆だと再生できない可能性もある。


分解する前、オイルシールのすぐ上の部分が錆びていることはわかっていた。


でも・・・







これって錆ではない気がする?


通常の使用状況で、この方向の傷は付かないだろう。


なんとなくプライヤー等でくわえて回した跡にも思える?


でも、インナーチューブを抜かないとアクセス困難な箇所だろう。


まぁ、アウターチューブに傷つけちゃうヤツが、偉そうなこと言えないけど・・・


問題は再メッキで処理出来る深さかどうか?







内部パーツは、クリップ以外、再利用に問題はなさそうだ。


もちろんオイルシールとダストカバーは交換するけどね。





んで、フレームやエンジンを流用する車体を探すついでに、インナーチューブを倉庫から全部持ってきた。







あいや!


こんなに集まっちゃった!


もちろん半分以上は再メッキが必要な状態だけどね。


結論から言っちゃうと、使えそうなRD125用のインナーチューブはなかった。


こうなると、準備している車体のを使うしかなさそうだなぁ







YA0010
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 業務連絡(今週末の営業に関... | トップ | 削れたドライブギア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む