一カトリック信者(ジュゼッペ)の日々想い

聖ヨゼフを愛する一カトリック信者の日々を綴ったブログです。

煉獄の霊魂のために

2016-10-18 07:33:47 | カトリック
魂が体を離れていくとき、それは死です。死は誰にでも平等に訪れます。しかし同じ期間をこの世で過ごすかというとそれは違います。死は突然訪れることもあります。これについては誰しもがご存知です。
しかし死のことを考えても死んだ後のことを考える人は少ないものです。
死後のことを考える。これは意外と盲点です。死後人間の行く場所は3つあります。まず聖性の状態を保ち罪の汚れがまったく無い霊魂は死んだ後天国へ行きます。そして大罪は無いが小罪があるままか、小罪は許されたけどまだ償うべき事柄がある人が死ぬとき煉獄へ行きます。大罪がある人は地獄です。
罪とはどんなものがあるかはここでは論じませんが、自分ではそれが小罪だと思ってても神様の目から見たらそれは大罪であることはよくあるそうです。そうならないためにも理性の光を強めて下さるように祈りが必要になります。
さて煉獄へ行く霊魂は、煉獄という場所で償いをはたさなければ天国へは行けません。人の罪の度合いによって期間がもうけられています。煉獄の苦しみは地獄の苦しみに匹敵すると言われますが、地獄は永遠に入る場所と比べて煉獄は期限付きとなっています。色々な文献を読むと4歳の子供が煉獄にいる事例もあるそうですが、分別と理性が備わってると意識を持って罪を犯すことが出来るようです。
さて煉獄の霊魂は確かに苦しみを受けて現在罪を償っています。この償いが終われば聖人となり必ず天国へ行けるのです。その意味では幸せなのです。私は自分の救霊や死を黙想するとき、煉獄さえ入れるのかいつも考えています。
しかし期限が決まれば、最長でもこの世の終わりまでという、いつになるか分からない期間の霊魂もいるそうです。一度天国へ入れば償いは必要無く、至福直下の幸せが永遠に続きます。そのため天国の霊魂は煉獄の霊魂のために償いを代わりにすることは出来ません。そこで私達の出番です。私達は自分の罪の償いと同時に代わって煉獄の霊魂のために償うことが出来ます。
例えば食後の祈りのあとに唱える「願わくは死せる信者の霊魂、 天主の御憐れみに依りて安らかに憩わん事を」はその一例です。
もしですよ!煉獄の霊魂があなたの祈りと犠牲によって天国に入ったならばその霊魂は絶対に絶対に恩を忘れることは無いでしょう。すると天国から必ず執り成しをしてくれると思います。
今月はロザリオの月、ご意向の中に煉獄の霊魂がはやく天国に行けるように、を付け加えてみてください。
よろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本カトリック教会のミサ | トップ | 聖ヨゼフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL