リトルフォールズ NEWSⅢ

ネコの店長ミーコ店長と見習い店員の二人で切り盛りする、パスタと自家焙煎珈琲の店。店内や周辺の出来事をお伝えする新聞です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クンシラン2017

2017年03月07日 | ミーコ店長

毎年この時季リトルフォールズでは、クンシランが見ごろを迎えているはずなのだが、今年は一鉢もない。ちょっとさびしい・・・

リトルフォールズ地方は、冬が長く花とは縁のない期間が数か月続く。

そのさびしい期間で最初に咲いてくれるのが、このクンシラン。毎年1月につぼみが出てきて2月になってから開花する。店のオッチャン(52)が約20年前、母から受け継いで育てているのものだ。

毎日のように降り続く雪にイライラしているオッチャンの心を癒してくれる上、雪の中お越しいただいたお客様を迎えてくれる大切な店のスタッフでもある。

そんなオッチャンの体に異変が起き始めたのが17~18年前。

毎年2月中旬から5月くらいまで、目のかゆみと鼻水に悩まされるようになったのだ。当時は症状がそれほどひどい訳でもなかったので、病院にも行かずひたすら我慢していた。

しかし5年ほど前、目のかゆみに耐え切れず目をこすりすぎて水ぶくれを作ってしまったため、眼科を受診した。医師の話によると、シラカバ花粉にしては早すぎるので、シラカバの仲間の「ハンノキ」ではないかとのこと。

すっかりハンノキだと信じ込んで、それから数年間我慢してきたが、ある時ふと、ハンノキだとしてもリトルフォールズ地方では早すぎではないか?と、思うようになった。

ではアレルゲンは何だろう?

発生時期が決まっているのだからハウスダストではないだろう。今まさに本州以南で飛び始めたスギ花粉でもないだろう。

う~ん。まさかのクンシラン花粉?

ということで、今年は試しにクンシランを預けることにした。

これでもし症状が出なければ、クンシラン花粉が原因ということになる。

いつもの年なら既に症状が出ている時期だが、3月7日現在、症状は出ていない・・・

やっぱりか・・・

もう少し様子を見なければ何とも言えないが、クンシランの可能性が大きくなってきた・・・

辛さを我慢して共に生きるべきか、お別れすべきか・・・

原因がほぼ判明して安心したが、複雑な気持ちのオッチャンであった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リトルフォールズ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミーコ店長」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。