風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の降る明日に

2016-12-24 03:09:22 | 
明日の炎に夢をかけ
生きることへの不確かさが
散り際の外へと
まだ足を置いている
沈む意識と目覚めの繰り返し
心がもう売られたのなら
きっと楽に生きられる
大層な事じゃないのさ
それでも俺は俺を選ぶだけのこと

返す涙の浜辺に立ち
一人で生きねば見えぬ物もある
廃れた街の匂いに焦がれ
誰かの退廃の訳を知り
俺もいずれと空を仰げば
拳に言葉は要らないはずと
壁に怒りをぶちまけて
そんな情緒に乗せられて
一足先さえ分からぬ心模様

太陽はまだ枯れないのかい
歩いても歩いても遠い未来は
風に行方を隠されて
ため息ひとつすぐ消えて
安息に脅かされる
夢の期限はすり替えられる
誰の為に生きてはいないのが
人の求めに矛盾して
すり減る日々に雨は降る




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後は心のままに | トップ | 明け方の花 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL