私塾

国家資格に挑戦中の私。日々、迷いや物忘れとの闘い…。
そんな自分の健忘録とまとめのノートを兼ねてます。

契約(各論)組合

2017-05-19 17:01:12 | 民法
契約(各論)組合
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Keywords
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*総則
【組合(667)】
 *原則:有償、双務、諾成契約
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[効力発生要件]
・各当事者が①、②を約する
 ①出資する/②共同の事業を営む
・出資は金銭・現物に限らず、財産権、労務OK
・組合契約(=合同行為)
 →同時履行の抗弁権危険負担、解除の契約総則の規定
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・社団法人と組合との比較
      社団   /   組合
  団体性:強  /性格/ 団体性:弱
個人の個性:薄い     個人の個性:顕著
 公益ではない  /目的/ 共同の事業
   定款   /内部規則/ 組合契約
 機関が執行 /業務執行方法/委任された者が執行
  社団   /財産の帰属/全構成員に合有的に帰属
  社団   /財務の帰属/直接無限の分割責任
 総社員半数以上 /解散/ 各組合員の請求
議決権の2/3以上   (やむを得ない事由なら)

・組合財産の共有(合有)(668)→共有の規定が準用(249)
 各組合員は潜在的持分を有する 
 《通常の共有に対する特則》
*組合財産に対する持分を各組合員は処分NG
*組合存続中は組合財産の分割請求NG
*組合の債務者は組合員個人に対する債権で相殺NG
*組合債務について個人的責任を負う
*脱退時に持分の払戻請求権を有する

・金銭出資不履行責任(669)
 組合員が出資を怠った =利息+損害賠償

・業務執行の方法(670)
 業務執行→組合員の過半数で決する
 組合契約で業務執行の委任があり(→業務執行者の過半数)
 組合員が異議を述べた業務については単独で行えない

・組合の業務執行
     組合の業務執行  /  組合の常務
 組合員の過半数 /業務執行者選任なし/原則:組合員が単独でできる
業務執行者の過半数/業務執行者選任あり/原則:各業務執行者が
                       単独でできる
*対外的業務も代理権あり
*業務執行者の代理権制限でも善意無過失の第3者に対抗不可

委任規定の準用(671)

・業務執行組合員の辞任解任(672)
 組合契約で業務の執行を委任=正当事由がなければ辞任不可
 正当事由がある場合=他の組合員の一致によって解任OK

・業務執行の権利を有しないときでも業務組合財産の状況検査OK(673)

・損益配分の割合(674)
 損益配分の割合を定めなかった=割合は各組合員の出資の価額
 利益or損失で分配の割合を定めた=割合は利益損失共通と推定
*無効:特定組合員が利益を受けない旨を定める

・組合員と組合債務の関係(675)
 個人財産を引当とする個人的責任を負う =責任は分割、無限責任
 組合債権者:
 組合財産に全額強制執行or各組合員に割合に応じて個別に強制執行OK

・組合員持分処分、組合財産の分割(676)
 組合財産に対する持分の処分
  組合員:組合及び取引した第3者に対抗できない
      清算前に組合財産分割請求不可(組合員全員の合意があればOK)
 *組合員に対する債権者:組合財産上の持分差押えNG

・組合債務者:債務と組合員に対する債権と相殺NG(677)
 組合財産は個人財産とは異なる=相殺NG
 組合債権者に対して有する自己の債権を自働債権としてなら相殺OK

・脱退(678)
 存続期間を定めなかった/終身存続組合のとき
 =いつでも脱退OK(▲組合に不利な時期に脱退NG)
 存続期間あり=やむを得ない事由があるとき脱退OK

・非任意脱退(679)
 死亡/破産手続開始決定/後見開始審判/除名

・組合員除名(680)
①正当事由がある場合
②他の組合員の一致
③除名組合員にその旨の通知をする(→当組合員への対抗要件)

・脱退組合員持分払戻し(681)
 脱退組合員と他の組合員との割合計算:
    脱退時の組合財産の状況に応じてする
 脱退組合員持分:出資の種類を問わず、金銭で払い戻す
 脱退時までに完了していないこと:完了後に計算する

・組合解散事由(682)
 目的事業の成功or不能で解散

・解散請求(683)
 やむを得ない事由があるとき、各組合員は組合の解散請求OK

・組合契約解除の効力(684)=賃貸借解除の効力規定準用

・組合の清算/清算人選任(685)
組合が解散→総組合員が共同or選任した清算人が清算をする

・清算人業務執行方法(686)=(670)規定準用
・清算人辞任解任方法(687)=(672)規定準用

・清算人職務内容(688)
 ①現務の結了
 ②債権取立、債務弁済  ←これらの職務に必要な一切の行為
 ③残余財産の引渡
*残余財産は各組合員の出資の価額に応じて分割 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
類似words
同時履行の抗弁権危険負担/解除/
共有/委任賃貸借
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(1回目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 契約(各論)寄託 | トップ | 契約(各論)和解 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。