私塾

国家資格に挑戦中の私。日々、迷いや物忘れとの闘い…。
そんな自分の健忘録とまとめのノートを兼ねてます。

代理/復代理

2017-07-11 12:41:51 | 民法
代理/復代理
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
代理
 【要件】:
 ① 権限内の行為であること
 ② 本人のためにすることを示す
 ③ 意思表示
 【効果】:代理人の法律行為の効果が『本人』に帰属
 【瑕疵の基準】:
 原則:代理人!!!!
 例外:本人の指図に従って特定の法律行為=本人(善意無過失でも)

 <!言い回し注意!
行為能力者でも代理人『OK
双方代理
 原則:『NG
 例外:債務履行/本人の許諾『あり』(2パターンあり!)
*『代理人』→『相手方』に詐欺=本人に効果帰属
 (嘘つくような代理人を選んだ『本人』が悪い!!!)
   ちなみに…騙された相手方:(善悪問わず)取消し『OK』

① 権限内の行為
代理人:
自己 or 第3者の利益を図るため権限濫用/代理権行使
 原則:
 行為が代理人権限内に属している→『本人効果帰属
 例外:
 相手方「善意無過失」……本人効果帰属
 相手方「悪意有過失」……本人責任なし』(心裡留保(93)適用)

② 本人のためにすることを示す
【本人のためにすることを示していない(100但書)】
 原則:自己(代理人)のためにしたとみなす=本人に効果が及ばない
 例外:相手方知っていた知ることができた
   =本人に効果が帰属

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 *復代理人
  代理人権限内の行為を行わせるため「代理人の名において」選任
  だけど、あくまでも『本人の代理人』=代理人の代理権は消滅しない

 *任意代理人:本人の信任に基づくもの
  =「辞任」いつでもできる/「選任権」制限あり
 *法定代理人:本人の信任に基づくものでは『ない』
  =「辞任」容易でない/「選任権」制限なし

《復代理人選任》
 委任による代理人
  =「本人の許諾を得た」/「やむを得ない事由がある」時のみ
  *選任/監督について本人に対して責任を負う

 法定代理人
  =自己の責任で復代理人選任(無過失責任の理由)
  *やむを得ない事由がある時のみ「選任/監督」について責任を負う
   ▲本人の指名に従って選任した時は除く
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
類似words
表見代理
無権代理
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(H29模試)
2017-06-12
(2回目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 表見代理 | トップ | 専任取引士設置/標識 etc... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。