役割

2017-05-18 10:58:24 | 戯言
うちの夫は、彼の年代としては家事をする方だと思うけれど、
それでもやっぱり家事は女の仕事と思っているのは間違いない。
ほぼ専業主婦の私だから仕方ないのかもしれない。

でも、定年を過ぎて休みも増えた。
たとえ少額でも、私の得る収入が家計に貢献する部分は大きい。
夫が休みでゴロゴロしている日に、仕事から帰った私が大急ぎでご飯の支度をすることが続いたりすると、
やっぱりどうなんだろう?と思う。
イライラすることが多い。

水曜日の夜は、第九の練習に行く。
水曜日は夫は休みである
それで宣言してみた。
「水曜日は晩ご飯作ってね!」
夫のことだから、腕によりをかけて何か作ってくれるんじゃないかと期待した。
ところが、夫が作ってくれるのは、冷蔵庫の中の残り物を使ったささやかなおかず。
食事の支度っていうのは、献立を考えて、買い物に行くところから始まるのじゃないのか?
私の帰りは9時過ぎるので、先に食べているものかと思いきや、自分も食べずに待っている。
それが思いやりのつもりか?
一人で食べるのが面倒なだけじゃないのか?
確かに休みだから、夕方おやつを食べる。
だから、晩ご飯が遅くなるのは何も問題じゃないのだろう。
おかずは作っておいてくれても、帰った私にあたためろと言う。
なんだかなあ、なのである。
冷蔵庫の中身も適切なものを適切に使ってくれない。
一言言いたくなるのをぐっと我慢する。

贅沢を言っているのは百も承知である。
ただの私のものぐさな性格が言わせることである。
本当は、音訳を始めたことにも、第九に行くことにも、
何も文句を言わない夫のことをありがたいと思っている。
それでもやっぱり納得いかないものを感じてしまう。

大体男の人っていうものは呑気だと思う。
妻はいつまでたっても自分のことを愛していると思っているのではないか?
世間で話題の熟年離婚も、妻の浮気も、自分には関係ないと思っているんじゃないか?
まあ確かに、その辺りのことに関してあまり神経質なのもいただけないが。
先日もテレビで、退職金のすべてを趣味につぎ込んだ夫について、
奥さまが、「ずっと家にいられるよりいい」と言うのを聞いて、大爆笑した夫。
私の思いと大して変わらないのに。
(さすがに退職金をすべてつぎ込まれたら怒ると思うが)
ちょっと迷ったけれど、
「そこで笑っていいのかな?」って突っ込んでしまった。

ここに書いたのは、すべて私の勝手な言い分。
わかっているけど、溜め込んで爆発することがないように、書いてみた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異邦人 | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

戯言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。