私塾

国家資格に挑戦中の私。日々、迷いや物忘れとの闘い…。
そんな自分の健忘録とまとめのノートを兼ねてます。

抹消登記

2017-06-30 18:17:29 | 不動産登記法
抹消登記
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[メモ]
*必ず利害関係人の『承諾』が必要!
*《判例:多い》
*所有権移転登記ない場合:
 単独抹消登記申請『OK』
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
①登記原因が初めから不成立
②解除、無効、取消
  『不一致
実体]と[登記事項
《登録免許税》
 1,000円/件
 Over 20個⇒2万円

・原因「錯誤」*原因日付記載『不要
 年月日「原因」(解除/合意解除/取消)
 登記権利者:前所有者
 登記義務者:現在所有者

・所有権移転登記《共同申請
 原因:「相続」登記でも共同申請
 権利者:被相続人[!!注意!!]
 義務者:相続登記の登記名義人
 (相続人が実際申請)
 共有時:保存行為として共同申請

・移転登記抹消
《利害関係人》
 抵当権、地上権等の設定登記を受けたもの
 1号、2号仮登記を受けたもの
 (仮)差押え、処分禁止の仮処分の登記を受けたもの
《根抵当権、増額変更登記》=新たな根抵当権設定と同視 
 登記上利害関係を有する第3者の『承諾必須
《債権者代位の共有名義で相続申請》
 その後、当該相続登記を抹消→代位者は利害関係人に『該当

・《先例》
*売主死亡『後』→『相続人』と『買主』で『合意解除』
  =売買登記抹消申請『OK』
*競落人/判決等、裁判所関連登記は任意抹消NG
*甲乙両名共同相続不動産→乙単独所有権移転登記
 乙→丙(第3取得者) 所有権移転
 →持分についてのみ更正登記手続請求『OK』
*所有者(甲)死亡→乙/丙相続登記未了→乙死亡→丁/戊相続
 ⇒「年月日乙相続、年月日相続」甲→丁所有権移転登記
 丙から自己を相続人に含める『更正登記』請求『NG』
 丁名義でなされた相続登記の抹消請求!!
*所有権移転登記ない場合:
 単独抹消登記申請『OK』

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
類似words
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(1回目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先取特権 | トップ | 【(根)抵当権の処分】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。