私塾

国家資格に挑戦中の私。日々、迷いや物忘れとの闘い…。
そんな自分の健忘録とまとめのノートを兼ねてます。

非典型担保(譲渡担保)

2017-06-15 11:52:14 | 民法
非典型担保
☆予め所有権を移転
 【譲渡担保】債権存続(消費貸借上)
 【買戻し債権存続しない(消費貸借上)
 【再売買の予約】債権存続しない(消費貸借上)
☆弁済なき場合所有権移転
 【仮登記担保】
☆所有権を売主に留保
 【所有権留保】
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Keywords  設定/実行
☆譲渡担保権者メリット
  競売手続不要なので優先弁済時の換価手続が容易
☆譲渡担保設定者メリット
  清算金支払いまで引渡さず留置OK
  実行完了までに弁済して受戻しOK
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
設定者(担保提供者)→『所有権の移動』→債権者(譲渡担保権者)
 ↑弁済あり担保提供者に所有権移動 *「所有権or財産権」を債務者に返還
 ↑弁済なし…そのまま債権者に所有権存続
・「所有権or財産権」を債権者に譲渡(債権は存続)
  ※『物』自体は債権者に引渡さず担保化(▲動産質権は引渡しが必要)
  ※「財産権」ゴルフ会員権、営業権など譲渡可能なもの
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
目的物件『不法占有者/侵奪者』に対して
   設定者:返還請求権あり
譲渡担保権者:返還請求権あり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
集合動産譲渡担保 『Keywords通常の営業の範囲内
 ・『通常の営業の範囲内』で譲渡担保目的動産の処分権限付与
 (↑権限内処分の相手方は譲渡担保の拘束を受けず確定的に所有権取得
集合債権譲渡担保契約
 ・第3者対抗要件:指名債権譲渡の対応要件
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
根担保:『OK』
継続的取引から生じる債務の一切を担保する方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
譲渡担保権者の債権者
 ①弁済期到来後
 ②目的不動産『差押え』
 ③その旨の『登記』(←この段階で換価処分を受認している)
設定者=受戻権行使による所有権回復を主張できない
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
・目的物の範囲が特定されている
  ※種類、所在場所、量的範囲を指定する
  ※設定時に現存していない物でもいい《将来取得債権など》
   債権と認識できる程度に特定されていれば良い
     【→発生原因、債権額、期間の始終など】

________________
《設定》
登記の目的 所有権移転
原因日付 年月日譲渡担保
権利者  譲渡担保権者(債権者)
義務者  譲渡担保設定者(債務者)
添付情報 原/識/印/住/代
登録免許税 20/1000 (不動産価額)
________________
《実行》
登記の目的 所有権移転/○番所有権抹消
原因日付 年月日 譲渡担保契約解除
権利者  譲渡担保設定者(債務者)
義務者  譲渡担保権者(債権者)
      《移》       《抹》
添付情報  原/識/印/住/代  原/識/印/承/代
登録免許税 20/1000        金1,000円

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
類似words
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017-05-01
(2回目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【質権】 | トップ | 鉛筆1本の力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。