私塾

国家資格に挑戦中の私。日々、迷いや物忘れとの闘い…。
そんな自分の健忘録とまとめのノートを兼ねてます。

《不》【一申請】 *同一4*

2017-06-20 11:05:09 | 不動産登記法
【一申請】
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Keywords
 *同一(Four)*
 !!『2つ同時申請』時でも『一方のみ』の却下もあり得る!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【1の申請情報での登記申請『要件』(令4条)】
  *同一(four)
 | ①管轄   |
 | ②目的   |
 | ③原因日付 |
 | ④当事者  |

【1の申請情報による登記申請(令5)】
・合体による登記(2以上の建物が合体して1個になる(49))
・信託の登記+信託に係る権利の保存/設定/移転/変更/抹消(令5)

【1の申請情報によって申請する事ができる場合(規則35)】
 ① 土地…分筆/合筆
 ② 建物…分割/合併
 ③ 建物…分割→合併
 ④ 建物…区分登記/合併
 ⑤ 建物…区分登記→合併
   同一不動産申請で2以上の登記が
 ⑥ 表題部登記事項の変更/更正登記
 ⑦ ⑥+分筆/合筆/・分割/合併
 ⑧ 同一名義人の名変登記
 ⑨ 『権利に関する登記』で『目的』/『原因日付』が同一
 ⑩ 同一債権担保の『担保権』で『目的』が同一
    *日付は異なっていても構わない

《OK》
 ・数人共有不動産→第3者(単有)移転
   *『原因日付同一』のとき
 ・信託抹消+権利移転
 ・一方単独、もう一方共有時の住所/名変登記
 ・同一当事者間の賃借権設定

NG》〈!注意!〉
 ・共有者持分を目的として第3者の権利存在するとき
 ・所有者を異にする2つの不動産を同一人物同一日に取得
 ・所有権移転共有物分割禁止特約
 ・累積式抵当権設定(仮登記でも『NG』)
 ・承役地(1つ/複数)+要役地(1つ/複数)の申請
   ※地役権者原因)が『異なる』から

  *当事者『異なる』時は絶対『NG
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
類似words
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(1回目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【遺留分】 | トップ | 《不》【登記事項】法59、令3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。