goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

オイルポンプの駆動シャフト(再メッキ品)

2016年10月15日 | オートバイ




オイルポンプの駆動シャフトが、再メッキ処理できるようになりました。







後端から12ミリまでの範囲を、硬質クロムメッキ処理してあります。


個数をまとめないとメッキ処理を依頼できないので、常に在庫しているわけではありません。


今回は、3個を販売します。


販売価格は、8,000円(税別)で、内部の「栓」は抜いてある状態です。


お手持ちのオイルポンプをご自分で分解し、駆動シャフトを交換していただくことになります。


内部の「栓」は、現在お使いの駆動シャフトから抜き取ってご使用ください。


抜き取り作業に関してのアドバイスもさせていただきます。


「栓」を抜き取り、交換した旧い駆動シャフトは、モトプランニングまで返送ください。


つまり、上記は、旧い駆動シャフトを下取りさせていただく場合の金額となります。


受け取った旧い駆動シャフトは、モトプランニングにて下処理を行い、再メッキに出します。


「栓」を組み込んだ状態での販売も対応しますので、作業に不安をお持ちの方は事前に相談ください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイルポンプのオーバーホー... | トップ | 今日のAX125橙2 エンジン始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む