LIPRIVERの部屋 (フォトブログ)

1日数枚の写真を掲載 花の写真、神戸の素敵な所、関西を中心とした写真を紹介。ただ、写真と記事とは余り連携していません。

吉野 金峯山寺

2017年04月28日 | 花のかおり

桜のシーズンを外して、金峯山寺(きんぷせんじ)の御本尊は金剛蔵王大権現を拝観してきました。4月1日から5月7日の期間。御開帳で拝観する事が出来る。色々、京都や奈良の神社、仏閣を見ましたが、こちらの門徒の方はホント、気持ちが良かった。「ようまいり」の挨拶があり心地良かった。一人一人に声をかける門徒の姿。何か忘れていた事を思い出しますね。ニュースにもなり話題になった事もありましたね。マンションで挨拶はしない。そんな今日、やはり、言葉を発するって事は、心地良く聞こえたりするものです。実に暖かい。平日でもあったが、結構の人。吉野へ着いてすぐ千本口駅からロープウェイに乗り、3分ほどで吉野山駅へ、此処、秋も最高かも、紅葉が多くありました。でも、シーズンになるとスゴイ人なんでしょうね。桜のシーズンは道が人であふれる光景をテレビで見ると足が遠くなります。でも、一度は訪れてみたいかも。そんな事、思いながら金峯山寺へ。駅から歩いて10分、15分ぐらいでしょうか?中に入るとそれほど人も多くなく金剛蔵王大権現を拝む事が出来ました。何か圧倒されますね。小さい子供だったら夢見るんじゃないでしょうか?時間をかけ来た甲斐がありましたね。それほど、長い時間ではありませんでしたけど、吉野山を、少しだけ堪能出来た。次は今年の秋。時間があれば訪れたいですね。

金峯山寺(きんぷせんじ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加西フラワーセンターにて

2017年04月25日 | 花のかおり

 加西フラワーセンターにて、写真だけご紹介します。最高の見ごろですね。

加西フラワーセンターにて

 

 

     

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

但東町チューリップ

2017年04月23日 | 花のかおり

今月初めての投稿です。まだまだ手の感覚が可笑しくて・・・・・。そろそろかな。
日曜日にたんとうチューリップまつり2017年へ行って来ました。朝早く出たのですが、やはり、言っても神戸からでは距離ありますね。又、会場へ行くのに訳のわからないガードマンに。此処、1991年に始まったという事ですが、ホント、段取りが悪い。駐車場へ入るのも時間がかかり、遅くなると、もう大変。二度と行きたくないですね。今年のメインはチューリップの花絵のカールおじさん。やはり田んぼにチューリップを植えているだけで、それほどの感動もないですね。圧巻と言えば圧巻なんでしょうか?神戸から時間をかけて行くにはもう無いですね。700円の価値に疑問。子供は無料。出なかったらもう二度目は無いでしょうね。日帰りで見に行くには遠すぎるし、少し残念。淡路の花さじきの方が魅力的でしたね。町おこしの一環なんでしょうが、車が混雑して迎えのバスが入れない、少し工夫すればどうにでもなると思うが、知恵がない。運営がズサン。日曜日という事もあって、普段より車が多いのでしょうが、それにしてもお粗末。今年始まったばかりでもないのにね。私みたいな客、文句は言わないけど、大勢いたと思うよ。又、カールオジサンのチューリップ畑においては、記念撮影したいのでしょうが、上から見る場所があって写真を撮るにはホントジャマ。あの場所においては客が入れないようにしないと、写真も色あせる、最低。私も写真を撮るが、自分の写真はほとんど無い。記念写真は他でも良いでしょう。メインの場所には人を入れない方が良いと思うけどね。

たんとうチューリップまつり2017年
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都 伏見にて

2017年04月09日 | 花のかおり

京都伏見にて、写真だけご紹介します。さくらが最高の見ごろですね。

伏見にて

   

 

 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年04月09日 | 花のかおり

京都伏見にて、写真だけご紹介します。さくらが最高の見ごろですね。

伏見にて

   

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加