風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

花を飾ろう

2016-10-13 14:44:23 | 
花を飾ろう
この街の隅に
目にする誰かが
優しくなれる様に
いつもの俺が
優しくなれる様に

笑顔の先に
何があったとしても
誰でも知っている
幸せを描こう
優しい花の向こうに
目を向けてへ

涙の日がある
誰にでもあるでもさ
弱さなんかじゃない
自然なことさ
そのままの君を
受け入れていこうぜ

あてもないまま
探してたんだろう
見つからないもの
ひたすらに求めて
遠くじゃないよ
探していたもの

花を飾ろう
この街の隅に
風に飛ばされて
それでも無くさぬ様に
時々愛を
忘れてしまうから


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街の風 | トップ | 春の日の調べ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL