goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

AS1エンジン、始動したけど・・・(解明編)

2015年07月06日 | オートバイ



とにかくエンジンを始動させたかったので、リア周りがない状態での作業開始!


結論から言うと・・・


エンジンは始動した。


まぁ、コンタクトブレーカーに関しては気になることばかりだったけど、火花も出てたので始動することはわかっていた。


でも・・・アイドリングが安定しない?


アイドリングアジャストボルトを調整すれば、アイドリングはするようになった。


でも・・・とにかく排気音が梅雨時?


湿った排気音がすっごく嫌だ!


スロットルの反応もよろしくない?





納得できるレベルではないので、とにかく点火系の再確認を行うことにした。




まずは、正常な接点ギャップと点火時期に調整しないとダメだな。


と言うのも、点火時期はちょっち強引だけど、合わせることはできた。


接点ギャップで強引に合わせた感じなんだけどね。


とにかく左右のコンタクトブレーカーの調整値に違いがありすぎる。


接点の磨耗状態にもバラつきはあると思うけど、そんなに生易しいレベルではない。


うまく説明できないんだが、右側コンタクトブレーカーの調整に問題がある感じだった。





実は、今回も自信喪失気味だった気がする。


毎回、偉そうに点火時期を調整しているけど、自分的に基本的技術力が不足しているような・・・


いままで間違っていたんだろうか?  なんて感じ?





でも、自分のHS1で確認しても、調整方法に間違いがあるとは思えない。







AS1赤1でも再確認したけど、接点ギャップも点火時期も納得できる状態だった。





つ・ま・り


自分の調整方法に間違いはなかったと言うことだなぁ







予備の電装系を集めて交換しながら色々と確認を行う。


また、偉そうなことを言うようだけど・・・


基本的に「エンジニア」であり「チャンジニア」にはなりたくない。


とは言っても、結論を出さないと・・・





コーヒーを飲んで、冷静に状況を分析していく。


コンタクトブレーカーは左右で同じものだし、ベースプレートも間違っていない。


にもかかわらず、左右に調整が大きな差が出ているんだから・・・


まさか!


クランクエンドのテーパー部分が歪んでいるのか?


でも、簡単には歪まないと思うけどなぁ


まさか!


アーマチュアを外したとき、いつもの快音が響かなかったことを思い出した。


まさか!







あれ?







あれあれ?







あれあれあれ?


ウッドラフキーの溝が変形している?


そう言えば、キー溝の位置にマヂックでマーキングしてあるぞ!


これって、キー溝が変形しているので、挿入時に合わせられるように書いたんだろうか?







下手人はコレか?



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の下手人? | トップ | AS1エンジン、始動したけど・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事