私塾

国家資格に挑戦中の私。日々、迷いや物忘れとの闘い…。
そんな自分の健忘録とまとめのノートを兼ねてます。

監督処分

2017-07-23 12:27:36 | 宅建業
監督処分
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
[メモ]
*宅建業者監督処分
*取引士監督処分
*罰則
*両罰規定
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
・宅建業者監督処分
3パターン指示処分業務停止処分免許取消処分
公告される処分》業務停止処分/免許取消処分
公告されない処分》指示処分 <!!注意!!
□宅建業法違反
□宅建業法以外の法令違反
□宅建業者として不適切と認められる時

国土交通大臣:
 □指導、助言、勧告行える!!(すべての宅建業者に対して)
 □報告を受けることができる!!
国土交通大臣/都道府県知事:
 聴聞を行う!!(指示処分/業務停止処分/免許取消処分の時)

*都道府県知事による通知・報告義務
(宅建業者:国交大臣より免許を受けている時)
 指示処分/業務停止処分実施→『遅滞なく』国交大臣に『報告
(宅建業者:都道府県知事より免許を受けている時)
 指示処分/業務停止処分実施→『遅滞なく』国交大臣に『通知

《業務停止処分》
 *指示処分に従わない
 *守秘義務違反:50万円以下の罰金
 *事務所所在地を確知できないとき:
  免許権者:『官報公告』→『公告日〜30日経過』で『申出なし
  =免許取り消すことができる。
 *業務停止処分事由に該当→情状が特に『重い』=必要的免許取消処分
===========
・取引士監督処分
3パターン指示処分事務禁止処分登録削除処分

公告される処分》なし
公告されない処分》指示処分/事務禁止処分/登録削除処分

1【指示処分
  処分権者:登録している都道府県知事 & 行為実施の都道府県知事
 【義務処分/任意処分】
  <任意>指示することができる 
2【事務禁止処分
  処分権者:登録している都道府県知事 & 行為実施の都道府県知事
 【義務処分/任意処分】
  <任意>事務禁止を命ずることができる 
3【登録削除処分
  処分権者:『登録している都道府県知事のみ』
 (<!!注意!!>『免許取消処分』ができるのは『免許権者』だけ!! ▲他県知事NG)
 【義務処分/任意処分】
  <義務>登録削除しなければならない

《業務報告請求》
*国土交通大臣:『「すべて」の取引士』に対して
*都道府県知事:その都道府県で『「登録」取引士』に対して

===========
・罰則/両罰規定
宅建業者である
 ① 法人の代表者
 ② 法人/個人の代理人
 ③ 法人/個人の使用人/従業員
*①②⑶が法人業務等で違反行為をした時
 □『行為をした当人』/『法人』にも罰金刑が科せらる
<ex.>
 □契約勧誘時、重要事実を故意に告げなかった場合
  法人…1億円以下の罰金
  行為者…2年以下の懲役 or 300万円以下の罰金 or 併科

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
類似words
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(1回目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 報酬制限 | トップ | 住宅瑕疵担保履行法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。