光に還る

2016-10-31 10:20:28 | 日記
キツネ太ちゃんが光に還った。

昨日の朝、自転車で仕事に出かけようとすると、家から100メートルほど離れた歩道で、
猫が死んでいるのを見つける。
我が家によく遊びに来ていたキツネちゃん。

マダラちゃんと、オスとメスの2匹のキツネちゃん。
3匹は仲良しで、よく一緒にご飯をねだりにきた。
2匹のキツネちゃんはそっくりで、なかなか見分けがつかない。
最近、我が家の周りで、キツネちゃんと同じ柄の猫は見かけない。
死んでいる猫は、キツネ太ちゃんか、キツネ子ちゃんのどちらかに違いない。

頭の下に血だまりができていて、少しだけ体の毛がもげている。
車にぶつかったのだろうけど、どうしてこんな歩道で。
どうしたらいいかわからなくて、一度家に帰り、
休みで起きだしてきていた娘に伝える。

「そっとしておいてあげるしかないのかなあ?」
「埋めてあげられないの?」
「だったら、火葬場に連れて行く方が…」。
簡単にそんな話をして、とにかく仕事に行く。
小一時間ほどして帰ってくると、死骸があった場所には何もない。
夫が何とかしてくれたのだろうかと思って帰ると、
やはり、家の庭に段ボールに入れてタオルがかけられていた。
玄関先には、いつものようにマダラちゃんが座っている。
マダラちゃんには、わかっているのだろうか?
仲良しのキツネちゃんが死んでしまったこと。

映画にもなった漫画の『猫なんかよんでもこない。』の、クロが死んだときのシーンが蘇る。
クロが死んだ朝、兄弟猫のチンさんは、クロの匂いをちょっとかいでそっぽを向いて行ってしまう。
作者である飼い主は、それを見てクロがもうモノになってしまったと感じるのだ。

庭に咲き残っていた花を少し摘んで小さな花束を作った。
リボンも結んだ。
それを箱の中に入れて、夫と娘と3人で火葬場に行った。
9年前にチビコを連れて行ったのと同じ場所。
線香をあげてお別れをする。

死んでいたのが、キツネ太ちゃんなのかキツネ子ちゃんなのか確認はできなかった。
オスかメスかなので、しようと思えばできたのかもしれないが、
ちょっと見ただけではよくわからなかった。
でも、私たち3人ともキツネ太ちゃんのような気がした。
多分、車にぶつかった後で、歩道まで歩いてきたんだろうと夫が言う。

マダラちゃんは、ほぼ毎日やってくるが、あとの2匹はそうでもなかった。
その2日前に、私はキツネ太ちゃんを抱っこした。
嫌がってジタバタしたので、すぐに放してあげた。

連れてくることに迷ってしまった私だったけれど、
多分迷わずに、連れてきてくれた夫に感謝した。

飼い猫のクーちゃんと目が合う。
クーちゃんもかつて車と接触した。
あの時に、生き残ってくれて本当に良かったと、改めて感じた。

もしかしたら、死んでいたのは別の猫で、
そのうちにキツネ太ちゃんが、ふらりと顔を出してくれたら…、と少し思う。

夜になって、フェイスブックの越智さんの投稿の中に、
「○○さんが光に還りました」という言葉を見つける。
そうだ。死んだんじゃなくて、光に還ったんだ。
あちらの世界で、しばらく他の仲間たちと楽しく遊んだら、
また私たちを癒すために生まれ変わってきてくれることと思う。

ありがとう。さよなら。そして、またね!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追体験 | トップ | 今日の言葉(10月) »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。