一カトリック信者(ジュゼッペ)の日々想い

聖ヨゼフを愛する一カトリック信者の日々を綴ったブログです。

祈りの人

2016-10-13 07:31:54 | カトリック
ロザリオの月も半分を経過しようとしています。ロザリオで思い出すことが私にはあります。
学生時代私は新しくなった調布のサレジオ会を訪れたことがありました。
その時一人の老司祭が歩いていました。彼の出で立ちは、まさに真の司祭でした。私はすぐに釘付けになりました。話しかけることさえ憚りました。
私の小学の低学年からの夢は神父になることでした。母がいつも私を司祭になるようにすすめていたこともあったのでしょう。小学校の文集では、毎年必ず将来の夢については「司祭になりたい」事を書いていました。実際は私には召命はありませんでしたが、その時まさにそのような司祭になりたい人物が私の前を歩いていたのです。
私は神父様の後をついていって観察をしました。彼の手には古い木のロザリオを持っておられます。祈られていたのです。その人はまさに祈りの人でした。神父様は部屋に戻られました。
そしてサレジオ会の志願生の一人と司祭館に入りその司祭のもとに案内してくれました。志願生が言うには、神父様はいつも祈っているので誰も話しかけないし、部屋に行くことが出来ないと言いました。それでも私は会いたくなりました。
そして部屋をノックすると、少し間を置いて「どうぞ」と聞こえました。中に入ると案の定ロザリオの途中でした。私は何を話していいか分からず、年を聞きました。耳の聞こえが悪いと言うことで少し大きな声で会話をしました。私が「神父様はとても長生きですね!」というと神父様は片手でロザリオを見せて「もっともっと長生きしたいです!そうすれば神様のことたくさんたくさん考えられるし祈りもたくさんたくさんできるからです!」となまった日本語で返されました。彼の名前はダルクマン神父です。当時彼はサレジオ会員の告解師で私はここにいれば毎日告解が出来るのかとそれはそれは素晴らしく羨ましく思いました。
そして列福されたばかりのピオ神父の御絵を祝別して頂いて名残惜しく部屋を出ました。
 祈りは、カトリック信者の中心です。祈らない人は高慢な人だとある神父様が仰っていました。なぜならば自分の弱さ、非力さを知ってるからこそ祈れるからです。自分で解決できると思う間は祈りすら忘れてしまいます。祈る必要を感じないこともあるのでしょう。お願いだけが祈りではありません。色々な形があります。自分のために、誰かのために、感謝の祈り。このように祈りが生活の一部となれば祈らないことは無いのでしょう。祈りは特別なことではないからです。ダルクマン神父様のように、祈りはご飯を食べたり寝たりと同じように本当に生活の一部でなければいけないと思いました。それももっとも大切な生活の一部です。
ですから聖パウロの言葉のように『常に感謝して、常に祈りなさい』を実行しなければいけません。
私達の体は祈りのためにあると言っても過言ではありません。
しかし直接私達の祈りは創造主に届くのでしょうか。おそらくそれは難しいので、聖母を通して祈るようにしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈ってください | トップ | 悪魔的な方向感覚喪失 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい神父様 (マリア・グラツィア)
2016-10-13 21:58:16
ジョゼッぺさま

昨日は優しいお返事をありがとうございました。信仰に於いて挫けそうなとき、聖マタイの聖福音10章28節を思い出そうと思います。

私はダルクマン神父様というお名前を初めて知ったものですが、そのような祈りの人でおられたという老司祭様のお気持ちを想像してみました。神父様はこの世界からロザリオの祈りと本当のカトリック信仰がなくなってしまわないようにマリア様にお願いされていたのかもしれませんね。聖なる司祭職を奉職中に突然 美しかったミサが勝手に変えられてしまい、辛かったのかもしれません。周りの若い人に大切なことを伝えたくても理解されなく、ただ黙って祈るようになられたのかもしれません。。勝手な想像をお許しください。

ジョゼッぺさんの今日の最後の「しかし 直接私たちの祈りは創造主に届くのでしょうか。おそらくそれは難しいので、聖母を通して祈るようにしましょう。」は、印象的です。なぜなら、シスタールシアも、私たちの祈りは聖母を通して捧げられるようイエズス様が望まれていると伝えているそうだから。正確には 「聖母マリアの汚れなき御心への信心を通して、イエズスの聖心の限りなき愛、私たち罪人に対する限りない憐みをお示しになられることを、神御自身が選ばれた」と。最近またファチマのことを読む機会がありました。

今日はファチマで太陽の大奇跡があってから99回目の10月13日です。私達の誰一人もシスタールシアを通して伝えることを信じない者がないようにと、神御自身が起こされた奇跡だったのかなと思います。

ジョゼッぺさんと ご家族の皆様のこと いつもめでたしの祈りの中でお祈りしていますね。お子さんに召命がありますなら、どうか伝統的なカトリック信仰を守る司祭あるいは修道女になられますように どうぞ主のみ旨のままに、とお祈りしています。

私のためにもおねがいできますならば、私の家族が洗礼の恵みをいただけますよう、お祈りをお願いいたします。

マリア・グラツィア  
その通りですね (ジュゼッペ)
2016-10-14 07:43:32
昔は素晴らしい神父様がたくさんおられました。私達を世間ではなくまず神様に目を向けさせて下さいました。
一に神様、二にマリア様、三に祈り、でした。80代の神父様が御聖体に向かって固く冷たい床の上に跪いて祈る姿勢は私を感動させました。
最近はその姿も見ることも少なくなりましたし、私達は神様から次第に人間愛に向けられているかのようです。結果傲慢になっていき、神様と人間に対する愛が同じになっていっている感じがします。祈る必要性も無くなっていくようになりますね。
まさにこれこそが悪魔の狙いです。カトリック信者から祈りさえ奪えれば彼らの力はますます強くなります。
大天使聖ミカエル我らのために祈りたまえ!

またの書き込み大変嬉しく思います。インターネットは有効にうまく使えば大変に大きなお恵みを得られるものだと感動しています。ご家族はあなたの姿勢を見て必ず導かれることでしょう。とにかく祈ることです。そして私も非力ですがお祈りします!大丈夫です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL