goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

今日のHS1青5(11月12日)

2017年11月12日 | オートバイ

報告書を書くためには、もう少し調べてみないと・・・


と、言うことで






整流器周りを確認すると、3Pコネクターからギボシ端子に変更されていた。


この3P端子のハウジングって、劣化して割れていることが多いので、交換したのかもね。







んで、整流器の良否を確認すると、抵抗値的に微妙な感じ?


数値的な問題ではなく、どこかで接触不良を起こしているような・・・


不良箇所が見つからなければ、リプロダクツ品に交換することも考えなければ。





シートを外したついでに、気になっていたリアショックを確認してみる。


なにが気になっていたと言うと・・・




左側ショックのカバーが鉄製だった。


HS1の標準リアショックは、樹脂製のカバーが使われている。


この子は、なぜか右側は純正で、左側は別車両の?


なんで気が付いたかというと、スイングアームの動きに違和感を感じたから。


シートに体重をかけてリアショックを縮めると、かなり戻りが遅い。


伸び側ダンパーが効きすぎているみたい?







取り外した左側ショックは、もんげー動作が渋い。


縮み側も伸び側も、ダンピングタップリ!


それと、長さが5ミリくらい長いのも気になる。


脱着にかなり苦労させられる。







あと・・・


リアホイールのベアリングにガタが出ている。


まぁ、これは交換すれば大丈夫だろう。







あと・・・


クラッチレリーズ部分のアジャストボルトが、出っ張りすぎているように思える。


これって、フリクションプレートが磨耗しているのかもしれない。


まぁ、クランクシールを交換するので、そのついでに確認するつもり。





本当は、もう少し走らせて見たいんだよね。


でも、ステムの動きがメチャクチャ硬いので、何とかしてからぢゃないと・・・







YH0015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のRD125角タンク赤2(11月12日)

2017年11月12日 | オートバイ

オーナーさんから、CDI化の可能性に関する問合せをいただいていたので、調査なんぞを・・・





アーマチュア等の部品は307部番なので、AX125と共通みたい?


そうなると、AX125用のCDIキットが使用できるはず。(ラインナップにあればだけど・・・)


問合せしてみないと!







AX125と共通と言うことは、HX90系の部品も使えることになる。


つまり・・・HS1からAX125だけでなく、RD125角タンクに至るまでCDI化できる可能性が出てきた!


こりゃぁ 早いところ検証する必要があるなぁ







YA0011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加