一カトリック信者(ジュゼッペ)の日々想い

聖ヨゼフを愛する一カトリック信者の日々を綴ったブログです。

キリストは王である

2016-10-31 07:28:31 | カトリック
聖なるカトリック教会は、今月をロザリオの月だと定めています。そして今日はその最終日です。だからといって今月でロザリオの黙想が終わる事は無く、毎日日々の祈りでロザリオを唱えることを推奨しています。今月は皆様にお恵みはありましたか?たとえ感じなかったとしてもロザリオを唱える人には必ずお恵みがあります。死後にそのお恵みが明らかになることもあります。ですから続けてお祈りをよろしくお願い致します。
さて、明日からは死者の月に突入します。その初日の明日は諸聖人の大祝日になります。そして2日は煉獄の霊魂の日です。ますます明日からは死について黙想する機会が与えられることでしょう。
以前は、この死者の月に突入する前に王たるキリストの祝日をお祝いしておりました。その趣旨はキリストは死後だけではなく、今もいつも王であることを私たちに思い出させるためでした。ですから王たるキリストの祝日の後に死者の月が来ることは、それはそれで大きな意味をもっていました。現在は典礼歴最後(死者の月の11月)の主日に改定されており、この世の王であることの認識を希薄にさせるということで、当時伝統的な神学者たちは猛反発しました。
気をつけなくてはならないのは、人間が誕生する前から、全知全能の主そして聖三位一体の主であるからして、王であることは間違い無いのです。
キリストは暴君ではありません。王の中の王です。王でありながら私たちのために命を懸けて下さいました。王なのに私たちを兄弟や友人と、扱って下さいました。愛と正義の王です。私たちを助けるためにあらゆる事に手を尽くして下さいました。
その王様に私たちは忠誠を誓っていますか?王様のために戦っていますか?王様を悲しませていませんか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪魔の存在 | トップ | ご連絡 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
死を黙想する (真実)
2016-10-31 19:58:57
死者の月になりますね。
世の中は悪魔的なお祭りで大騒ぎですが、昔の神父様曰くの「良き信者」は世の中に流されることなく日々、信仰を守っていかなくては…ですね。

明日死んでも困らないように、信仰を守って生きていきたいものです。
ジョゼッペさんのブログは忘れていたことを思い出させてくれて懐かしくなります。
Re:死を黙想する (ジュゼッペ)
2016-11-01 08:18:37
またの書き込みありがとうございます。寒暖さも激しくなりいよいよ冬に入ろうとしていますね。ご自愛くださいね!
確かに、世間は悪魔のお祝いをしていました。起源も内容もよく分からず楽しいからという理由で知らず知らず神様のお喜びにならない事をしていると思います。
待降節もそうですね。本来は節制と禁欲の時期なのですが、世間では商業的に盛り上げています。これに知らず知らずカトリック信者が巻き込まれています。
このような悪魔的方向感覚の喪失はあちらこちらで見られるわけですが、あなたのような信者さんを見ると神様の力も働いている事を確信したりもします。恩寵が無ければ信仰を保つことは不可能です。
引き続きお祈りしましょう。ロザリオで戦いましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カトリック」カテゴリの最新記事